mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

夕峰

e0078674_18401132.jpg
ようやっと今年もひと段落し、あとはもういくつ寝るとお正月を迎えるだけとなりました。
正月や冥土の旅の一里塚、なんてことを言ったのは確か一休さんでしたっけ。
ならばいっそのこと、正月ではなくって誤月を迎えるというのはいかがでしょう。
一年のうち、正月があるのですから当然、誤月があっていいはずです。
それが正月であって何が悪いというのでしょうか。
まず、短冊に願い事を書いて門松に吊るしましょう。
そして、屠蘇散を入浴剤にしてお風呂に入り薬用効果を楽しみましょう。ちょっと高額ですが、お正月ですからそのくらいの贅沢をしてもかまわないでしょう。
 屠蘇とは邪気を屠り、心身を蘇らせるところからそう呼ばれているそうなので、飲むよりも湯に浸かったほうが効果があるはずです。
鏡餅はありきたりなので菱餅を飾りましょう。月見団子でも構いませんし柏餅でも結構です。
お節料理には栗きんとんではなくてモンブランを、伊達巻ではなくてプディングを、黒豆ではなくてゼリー・ビーンズを、蒲鉾ではなくてメレンゲを使い重箱の代わりにガラス容器に敷き詰めてトライフルのように仕立てて頂きましょう。
e0078674_19334977.jpg初詣は、縁の下とか屋根裏に潜んでいる得体の知れないモノを探し出してきて拝みましょう。
日本には八百万も神様がいるのですから今さらひとりふたり増えても誰も気にしません。
自分だけの、オリジナルな神様を見つけましょう。
街にはクリスマスも終わったというのに相変わらずイルミネーションが溢れていますが、もともと日本人ってクリスチャンじゃあないんですから、クリスマスとクリスマスイルミネーションって、何の関係もないんですよね。
だったら、もう何でもアリでいいじゃないですか。
来年のお正月に欠かせないのは、何といっても馬刺しですね。干支ですから。
それとウマヅラハギ、これは肝和えが美味しいんだそうですが、残念ながらまだ食してません。
それとバフンウニ、これも殻つきを生で食べるのが最高なんだそうですが、食べたことはありません。
高価なものですが、お正月なのですから、これくらいの贅沢をしてもかまわないでしょう。
[PR]
by sweetmitsuki | 2013-12-28 19:45 | おどろけー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/21504169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2013-12-28 21:04
そうだそうだ、正月に限らず一年じゅう好き勝手に生きてみよう。
Commented by sweetmitsuki at 2013-12-28 21:24
佐平次さま
好き勝手にやるのはいいのですが、ウマヅラハギの肝和えもバフンウニもお財布に負担がかかるので、お正月ぐらいしか楽しめないというのがつらいところです。