mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

世界は美味しいもので満ちている

e0078674_14413455.jpg今さらですが、今回道端に生えてるキノコを初めて食べました。
キノコには毒があるものが多く、素人には見分けがつかないから、というのが理由なんですが、それは野草も同じなんですけど、野草は何となく見分けがつくのに、キノコはどこがどう違うのか分かんないんですよ。
それに、キクラゲ以外で普段、食べられそうなキノコを見たことがないですし、野草は毎年生える場所が決まっていて、そこに行けば必ず手に入るのに比べ、キクラゲは倒木に生えるので、倒木はすぐに処理されてしまい偶然でしか手に入らないので、それならいっそのことキノコには手を出さないのが賢明だと思っていたのですが、毒キノコには幻覚作用をもたらすものも多く、ネットで黒社会に売れば大儲け知識を深めれば危機を事前に察知できるので、知っておいて損はないということで、調べてみました。
調べてみると食用に適するキクラゲはアラゲキクラゲといってその名の通り粗い毛が生えているのですが、今回見つけたキクラゲは全体的にぬめっとしていて粗毛のようなものは見当たりません。
ですが、キクラゲの仲間だけは無毒なので安心なのだそうですし、毒キノコを見分ける方法として一番重要なのは、生でよく噛んでみて苦みを感じないことなのだそうです。
少しでも苦みを感じたら、その時点で吐き出せば、食中毒にはならないそうです。
e0078674_1585928.jpg
(前回発見したキクラゲは一般に開放されてるからといって基本的に個人の敷地内なのでパス。今回は公道の街路樹に生えてたので堂々と採ってきました。)
これを油で炒めて卵を割り入れていただきます。
e0078674_15142256.jpg
生で食べるキクラゲは、干して戻したキクラゲとは全く違い、コリコリでもなければクニュクニュでもなく、フワフワの食感。
たとえていうなら、、、いやいや、たとえるものなんて他にありません。
街路樹の古木が、老朽化して危ないという理由で伐り倒されてしまうのはかわいそうだと思っていましたが、こんな美味しいものが生えてくるとは思いませんでした。
[PR]
by sweetmitsuki | 2015-04-12 15:23 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/22950589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2015-04-12 21:25
キクラゲの生、うまいですよね。
スーパーで売ってるのは食ってみたことがありませんが。
Commented by sweetmitsuki at 2015-04-14 05:13
佐平次さま
雨が何日も降り続かないとキノコ類は育たないそうで、こんな美味しいキクラゲが頂けるなら、鬱陶しい長雨も悪くありません。