mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

借りごしらえのアンジェリカ

e0078674_1751332.jpg新緑が萌える季節になりましたね。
放射能が怖いのですが地場産の野菜とかも普通に出回っている事だし、原始人ごっこ、再スタートです。
今回の食材は、今が旬のフキ。
フキは縄文時代から食べられてきた日本原産の野菜で、現在、食卓に上る野菜のほとんどは外国から渡って来たものなので珍しいものになってしまいましたが、江戸時代ぐらいまではお公家さまもサムライもお百姓さんもみんなこれでご飯食べてたんですよ。
そのフキを、フランス菓子にしちゃいます。
アンジェリカってご存知でしょうか?ケーキやクッキーに入ってる緑色のドライフルーツなのですが、もともとは薬草として根を婦人科の鎮静剤や強壮剤として用い、このような薬効をもつので天使のハーブと呼ばれているヨーロッパの薬膳で、アンジェリカとはエンゼルのフランス語読みです。
ただのお菓子の飾り付けじゃあないのです。
それを、こちらも薬効があって漢方薬(日本のものだから漢方薬っていうのも変ですけど)として処方されてもいるフキを使って作ります。

まず、フキを採ってきましょう。最近、毒草を山菜と間違えて食べる事故が多発してますので気を付けてください。
大きく育ったフキを他のものと間違える人は少ないと思いますが、フキのとうはよく似た毒草がいっぱいなので素人は手を出さないのが賢明です。
日当たりのよい土手があれば都会でも普通に生えてますが、ワンちゃんの散歩道や車の排気ガスを被るような場所のは避けましょう。
採ってきたフキを鍋に入る大きさに切り、ぐらぐら煮立った鍋に入れアクを抜きます。煮立ったら素早く冷水に晒すときれいな色が保たれます。今の季節ならアクも少ないのでアク抜きはほどほどにしておきましょう。苦味も風味のうちです。
次に、皮を剥いてキッチンペーパーでよく水分を取ったら、砂糖を混ぜてしばらく置きます。
フキから水が沢山上がってくるので、フキが浸るくらいになったら弱火にかけて、砂糖液をからめながらゆっくり煮詰めていきます。
飴 状になるまで煮詰めたら、バットなどにグラニュー糖を広げフキを入れ、転がしながらまんべんなくまぶしつけ、網にとって乾かせば出来上がりです。
e0078674_18494690.jpg
出来あがったのがこれ、着色料などは使っていない、ましてやPCで色調整なども一切していない天然のフキの緑色です。
[PR]
by sweetmitsuki | 2012-04-15 18:57 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/17781227
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2012-04-15 19:03
旨そうだなあ。フキミソだけじやないですね。
Commented by sweetmitsuki at 2012-04-15 19:21
東北では今がまさに旬のフキが放射能のせいで食べられないのかと思うと本当に腹が立ちます。
枝野は福井に行ってあんな事を恥ずかしげもなくよく言えましたね。
関西電力関内最大の電力消費地である大阪市の市長があの態度なら5月5日までの再稼働はないと思いますけど心配です。
Commented by saheizi-inokori at 2012-04-15 21:29
一昨日千葉の人たちと飲んだら大多喜などのタケノコもみんな販売停止だそうです。
うまい筍料理を食わせる民宿があったのになあ。
Commented by sweetmitsuki at 2012-04-16 06:05
東電や国はそこまで保証してくれるんでしょうか。
経産省が負けを認めたのは良しとしても、枝野の「一瞬」って言い草は何なんでしょうね。日本語喋れないんでしょうか。
防波堤のかさ上げ、水素除去装置の設置、ベントフィルターの取り付け、免振重要棟の増設、非常用電源車が高台に来れるよう駐車場を増設、非常用発電機を高台に設置、災害時のアクセス道路を複線化、外部電源の多重化。
少なくともこれだけの事をしなくちゃ大飯原発は動かしちゃいけないでしょう。