mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
佐平次さま 私なんて、..
by sweetmitsuki at 04:32
この人たちの人生を思うと..
by saheizi-inokori at 21:30
八曜社さま 靖国神社は..
by sweetmitsuki at 06:05
そうですね。mitsuk..
by stanislowski at 21:05
あんつぁん 日本が唯一..
by sweetmitsuki at 23:08
何時の世も、国内の不満を..
by antsuan at 14:55
騒げば騒ぐほど軍産複合体..
by sweetmitsuki at 05:25
少し騒ぎすぎじゃないです..
by saheizi-inokori at 22:14
あんつぁん 3/4世紀..
by sweetmitsuki at 06:01
怨霊を鎮めて護国の任務を..
by antsuan at 08:10
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

失敗なんかにゃ挫けない

e0078674_1415462.jpg
水車には上掛式水車と下掛式水車の2種類があります。
上掛式水車は自然の落差を利用して滝のように用水を水車の上部から落として回すもので、少ない流量で水車を回転させられるというメリットがありますが、そのようなロケーションに恵まれてないと水車を設置できないというデメリットがあります。
下掛式水車は水車の底面に用水を流して回すもので、落差の少ない平坦地でも使用できるメリットを持っていますが、得られるエネルギーが少ないというデメリットがあります。
前回、偉そうに水力発電装置を作るとかいっておいて、そんな事も知らずに作っていました。
私が水力発電を行おうと思っていた川は、画像のように下掛式水車しか設置出来ないロケーションで、それなのにタービンは上掛式水車のものを作っていました。
下掛式水車に上掛式水車のタービンを取り付けてもまったく回転しません。
そこで、下掛式水車のタービンに作り変えてみたのですが、やはり得られるエネルギーが少なく、発電が可能なレベルまで回転しません。
水受け板の形を変えてみるなど工夫の余地はあるのですが、とりあえず発電の実証をしてみたいので上掛式水車のタービンにつけ直し、公園の水飲み場の蛇口から水を掛け流す事にしました。
e0078674_14362232.jpg
この時点で自然エネルギーの利用じゃなくなってしまったのですが、その辺の問題は後で解決する事にして、とりあえずタービンの回転は何とか成功です。
[PR]

by sweetmitsuki | 2011-02-13 14:40 | ハンドメイド大好き | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/14207159
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2011-02-13 15:41
そうそうまだ始まったばかりだ!
Commented by mimizu-1001 at 2011-02-13 23:27
sweetmitsuki さんの志を考えると「楽しそう」という感想は不適切な気がしますが(もし、気に障ったらごめんなさい。悪気はまったくありません)、僕もマネして水車を作ってみたい衝動に駆られています。
このシリーズ、マジで楽しみにしています。
Commented by sweetmitsuki at 2011-02-14 06:01
佐平次さま
トライしたからには、やり遂げます。
Commented by sweetmitsuki at 2011-02-14 06:05
mimizu-1001さま
このフレームをこの状態で使用すると、ちょうど通電する部分が水浸しになってしまうのですが、その時はその時で失敗したのちに対処法を考えるしかありません。
とにかく先行実験を続けるしかないようです。
<< もっともっと青く 水はもっとも... それでも地球は廻ってる >>