mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
あんつぁん ズッキーニ..
by sweetmitsuki at 05:40
八曜社さま うちでは夏..
by sweetmitsuki at 05:36
佐平次さま 糠床は何度..
by sweetmitsuki at 05:32
夏野菜。清涼感があります..
by antsuan at 20:34
盛夏!と言ったところの食..
by stanislowski at 15:33
糠漬けを始めると欠かせな..
by saheizi-inokori at 09:10
あんつぁん 今どきは、..
by sweetmitsuki at 06:16
今年は空梅雨のようでちょ..
by antsuan at 20:17
佐平次さま 掃除をして..
by sweetmitsuki at 20:36
効きそう、なんにでも。
by saheizi-inokori at 09:43
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タニシ長者

e0078674_20252919.jpg梅雨が明けたかと思ったのに生憎の空模様が続いてしまいましたが、家でゴロゴロするにはクーラーもいらないし、過ごしやすい気候ではあります。
外で美味しいもの食べるのも良いですけど、自分で好きな物作って食べるのもまた格別ですしね。
家庭菜園のトマトとキュウリは早くも終わってしまったみたいで、もう花が咲かなくなってしまいました。
水やりが悪かったのか日照不足なのか肥料が足りなかったのか脇芽かきのやりかたがマズかったのかよくわかりません。
ただ、今回栽培したトマトはレジナというあんまし大きくならない品種なので、もともとこの程度なのかもしれません。
実ったトマトの半分以上を鳥に食べられてしまったというのも大きな痛手でした。
今度からは防鳥対策をちゃんと練らなくてはなりません。
キュウリはトマトと違って、雌雄異花なので一株だけで育てるのは無理があったようです。
もうちょっと広いベランダがあればいいのですが、それをいったらキリがないので今できる範囲で今できるベストを尽くすことにしましょう。
e0078674_21314737.jpg葉物野菜は発育がよく、サラダ菜、ミント、レモンバーム、ワサビとどれも順調なのですが特にシソの発育がよく、室内で育てているので虫もつかず無農薬で育っています。
ミントやレモンバームなどのハーブ類は日差しが強すぎるとかえってダメみたいで、ベランダの反日陰ぐらいがちょうどいいようです。
これをいつも食べてるアイスに添えるだけでレストランの味に早変わりするので夏場は欠かせません。

それから、鴨川に出掛けたときバスを待ってる間ヒマだったので田んぼにタニシがいっぱいいたので拾ってきたタニシも育てています。
タニシは卵ではなく子供を産むので、早くも5~6個の赤ちゃんタニシが生まれました。
タニシは角の片側がとぐろを巻いてるのがオスで、6個拾ってきたタニシのうち5個がオスだったので、どうせならメスをもっとたくさん拾ってくればよかったのですが、知らなかったので仕方ありませんし、サザエやアワビがたくさん獲れる鴨川に、(とはいっても一般の人は獲っちゃダメですけど)わざわざタニシを拾いにもう一度出掛けるというのも間抜けです。
でも、タニシは食べると美味しいそうで食通で知られるかの北大路魯山人も大好物だったらしく、だからといってアワビやサザエより美味しいのか疑問ですが、とりあえず6個しかないので今はまだ食べるわけにはいきません。
タニシは水槽の苔とかを食べるのですがそれ以外にも菜っ葉の茹でたのを与えると食べます。
動物性タンパク質も必要で魚の餌も食べるというので入れてみましたが食べませんでした。
画像では底敷にハイドロボールを入れてますが、タニシは砂の中に潜る習性があるので潜りやすいよう田砂に入れ替えました。
それからタニシはカルシュームが不足すると殻の発育に異常が起きて死んでしまうのでサンゴを入れるとよいそうなのですが高いので代わりにお味噌汁の出汁に使ったシジミの殻を砕いて砂の中に混ぜておきました。
これで増えてくれるとよいのですけど。
e0078674_22261531.jpg

[PR]

by sweetmitsuki | 2012-07-22 21:24 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/18422943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2012-07-23 11:28
亡母が「うまいもんだよ、タニシの御つゆ」といったのを覚えています。
母が作ってくれたことはないですが、大人になって食べてうまかったです^^。
Commented by sweetmitsuki at 2012-07-24 06:37
普段田んぼを見慣れてないわけではないのですが、あんなにタニシがたくさんいた田んぼは鴨川が初めてです。
普段サザエやアワビを食べ慣れている佐平次さまが美味しいとおっしゃるのなら間違いないのでしょうから、今度タニシを拾いにもう一度鴨川まで行ってきます。
<< ミミズのひとしずく 縄文から弥生、そして古墳の時代へ >>