mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
あんつぁん ズッキーニ..
by sweetmitsuki at 05:40
八曜社さま うちでは夏..
by sweetmitsuki at 05:36
佐平次さま 糠床は何度..
by sweetmitsuki at 05:32
夏野菜。清涼感があります..
by antsuan at 20:34
盛夏!と言ったところの食..
by stanislowski at 15:33
糠漬けを始めると欠かせな..
by saheizi-inokori at 09:10
あんつぁん 今どきは、..
by sweetmitsuki at 06:16
今年は空梅雨のようでちょ..
by antsuan at 20:17
佐平次さま 掃除をして..
by sweetmitsuki at 20:36
効きそう、なんにでも。
by saheizi-inokori at 09:43
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

角なしサザエでございま~す

e0078674_16524397.jpg日頃、あんまし親しくない知人が「有名タレントが出演している、他所じゃ絶対見られないプレミアムDVDがあるから見にいこう。」といわれてついて行ったら創価学会の勧誘だった、という経験はありませんか?
人の信条や宗教について誹謗中傷するのはいけないことだとわかっていながら、私はそういう経験から、創価学会とは平気で人を騙すという団体というイメージしかありません。
創価学会と日蓮正宗は現在絶縁状態にあるそうなのですが、それでも創価学会員が日蓮を尊崇していることに変わりはありません。
日蓮と聞いて、まず思い出すのが横須賀の竜本寺に伝わる「角なしサザエ伝説」です。

その昔、日蓮上人は上総(千葉)の海岸を船ででてから、この湾を渡り、布教のため鎌倉をめざしていた。
ところが、しだいに風波が強くなり、小さな小船は木の葉のようにもまれて、とうとう船底に三寸余りの穴があいてしまった。ふさぐまくもなく、海水がガポガポと入ってくる。
船はたちまち沈みそうになりました。
この時、日蓮上人は船の先に立たれ、一心に「南無妙法蓮華経」と、ご祈願なさると、 船の底から入ってくる水がぴたりと止み、そこには、今までにみたこともない大きなアワビが張り付き穴のふたとなっていたそうだ。
しかし、荒波はおさまらないので、なおも祈りをお続けになると、一匹の白い猿が現れ、波間をひょいひょいと立ち歩き、「豊島」と呼んでいた今の猿島まで案内してくれたのです。
やっとのことで、島にたどりついた日蓮は岩穴の中でお休みになりました。
さらに白猿に案内されて、近くにいた船に乗り、米が浜の海岸に上陸しようとする。
船は米ケ浜に近づいたが、あたり一面は岩礁地帯で遠浅のため船は思うように着岸できない。
そので先頭は上人を背負って上陸したのだった。
気がつくとサザエの角でつけた船頭の足からは血が流れていた。
すぐさま、それに気づいた上人が聞いて見ると、いま海中でサザエの角をふんだのだと答えた。
このあたりでは漁師が時々、サザエの角でけがをすると話したので、 再び上人が」お題目を唱えて船頭の出血をとめ、この辺りのサザエの角をとってしまったのである。
それ以後、この近海でとれるサザエは角がなく、今でも「角(つの)なしサザエ」と呼ばれている。
上人を背負った先頭はその後、法華経に帰依し草庵を建てたそう。この草庵こそが後の龍本寺とか。
龍本寺にはこのお話のアワビとサザエが今も霊宝として保存されている。

e0078674_17131828.jpg
これがその霊宝のアワビとサザエなのですが、写真撮影をお願いしたところ、快く承諾してくれたので掲載しました。
せっかく横須賀まで来たのに、寺だけ見て帰るのはつまらないので、せっかくですから海を見に、日蓮が到着したという猿島までやってきました。
e0078674_17231751.jpg物語の前半はなんとなくモーセの海割りに似てなくもないのですが、この伝説の継承者がそれを知ってたか知らなかったかは別として、ショボ臭さは否定できません。
そして角なしサザエですが、サザエが外敵から身を守るために備えている角を、自分とその身内の都合のためだけにとってしまうというのが、大自然の営みのことなどまるで理解していない日蓮の思想を如実に反映しています。
ついでに本当のことをいいますと、波の穏やかな内湾のサザエは「丸腰」といって日蓮の法力でもなんでもなく、角がないのが普通なのだそうです。
ちなみにイギリスのチャールズ・ダーウィンは地域によって、生物の特徴が異なることをヒントに「進化論」を発表しています。
猿島では角なしサザエを見ることはできませんでしたが、かわりにシッタカが獲れました。
いやあ、三浦半島の海は最高ですねい。
シッタカは海水と同じ濃さの塩水につけて砂を吐かせ、茹でられてることがわからないような温度でゆっくり加熱すると、美味しく頂けるのだそうです。
喰う側と喰われる側、見方が違えば考え方も違う。恐ろしいですねい。
e0078674_17552247.jpg
横須賀菓子処、さかくら総本家さんの「角なしさざゑ最中」も、お土産に持ち帰ったのでした。
小倉餡、こし餡、胡麻餡、柚子餡が楽しめて最高でした。
e0078674_180246.jpg

[PR]

by sweetmitsuki | 2014-05-11 17:10 | お出かけドリフト | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/21982414
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2014-05-12 10:28
幼少の頃のこの猿島で猿に引っかかれたという、忌まわしい思い出を未だに消すことが出来ません。
Commented by sweetmitsuki at 2014-05-13 04:44
あんつぁん
いま、猿島といえばよこすか海軍カレーと東郷平八郎ビールでしょう。
サザエも、昔は県外から輸送してきたものを売ってましたけど、現在は養殖も順調のようで、角なしサザエのブランド化も目立ってきています。
それから、さすが横須賀ですね。いたるところに小泉 進次郎氏のポスターが貼ってありました。
<< カラスなぜ啼くの 崖の上の創価学会 >>