mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

桑の実のジャム

e0078674_1529388.jpg
いよいよ暑くなってもうじき梅雨も明けてアウトドアの季節ですね。
e0078674_1610239.jpg本格的な夏が到来する前の、この時期にしか食べられない果物といえば、桃に枇杷にさくらんぼ。
いくら保存技術が進歩した現代とはいえ、これらの柔らかい果実は足が速く、生のものは今がまさに旬で、食べ逃したら来年まで機会が回ってきません。
里山に黒々とした桑の実が生るのも今で、探せば案外どこででも見つける事が出来ます。
そのままもいで食べても美味しいのですが、ひと手間かけてジャムを作ってみました。
作り方は、まず採ってきた桑の実を洗います。
ザルに入れて水の中でゆすぐと実を痛めずにきれいに洗えます。
それから、重さにして桑の1/3程度、目見当で全体的にまぶさる位の砂糖を加え火にかけます。
焦げないように火加減を調節しながら、ジャム状になったら出来上がり。
桑の実には酸味が足りないので、好みによってレモン汁を加えますが、クリームチーズなど酸味のある食材と合わせるのならこのままでもOKです。
ビンを煮沸消毒してジャムを詰め、湯煎した後にふたを閉め、冷蔵庫で保管すると日持ちしますが、今回は採れた量が少なかったので、全部食べてしまいました。。
e0078674_1681483.jpg

[PR]
by sweetmitsuki | 2010-06-27 16:11 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/12867228
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2010-06-27 20:47
私はジャムにするのがまだるっこしいので生で食べます^^。
Commented by sweetmitsuki at 2010-06-27 22:04
佐平次さま
今回は保存食を作るというのがテーマの一つにあったのですけど、目星をつけておいた桑の木が伐採されていて、ひこばえから少しだけしか採取できなかったのでこういう結末になりました。
保存食作りはまた秋に再起動するつもりです。