mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
なるほど、、そう考えて聴..
by saheizi-inokori at 16:44
あんつぁん 今上陛下は..
by sweetmitsuki at 05:49
佐平次さま 明仁さんも..
by sweetmitsuki at 05:28
日本通の外国人に言わせる..
by antsuan at 01:00
土筆摘み 野蒜を引きて ..
by saheizi-inokori at 21:44
美智子さんの歌は素晴らし..
by saheizi-inokori at 21:36
佐平次さま 江戸時代の..
by sweetmitsuki at 05:00
わたしも東北の一揆につい..
by saheizi-inokori at 21:51
佐平次さま 桜は日本人..
by sweetmitsuki at 22:45
今読んでいる「火山島」に..
by saheizi-inokori at 21:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

君の他は君しかいない

e0078674_110229.jpg

前回、私がお母さんに教わった土筆料理を紹介させて頂いたところ、佐平次さんから「酢で煮て食べた」というコメントを貰い、そのような調理法もあるのかと思い試してみようとしたのですが、どんなキーワードで検索しても土筆を酢で煮るレシピが出てきません。
あらためてPCが万能の箱でないと実感。
e0078674_11485263.jpgそこで、野菜の甘酢煮のようなものではと思い、甘酢にダシを加え、煮てみました。
赤く染まると聞いていたので酢ダコのように真っ赤っ赤になるのかと期待してたのですが、しんなりしてきてもそんなには赤くなりません。
冷ませば赤くなるのかと思ったのですが、期待してたほど赤くはなりませんでした。
一晩寝かせればどうかとも思いましたが、そんなに待っていられないので食べてしまいました。
食べてみて、正直、愕然としました。
特別美味しいと思ったのではなく「ちらし寿司の具に混ぜたら良いアクセントになって美味しいかも」と、いうように、今まで春を楽しむために味わうもので、お腹を満たすためのものではないと思っていた土筆が、料理の食材として捉えられるように、私の頭の中で変化が起きたのです。
その味はといえば、土筆の味がしました。
当たり前の事ですが、他の野菜と同じ味付けだからこそわかった、他のどの野菜とも違う、土筆だけが持つ、土筆ならではのオリジナル。
興味のない人には、つまらないとしか思えないかもしれませんが、この味と食感は、土筆にしか出せないのです。
そんな事を噛みしめているうちに、私の頭の中で、ある空想が膨らんできました。
e0078674_1151144.jpg雛祭りにちらし寿司を食べる習慣がありますが、あれはお祝いの席の御馳走ではなく、もしかしたら、天候不良などで農作物の収穫が駄目だった時には自然に生えてるものを食べればいいという、縄文人の知恵を引き継ぐための儀式ではないのでしょうか。
今のちらし寿司は、お祝いの席に相応しい豪華な食材がふんだんに使われていますが、それでも脇は、筍、椎茸、蓮根、干瓢、菜の花といった、原始的な農法で栽培出来る、いわゆる縄文食で固められています。
弥生時代の農耕は、成功すれば確かに大きな収穫をもたらすのですが失敗も多く、その度に縄文時代へと退行しながら、ゆっくりと進歩していったのではないでしょうか。
それでは、果たして縄文時代に、酢はあったのでしょうか?
謎は膨らむばかりです。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-03-21 11:40 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/12345009
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by greenagain at 2010-03-21 13:24
興味深いお話です。酢の起源へと世界が広がっていく展開。
拝読して、旬のものをいただく、今あるものをいただくっていいなと思いました。
Commented by saheizi-inokori at 2010-03-21 22:09
いい加減なコメントをしてお騒がせしちゃいましたね。
私は出汁なしで酢で煮たように記憶してるのですが、間違って覚えているのかな。
今度採ることがあったら責任を持ってやってみます^^。
Commented by sweetmitsuki at 2010-03-22 05:51
みどりさま
お久しぶりです。
エネルギーの源になるものは、案外足元にあるのかも知れませんね。
例え今は見つけられなくても、季節が巡って時期が来ればきっと出会えると思います。
またいつかみどりさまのブログ拝見出来る日を、楽しみにしています。
Commented by sweetmitsuki at 2010-03-22 05:56
佐平次さま
酢の煮ものは一晩置くのが原則ですから、もう少し待てばもっと赤く染まったかも知れません。
それと、酢で煮た土筆をどうやって食べてましたか?
やっぱし、ご飯の箸休めでしょうか。
Commented by saheizi-inokori at 2010-03-22 10:22
私はすぐに食べました。酢のものというよりなんとなく灰汁を抜くというくらいの気持ちでした。
箸やすめ、さっぱりしてうまかったと、、。
Commented by antsuan at 2010-03-22 19:34
食文化については全くの素人なのですが、日本人は熱を通していないものを平気で食べる習慣から、どう考えても縄文人は保存食というものを確立していたように思います。
Commented by sweetmitsuki at 2010-03-23 05:35
普段の料理で、灰汁抜きに酢を使う事はあまりない、と、いうか、野菜の下拵えをあまりやった事がなく、何時もパックの調理済み野菜で済ませているので、これからはそちらの実習も必要ですね。
縄文文化を理解するには、結局、体験してみるしかないと、あらためて実感です。
Commented by sweetmitsuki at 2010-03-23 05:52
あんつぁん
日本で酢が造られるようになったのは4~5世紀ごろ、中国から酒を造る技術とともに米酢の醸造技術が伝えられたと歴史の本には書いてありますが、それはあくまで中央の話。
土器に山ブドウなどの果物を入れておき、自然の酵母が上手く働けば、それはやがて酒になり酢になるのですから、縄文人がその効用に気付かなかったとは思えないのです。
都を遠く離れた山里では、もっと以前から酢を使った保存食があったとしても、何の不思議もないと思うのです。
<< 神様が本当にいるのなら、どうし... 春のよろこび >>