mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
佐平次さま 太陽光パネ..
by sweetmitsuki at 05:27
必要最低限度、ということ..
by saheizi-inokori at 21:56
umeさま オクラと綿..
by sweetmitsuki at 20:08
単純に計算すれば苗を買う..
by ume at 07:26
あんつぁん ものすごく..
by sweetmitsuki at 04:40
太陽光パネル、凄い威力で..
by antsuan at 20:42
佐平次さま よく調べて..
by sweetmitsuki at 05:50
なるほど、、そう考えて聴..
by saheizi-inokori at 16:44
あんつぁん 今上陛下は..
by sweetmitsuki at 05:49
佐平次さま 明仁さんも..
by sweetmitsuki at 05:28
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ハイドロポニックス・コンパクト

今年の夏は梅雨明け宣言が出た後も長雨が続き、その上まだ8月だというのに夕暮れ時には涼しい風が頬を撫で、すでに秋はすぐそこまで来ているようです。
思えば短い夏でした。
かといって冷夏だったのかというとそういう訳でもなく、ちゃんと夏らしい夏日や真夏日もあったりして、水遊びには最適な暑い日はいつも今年くらいの期間だけだといいですね。
地球温暖化が叫ばれていますが、こんな年もあるのですから、先の事はわからないものです。
それなのに、私はハゼ釣りにお台場にも行けず、休みの日は近くのスパ施設で一日中ぐったりしているほど疲れ切っているという日々を過ごしていました。
しかも、お台場にはあのガンダムの実物大が期間限定で展示されていたというではありませんか。
この調子では、もうすぐ終わってしまう横浜開港150周年記念祭にも行けそうにありません。
まぁ、身から出た錆なんだからしょうがありませんが(という事にして置きましょう。自分の不遇を他人のせいにしても余計に惨めになるだけですから)一体いつまでこの状況は続くんでしょうか?
e0078674_2142680.jpg詳細を述べられない愚痴をこれ以上綴っても仕方ないので話題を変えます。
私がこの春から始めたインドアガーデニングの話です。
アクアポニックスの空芯菜は涼しくなってきたせいか、やや成長が遅くはなったものの相変わらず順調ですが、そもそも空芯菜という野菜自体が花瓶に挿して陽の射す窓辺に置いとけば勝手に育つので、大袈裟な装置が本当に必要なのか今一度考え直してみる事にしました。
まずはLEDを赤色や青色から白に変更。
これは会社の備品を黙ってもらってきたので、買えば樋口一葉1枚ぐらいになりますが、タダです。
次に魚ですが、泥鰌はアクアポニックスには向きません。
ちょっとした隙間から脱走して、干からびて死ぬからです。
そこで考え付いたのが、近くの川にいる雑魚。
休みの日ともなると子供たちが魚捕りを楽しんでいる川が近くにあるのですが「いい歳した大人がそんな事をするのは恥ずかしいなぁ。」と思い躊躇していたら、見るからに上品な大人の女性(たぶん魚捕りが楽しくてたまらない年頃の子どもがいるお母さん)が汗だくになって網を振り回しているのを見かけたので、私も負けじと、いざチャレンジ!(まぁ、同い年ぐらいなのに結婚もしてなくて子供もいない時点で負けなんですが、そんな事を気にするのは止しましょう。)
なにしろ網さえあれば捕り放題ですから、これも元手はタダみたいなもんです。
でも今回は、さらにコンパクトな装置にしたいので、魚はパス。
それにどうも、魚は植物の根っこを食べて、成長に悪い影響を与えているみたいなのです。
e0078674_2142399.jpg魚を入れないとなると液体肥料を別に与えなければいけないのですが、普通のホームセンターではまだまだ水耕栽培用の液体肥料は手に入りません。
専門店で買えばいいのですが、ああいうお店は常連がメインのお客さんなので、私のように高額な装置を買う気のない人間が頻繁に出入りして顔を覚えられてしまうのは恥ずかしいので、別の水槽で飼育している魚の浸かっていた水を使う事にしました。
これも、ほとんどタダです。
何を育てようか考えましたが良いのが思いつかないので、台所にあった葱の切れっぱしにしました。
もちろん、これも本来は捨ててしまうものなのでタダです。
普通にコップに入れておいても育つのですが毎日水を変えねばならないのに比べ、こっちはポンプでエアーを送るのでその手間が要りません。
出てきた芽をお味噌汁の身にすると、かなり美味しいです。
[PR]

by sweetmitsuki | 2009-08-25 19:52 | ハンドメイド大好き | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/10959682
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by greenagain at 2009-08-25 22:32
試行錯誤の末、出てきた芽を味噌汁の具に、
これは美味しいと思います。
努力の汗が伝わってまいりました♪
とても読みやすい文章で、羨ましいです。
Commented by saheizi-inokori at 2009-08-26 07:06
途中が楽しそう。お前やるかといわれればできそうもないけれど。網振りまわすのくらいは^^。
Commented by antsuan at 2009-08-26 18:44
人工的に自然環境の共存を図ると云うのはかなり難しそうですね。しかし、これが出来れば世界平和は目の前にやってくるかも知れませんね。
Commented by sweetmitsuki at 2009-08-27 07:52
みどりさま
試行錯誤の結果、日照量が少なくても育つ野菜は何であるとか、そういう予備知識は増えましたが、それは単なる雑草で、わざわざ栽培しなくてもその辺にいっぱい生えてるとか、いまいちインドアガーデニングをものにする知識に結び付いてきません。
これから冬にかけて、セリやミツバの切れっぱしとか、そういうのを試してみて、また春から再起動です。
Commented by sweetmitsuki at 2009-08-27 08:03
佐平次さま
川には川エビもいて、あの居酒屋で出てくる唐揚げの川エビです。
網ではなく罠を仕掛ければ大量収獲も可能なのだそうで、今度チャレンジて、川エビの唐揚げを堪能しようかと思っています。
Commented by sweetmitsuki at 2009-08-27 08:20
あんつぁん
徳川家康は幕府を作る時、文化は京都、経済は大阪で行い、江戸は政治を行うだけの都市のつもりでいたのですが、それがあっという間に人口百万人を超える世界一の大都市になってしまったので、
江戸庶民には食糧の供給が間に合わず、ちょっとした空き地で野菜を栽培し自給自足するのが常識だったそうで、徳川家の治世で平和な時代が続いたのはそのせいだったのかも知れませんね。
<< 蟹、最強なの知ってます? 戦争を知らない私たち >>