mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新のコメント
佐平次さま 私なんて、..
by sweetmitsuki at 04:32
この人たちの人生を思うと..
by saheizi-inokori at 21:30
八曜社さま 靖国神社は..
by sweetmitsuki at 06:05
そうですね。mitsuk..
by stanislowski at 21:05
あんつぁん 日本が唯一..
by sweetmitsuki at 23:08
何時の世も、国内の不満を..
by antsuan at 14:55
騒げば騒ぐほど軍産複合体..
by sweetmitsuki at 05:25
少し騒ぎすぎじゃないです..
by saheizi-inokori at 22:14
あんつぁん 3/4世紀..
by sweetmitsuki at 06:01
怨霊を鎮めて護国の任務を..
by antsuan at 08:10
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

春ですよー

e0078674_12105156.jpgまだまだ寒い日が続きますが、それでも一日毎に夜明けは早くなり日没は遅くなり、日当たりのよい土手では、秋に積もり冬の雪に埋もれていた落ち葉の下からフキノトウが芽を出しました。
花は咲いたら必ず散るのなら、枯れ葉の中からは必ず新しい芽が萌えるのもの。
冬が終わったら春が来て、夏になって秋になって冬がまた来て次に秋になる。
新しい時代を迎えているようで、実は毎年同じことの繰り返しなんですね。
それでも、こうしてフキノトウが咲いてるのは一年の中でもわずかの間だけです。
今年は、バター炒めにしてみました。
こうすると採れた量の大小に拘わらず、簡単に調理ができるのです。
手抜きといえばそれまでですが、手間暇かけたからいいってもんじゃありません。
フライパンをよく温めてから炒め、最後にお醤油をちょっと垂らして焦がすのが、美味しく作れる秘訣かな。
これは、今年になってはじめて験したレシピ。
去年までは知りませんでした。
それと、当り鉢に盛ったので、フキノトウがブロッコリーのように見えなくもないのですが、この当り鉢は直径が10センチに満たない極小サイズなので。
e0078674_12573043.jpg

[PR]

by sweetmitsuki | 2015-02-11 12:57 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/22798493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2015-02-11 22:03
どんどん日が長くなりますね。
蕗の薹、ぜいたくだなあ。
Commented by sweetmitsuki at 2015-02-12 05:08
佐平次さま
ここの土手のフキノトウは知る人ぞ知る穴場らしく、すでに多くのフキノトウが収穫された痕がありました。
それでもフキノトウはなくならないのですから贅沢なものです。
<< 春風はどこから吹いてくる 女神の舞に大御神は満足された ... >>