mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

日本のしめなわと朝鮮のクムチュル

e0078674_17114465.jpg縄文式土器に施されている縄文は単なる飾りではなく、何かマジカルな、呪術的な意味合いがあるのではないかと以前から考えていたのですが、朝鮮にはクムチュル(禁縄)といって、キムチやコチュジャンなどの発酵食品が良い味になるように、普通の縄とは反対に左綯いの縄を巻くという風俗が今もなお残っているそうです。
他にもクムチュルは城隍壇(ソナンダン・神を祀る石塔)の周りに巻いたり、赤ちゃんが生まれた家とか、あるいはお正月や祭りの日に門戸に張ったりする、日本でいうしめなわのようなものなのだそうです。
この際、どちらに起源があるだなんてそんなヤボな事は書くつもりはありません。
それに、しめなわとクムチュルは似てるようでかなり違います。
関係のない人が立ち入らないようにロープを張るなんて事は信仰とは関係なく実務的な事として普通にやってますしね。
クムチュルは朝鮮半島の中南部で見られる風習ですが、これは稲作と大きな関係があります。
というのも、日韓併合以前は朝鮮半島の中部以南の限られた地域でしか稲作栽培は行われていなかったのです。
お米というのはどこででも育つという訳ではなく、水が豊富にあって、しかもそれを人が自由にコントロール出来るという地形でなければ育ちません。
日本にしても、お米のご飯が普通に食べられるようになったのはつい最近の事で、それまでは一般の庶民は麦飯を主食にしていました。(考証・石神井ふるさと文化館
e0078674_17493680.jpg面白いのは、日本人は信仰の対象である縄を綯ってゲイジュツ的なものを作ってしまうというところ。
画像は世田谷の奥沢神社で、他にも大蛇やムカデを作って奉納するというお祭りは全国にあり、これらは大抵、江戸時代中期頃に始められたものですけど、それでもこんな奇っ怪なものを作ってしまうあたり、やっぱし日本人には縄文の血が色濃く受け継がれているのではないのでしょうか。
[PR]
by sweetmitsuki | 2010-09-25 18:06 | 朝鮮の○○と日本の×× | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/13288528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2010-09-26 08:18
実用的でないものを作るということは、その時点で心の余裕が出てきた証拠でしょう。文化の高さが感じられます。
Commented by sweetmitsuki at 2010-09-26 10:15
奥沢神社の伝承では、疫病が流行った時、名主の夢枕に八幡さまが現れ「藁で作った大蛇を担いで村内を巡行しなさい。」というお告げがあったといいますが、本当のところは草履などを編んでいるうちに遊び心が湧いて、つい作ってしまったのだと思います。
平和な時代だったのですね。
Commented by saheizi-inokori at 2010-09-26 10:31
お神輿の綱などもよく見ると独特の結び方がしてある。
きっと一つひとつに意味があるのでしょう。
Commented by sweetmitsuki at 2010-09-26 18:38
佐平次さま
科学が進歩し、建築技術が発達した現代でも、家を新築する際は必ず地鎮祭をやって四方を縄で囲いますね。
そういう祭事が続いていく限り、日本人は日本人のままなのでしょう。