mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

かっぱ天国

e0078674_5355836.jpgハーバルハウスの正面窓を作ってみました。
白のカラーニスを薄く塗ってあるのですが、もう少し濃くても良かったみたいです。
細かいところをどうするのかまだ決めてないので、しばらくこの状態で静観です。
本格的な作業はGWにする予定。

リアルベランダではトマトに続いてきゅうりの苗を植えました。
タキイ種苗の夏すずみ(ブルーム台木)です。
ブルームきゅうりというのは、白い粉をふくきゅうりのことできゅうり本来の柔らかい歯ごたえが楽しめ、自家栽培できゅうりを作っている人はこのきゅうりを作っているのが普通なのですが、病気や害虫に弱いという欠点があるので私は初挑戦です。
タキイの技術で育てやすく病害虫にも強く改良が施されているので、私でも育てられるんじゃないでしょうか。
ブルームきゅうりというより「昔のきゅうり」と呼んだほうがわかりやすいのですが、このきゅうりが誕生したのは江戸時代後期の砂村(現在の江東区)で、実はそれほど昔の話ではありません。
巻きずしの芯にきゅうりを撒いたものを「かっぱ巻き」といいますが、このメニューがお寿司屋さんの看板に登場したのは戦後のことですから、日本人がきゅうりを食べるようになったのは最近のことなのです。
きゅうりはかっぱの大好物だといいますがこれも間違いで、かっぱの大好物は尻子玉(人間の生き胆)です。
かっぱは水の神さまですから、子供を襲って食い殺しても、人間は我慢するしかありません。
それどころかもっと積極的に、水の恵みにあやかるため、生け贄を捧げていた時代もあったのです。
それが科学が発達して水道が整備されると、水はあんまし有り難いものではなくなります。
そうなると水の神さまの霊験も零落し「生け贄だなんてとんでもない。子供を襲うような悪い奴は退治してしまえ。」ということになり、仕方がないから好物の尻子玉は我慢してきゅうりを食べているのです。
科学の発達により、神さまが落ちぶれて妖怪になってしまったのです。
そもそもきゅうりというのは、グルメで有名な水戸のご老公様こと、徳川光圀によると「毒多くして能無し。植えるべからず。食べるべからず」と散々な評価をされていますし、ギネスブックにも「世界一栄養価の低い野菜」という大変不名誉な項目に載っています。
それでもどうしてきゅうりを育てるのかというと、答えは簡単。成長が早くたくさん実がなるからです。
現代でこそ、今のこの時期にタケノコやフキを食べるのは、季節を味わう風流で優雅なことのように思われていますが、昔は春にまいた種が収穫できるようになるまでの時期を「春窮期」と呼んで、口に入るものは雑草でも何でも食べていたので、成長の速いきゅうりは不味かろうと栄養がなかろうと有り難たかったのです。
さて、どうしてきゅうりがかっぱと関係あるのかというと、それは畑で最初に収穫される作物がきゅうりだったからです。
かっぱは人を襲う恐ろしい化け物ですが、それでも水の神さまには違いありません。
水の恵みを得てできたものは、まず最初に水の神さまに捧げるのが、この国の習わしなのです。
科学の進歩により、日本人は神さまを畏れなくなりましたが、それでも神様への感謝は忘れなかったのです。
e0078674_6265819.jpg

[PR]
by sweetmitsuki | 2013-04-22 06:27 | おどろけー | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/20343356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2013-04-22 09:53
河童がキューリ好物とは不覚にして知りませんでした。こんど知り合いの河童に会ったら訊いてみます。
薄く切ったキューリをたくさん浮かべて焼酎を呑むことがマイブームだったことがありますよ。見た目にも涼やかです。
Commented by sweetmitsuki at 2013-04-23 04:43
佐平次さま
カナダのノヴァスコシア州では、モンサントの遺伝子組み換えきゅうりを摂食すると股間などが脱毛して腫れる症例が多数観察されたため、モンサント社製の遺伝子組換え作物の販売を急きょ全面禁止にしたそうです。
恐ろしいです。アベの言いなりになってTPP参加したら大変なことになります。
あいつは憲法を改悪して日本人の命をアメリカに売り飛ばそうとしてるんですよ。
Commented by saheizi-inokori at 2013-04-23 21:55
グローバルだなあ!
Commented by sweetmitsuki at 2013-04-23 22:31
種子会社の売上世界ランキングベスト10にサカタとタキイの日本企業がランクインされていますから、日本は実は農業大国なのですよ。
アベさんは、TPP交渉でアメリカと国内の支持者との折り合いが付けられずにお腹痛くなってすべてを放り投げてし辞めてしまうと思いますよ。