mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
なるほど、、そう考えて聴..
by saheizi-inokori at 16:44
あんつぁん 今上陛下は..
by sweetmitsuki at 05:49
佐平次さま 明仁さんも..
by sweetmitsuki at 05:28
日本通の外国人に言わせる..
by antsuan at 01:00
土筆摘み 野蒜を引きて ..
by saheizi-inokori at 21:44
美智子さんの歌は素晴らし..
by saheizi-inokori at 21:36
佐平次さま 江戸時代の..
by sweetmitsuki at 05:00
わたしも東北の一揆につい..
by saheizi-inokori at 21:51
佐平次さま 桜は日本人..
by sweetmitsuki at 22:45
今読んでいる「火山島」に..
by saheizi-inokori at 21:38
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

プロジェクトAB

e0078674_1841996.jpg居酒屋さんなどで供されている「川エビの唐揚げ」の川エビは、手長エビともいいまして、四万十川とかきれいな川の流域にしかいないのかと思っていましたが、東京都区内の河川や親水公園でも普通に獲れるのだそうです。
一時は公害の影響で姿を消し、一部の場所を除いてほとんど見られなくなってしまったそうですが、都心とその周辺の水質・環境の改善が進むと、それまで影を潜めていた手長エビも急激に復活したのだそうです。(詳しくはコチラ
環境問題が取り沙汰され、暗いニュースばかりが目につく昨今、久々の明るい話題です。
と、いう事は、去年の夏に子供たちが泥まみれになって網ですくっていたあのエビは、居酒屋メニューの定番だったのでしょうか。
こうしちゃいられないと、さっそく網を持って突撃です。
実は暖かくなったら、原始人ごっこみたいな事を始めてみようと企画していたのですが、やっぱし都区内というロケーションでは、野草摘みや木の実拾いが関の山で、それはそれで楽しいのですが、いまいち原始味に欠けると思っていたところなので、曲がりなりにも動物であるエビは野趣に溢れてて恰好の獲物です。
ちなみに河川での釣りは、そこの管轄の漁業協同組合が発行している遊魚券を買わなければならず、場所によっては川エビも例外ではないそうなので、事前に確認が必要ですが、やはりお金を払って猟を楽しむというのは原始人っぽくないので、タダで出来るところを探すのが無難です。
e0078674_19133291.jpg現場に着くと、桜は咲いたとはいえまだ水は冷たいというのに、たくさんの原始人子供たちや家族連れが網を持って悪戦苦闘しておりました。
捕まえ方には、釣りや仕掛けなど、色々な方法がありまして、簡単なのは、パンの耳を水に浮かべておくとエビが集まってくるので、それをパンの耳ごと網ですくい上げるのがいちばん易しいと思います。
ほとんどの人が、闇雲に網を振り回して泥まみれになって捕まえてましたけど。
やはりまだ寒いせいか思うように釣果は上がらず、しかも手長エビという名前なのに、獲れたエビは全然手が長くありません。
気になったので、よその人たちのバケツを見てみると、ちゃんと普通に手の長いエビが入っています。
「もしかしたら私だけ違うエビを捕らえてるのかも?でも今さら泥まみれになるの嫌だなぁ。」
と、一抹の不安を抱えつつ、その日は帰宅。
もしも違うエビでも、食べてみて美味しけりゃそれでいいのです。
一晩綺麗な水で活かして泥を吐かせます。
e0078674_19441100.jpgその後、酒を注入。
末期の酒で成仏させてやります。
唐揚げなので片栗粉をまぶしましたがこれは省略しても大丈夫。
その場合は、素揚げというのが本当ですが、細かい事を気にしてはいけないみたいです。
お味はといえば、普通にエビの味がしました。
特に泥臭いという事もなければ「冷凍ものとは鮮度が違う!」と、感動するような事もなく、普通に、しらす干しの中にたまに混じってる桜エビみたいな味です。
エビの旬はGWを過ぎたあたりからで、その頃になると10センチクラスの大きなエビも採れるそうですから、まだちょっと早かったみたいでした。
それでも、居酒屋メニューが近くの池に棲んでいるという事実を知ったのは、大きな収穫だったのでした。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-04-05 20:05 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/12430165
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2010-04-05 22:51
山盛りの河エビのから揚げ、あっという間になくなリますね。ビール呑みの大好物です。
宝の河をみつけましたね^。
Commented by kaneniwa at 2010-04-05 22:51
東京での地産地消、
素晴らしいですね。

BYマーヒー
Commented by sweetmitsuki at 2010-04-07 05:13
佐平次さま
山盛りになるくらい獲れればいいのですけど。
川エビは本来夜行性なので、ペットボトルを利用したワナが有効だそうで、シーズンの頃、そちらも試してみます。
Commented by sweetmitsuki at 2010-04-07 05:17
マーヒーさま
今では東京の海でもハゼとか普通に釣れますけど、以前は汚染がひどく、何も棲んでいなかったそうです。
都心とその周辺の水質・環境の改善、本当に明るいニュースです。
Commented by 通りすがり at 2010-08-07 12:52 x
お人形さんの服がたくさんあるんですね!!合いを感じます!!!素敵なブログなのでまた遊びに来ます^^
Commented by sweetmitsuki at 2010-08-10 21:00
通りすがりさま
ようこそいらっしゃいませ。
拙いブログで週一を目標に更新しているのですけれども、月一回ぐらいしか投稿できない事もあります。
どうぞまた遊びに来て下さい。
<< ハーブの収穫 縄文式土器のなぞ② >>