誤解してる人のための縄文講座

e0078674_2055257.jpg縄文時代のことをまったく知らない人でも、火焔土器と遮光器土偶は教科書に載ってる写真で見たことがあると思います。
ですが火焔土器と遮光器土偶はあまりにも有名なために、逆に縄文時代について多くの人に誤ったイメージを与えてしまっているのではないのでしょうか。
まず、縄文人は火焔土器を使って煮炊きをしていたという誤解。
確かに、教科書に書いてある「縄文土器は世界最古の土器である。」という文章と火焔土器の写真しか見せられなければ、誰でもそう考えるのが普通でしょう。
ですが火焔土器は呪具であって実用品ではありません。
あのゴチャゴチャした形は、どう考えても炊事には向かず、本当は煮炊きにはもっとちゃんとした形の土器を使っていたのですが、教科書にはそうは書いてないのですから仕方ありません。
それに、縄文人のすべてが火焔土器を使っていたのではなく、新潟県などの限られた地域でしか発見されていなくて、縄文時代に格差という言葉を使うのを訝しがる人もいるとは思いますが、火焔土器は一部の限られた人しか持つことの出来ないものであったようです。
そして、遮光器土偶ですが、土偶は土器と違って実用品でないことが一目瞭然なので誤解も少ないのでしょうけど、用途がわからないぶん別の意味で誤解している人も多いのではないのでしょうか。
遮光器土偶も、青森県などの一部の地域でしか見つかっていなくて、すべての縄文人が持っていたわけではありません。
そして、青森県木造駅の遮光器土偶のレプリカが有名なので、土偶は巨大なものだと勘違いしてしまいそうですが、ほとんどの土偶は、わずか10センチ程度の、手の平に隠れてしまうくらいの小さなものです。
国宝に指定されている縄文のビーナスなど、本当に土偶を見たことのある人は、土偶はもっと大きいと思うかも知れませんが、あれは例外的に大きなもので、ここでも格差という言葉を使わなくてはいけないのですが、縄文時代にも大きな土偶を持っている人と小さな土偶しか持てない人がいたのです。
土偶はたいていが裸ですが、縄文人が裸族だったわけでも裸婦信仰があったわけでもなく、裸のまま使っていたのではなくて上から衣装を着せていたのではないのでしょうか。
海外から入ってきた宗教では、仏像などのように衣装と躯体は一緒に作られているものなのですが、日本に古くからある神さまの像は、衣装が別に作られていて、人間と同じように夏は涼しいように薄着に、冬は暖かいように厚着に着せ替えるのが普通なのです。
e0078674_20574892.jpg
海外で暮らす人なら、万能である神が暑がったり寒がったりするはずがないと思うのでしょうけど、縄文人はそうは思わなかったのでしょうね。
そしてそれは縄文人だけではなく、現代で暮らす日本人も同じで、街のいたる所に建てられているお地蔵さまやお稲荷さま、そして天神さまのお使いである牛、庚申さまのお使いである猿も、やっぱし人間と同じものを着ているのです。
e0078674_2154352.jpg
誰が何の目的で、どうしてお地蔵さまやお稲荷さまの衣装を着せ替えるのかはわかりません。
それにあれにはちゃんとした作法があるというわけではないらしく、どの像を見ても着せ替えている人のセンスなのでしょうか、微妙に違います。
多くの人は、縄文人と現代人はまったく考え方が違うと考えているようですが、あんがい大した違いはないのかも知れません。
e0078674_2143419.jpg

[PR]
by sweetmitsuki | 2014-10-19 21:28 | 古代史でポン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/22487296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2014-10-20 10:09
ヴィーナス、ホントに小さかったなあ。
現代人は縄文人の子孫と思うとわけもなくほっとします。
Commented by chaiyachaiya at 2014-10-20 19:13
今日たまたま木造駅をTVで見たのですが、ザイズゆえか、凄いインパクトでした。やはりあり得ない大きさだったのですね‼︎
Commented by sweetmitsuki at 2014-10-21 06:09
佐平次さま
日本人の祖先については、大陸渡来説と縄文起源説の間に激しい対立がありまして、それは学問的な研究の成果というより政治的な圧力が裏で糸を引いてるような気がしてなりません。
かつての日本は、皇国史観という誤った歴史を信じたため国を滅ぼしかけたのですから、この問題は単なるロマンに留めておくべきではないと思うのですけど。
Commented by sweetmitsuki at 2014-10-21 19:21
ふみちゃこさま
DAIGOのお爺ちゃんの一億円のバラマキで作ったアレですね。
ちゃんと片足が欠損してるなど、細部にまでこだわってるのはわかりますけど、デカすぎて要らぬ誤解を与えてしまいそうです。
安倍政権も「地方創生」というお題目を立てていますけど、どんなものができあがるか知れていて寒いです。
安倍晋三も、お爺ちゃんを尊敬してるんなら、政治家になんかならないでお笑い芸人になればよかったのに。
<< お鍋の中からボワッとインチキお... 北向地蔵の怪異 >>




手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧