mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
佐平次さま 太陽光パネ..
by sweetmitsuki at 05:27
必要最低限度、ということ..
by saheizi-inokori at 21:56
umeさま オクラと綿..
by sweetmitsuki at 20:08
単純に計算すれば苗を買う..
by ume at 07:26
あんつぁん ものすごく..
by sweetmitsuki at 04:40
太陽光パネル、凄い威力で..
by antsuan at 20:42
佐平次さま よく調べて..
by sweetmitsuki at 05:50
なるほど、、そう考えて聴..
by saheizi-inokori at 16:44
あんつぁん 今上陛下は..
by sweetmitsuki at 05:49
佐平次さま 明仁さんも..
by sweetmitsuki at 05:28
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

本当は怖いんだか怖くないんだかよくわかんないこけし

e0078674_2481342.jpg都市伝説に、「本当は怖いこけし」というのがあって、もともとこけしは「子消し」からきていて、江戸時代の貧しいお百姓さんの村では、経済的な理由から子供を育てられず、生まれたばかりの赤ん坊を、そのままタライに沈めて殺してしまうことが頻繁にあり、こけしは本来そうやって殺された子供を供養するために作られたものなのだそうです。
この説は東大教授の養老孟司氏が、自著「死の壁」でも取り上げていて、東大の先生がいってることなんだから間違いないだろうと思っていましたら、実はこれもウソだという意見があるのです。
江戸時代になって戦争がなくなり、世の中が豊かになってくると、人びとは贅沢になって、高級品を欲しがったり、美味しいものを食べたがったり、遠くへ物見遊山に出掛けたりするようになります。
江戸時代の日本は、現在の中国と同じで、お百姓さんは生まれた土地を離れてはいけなかったのですが、温泉治療といって申し出れば、お上から許可が下りたのです。
こけしはエッチな形をしてるといわれてますが、これは偶然ではなく、もともとこけしは人形ではなく快癒器だったそうなのです。
湯治に出かけ、風光明媚な景勝地を楽しんだなら、その晩は按摩さんを呼んで更に癒されたいというのが人情ですが、そこまでお金に余裕のない人は、木の丸い玉に棒をつけた「ツボ押し器」を使って自分で自分を癒したのだそうです。
ある宿屋の主人が、この「ツボ押し器」に目鼻を書いて売り出したところ大ブレイク。
誰も彼もが土産物として買い求めるようになり、これがこけしの始まりで、こけしは「凝り消し」が訛ったものなのだそうです。
どちらが正しいのかはわかりません。
ただ「本当は怖い説」が正しいなら、江戸時代とは貧しい陰惨な時代ということになります。
「本当は怖くない説」が正しいなら、江戸時代は明るい楽しい時代だったということになります。
手懸かりとなるのは、こけしはすべて木でできていて、陶器のものや、金属製のものはないということ。
これが雛人形なら、紙でできていようと、卵の殻でできていようと、お雛さまであることに変わりはありません。
そして、こけしは「ろくろ」という、木のお椀やお盆を作るために使う特殊な機械で削ったものだけをこけしと呼び、手彫りのこけしというのはありません。
つまり、他の人形なら、お金がなければ自分で作って済ませることができるのですが、こけしだけは、自分がろくろ職人でない限り自作は不可能で、欲しければお金を出して買わなければなりません。
e0078674_4373694.jpg実はこけしとは、貨幣経済と密接なつながりがあったのです。
貨幣経済というキーワードを通して考えると「温泉に物見遊山に出かけ、お土産を買って帰る」ことと「生まれたばかりの赤ん坊を殺す」ということは、表裏一体の関係にあるということになるのではないでしょうか。
お弁当を持たずに、長距離を移動するというのは、貨幣経済が発達してなければ不可能なことです。
山奥で、猿や鹿や猪を相手にお金を渡しても、彼らは決して食べ物をくれたりはしません。
一方で、お金がないから愛しい我が子を自ら手にかけるというのも、貨幣経済に支配されてるからで、狩猟採取生活が中心だった縄文人は、そのようには考えなかったと思います。
こけしの由来が結局のところどうなのかはわかりません。
ただ、こけしが貨幣経済の発達に伴い普及していったのは間違いのないことです。
お金は人を幸せにもすれば不幸にもするものです。
私たち現代人は、貨幣経済に頼りすぎてるんじゃないでしょうか。
もっと、お金に左右されない、別の生き方があってもいいんじゃないでしょうか。
こけしの都市伝説は、そんなことをいいたかったんじゃないのでしょうか。
[PR]

by sweetmitsuki | 2013-07-18 03:59 | おどろけー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/20812524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2013-07-18 10:00
金々節の言うとおり、金が全ての世の中。
金に振り回されて自分の首を絞めているのだから世話はないのです。
問題は金のない人まで巻き添えにしていること。
Commented by sweetmitsuki at 2013-07-19 06:18
佐平次さま
江戸時代の日本は、他のアジア地域に比べて貨幣経済が発達していたことを自慢げに話す馬鹿右翼がいますが、あんなのが愛国者を名乗っているのが心底情けないです。

養老孟司氏のエッセイにも、落語が頻繁に登場しますね。
やっぱし落語がいちばんのテキストなのではないでしょうか。
<< 夏休みは戦争 ちはやふる >>