mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
あんつぁん ズッキーニ..
by sweetmitsuki at 05:40
八曜社さま うちでは夏..
by sweetmitsuki at 05:36
佐平次さま 糠床は何度..
by sweetmitsuki at 05:32
夏野菜。清涼感があります..
by antsuan at 20:34
盛夏!と言ったところの食..
by stanislowski at 15:33
糠漬けを始めると欠かせな..
by saheizi-inokori at 09:10
あんつぁん 今どきは、..
by sweetmitsuki at 06:16
今年は空梅雨のようでちょ..
by antsuan at 20:17
佐平次さま 掃除をして..
by sweetmitsuki at 20:36
効きそう、なんにでも。
by saheizi-inokori at 09:43
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

私の夏休み

e0078674_21503012.jpg今週は今日まで夏休みだったのですけど、まずは夏バテで疲れ切った身体を休め、部屋を片付け菜園を補修し、今日になって発注してあった本が届いたので取りに行き、その後は読書で終わってしまいました。
大人になってからの夏休みなんて、そんなものですよね。
それでも日本という国は不思議な処で、都会のど真ん中でさえ湧水が溢れ、そこには沢山の魚が棲み、場所によっては魚捕りOKだったりするので、しっかり川遊びを楽しんでまいりました。
悠長に釣り糸を垂れている時間もなかったので、仕掛けを使います。
竹を結って作るのが本格的ですが、今回はそんな時間もなかったので市販のお魚キラー(詳しくはコチラ)を使用。
獲れるのは小魚ばかりですが、何という魚かは不明。食べて美味しけりゃそれでいいのです。
注意しなければならないのは、場所によっては釣りはOKでも仕掛けはNGだったりする場合があるので事前に確認が必要なのと、沈めた仕掛けを目を離している隙に誰かに持っていかれてしまう事。
今の季節なら朝早く沈めておけば、2時間ぐらいで充分な漁獲が可能。
ちなみに夜沈めると、手長エビが獲れます。
e0078674_2285538.jpg
本当はこの3倍ぐらい掛かったのですが、調理する手間と、清水で一晩泳がせておいて泥を吐かさなくちゃならない水槽が必要なので逃がしてあげました。
これを頭も腸も取らず、片栗粉でまぶし、油で揚げ、焦げ目がつくまで焼いたネギを浸けておいた三杯酢に放り込みます。
そうして出来上がったのがこれ。
e0078674_22213962.jpg
黙って食べたら、ワカサギもしくは稚鮎と言われても分からないほどの味わい。(将来私と結婚する人は、こんなもん食卓に出されて可哀相だなあ)
南蛮漬けにするのが面倒な人は、そのまま唐揚げでソースをかけても美味しく召し上がれます。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-08-18 22:31 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/13108154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2010-08-18 23:03
こんなもの出してもらえる人は幸せ者です。

Commented by antsuan at 2010-08-19 06:44
大漁だったんですね。

佐平治さんのおっしゃるように、料理を食べさてもらえる人を幸せ者といいます。
Commented by ume at 2010-08-19 07:15 x
私、海の傍に住んでいるからと言って、決して「海男」ではありません。山のふもとに住んでいるからと言って「山男」でもありません。
実は私「川男」です。子供のころから一軒置いた隣を流れている小川で良く魚採りをしました。「釣り派」ではなく「仕掛け派」です。アユ、ハヤ、カジカ、ウナギ、シロウオ、ハゼ、その他、イロイロ。ところで、この魚なんだろうな?美味そうです。
Commented by sweetmitsuki at 2010-08-20 06:38
佐平次さま
釣りをしていたお爺さんに「食べられるんですか?」と聞いて
「食べられるよ―美味しいよー」との答えに、着々と計画を練っておりました。
味は本当にワカサギと変わんないです。私が味オンチなだけなのかもしれませんけど。
Commented by sweetmitsuki at 2010-08-20 06:47
あんつぁん
日本の都市は自然に内包されてるんですね。
この風土が独特の文化、哲学、宗教観を産んだのだと思います。
自然の恵みから、料理を食べさせてもらえる幸せに感謝です。
Commented by sweetmitsuki at 2010-08-20 07:04
umeさま
「川遊び」というのが海とも山とも違う夏の風物詩です。
仕掛けはやはり、ポイント選びがネックですね。
前にも何度かトライして、ボウズだったり、得体の知れない魚(ダボハゼっぽい)が掛かったりしました。
違う仕掛けを使ってみると、また別の魚が獲れるのかも知れないです。
何の魚かググってみましたけどワカサギは食用として全国の湖水地の放流させたそうですから、もしかしたら本当にワカサギかも知れません。当てずっぽうですですけど。
<< 走れ二宮金次郎 どうして日本は戦争をしたの? >>