mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

小鮒釣りしかの川

e0078674_2345135.jpg

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く
藻谷 浩介  NHK広島取材班 著 (角川新書)
里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く
井上 恭介  NHK「里海」取材班 著(角川新書)
里海~のほうから読んだのですけど、私がこのブログで「原始人ごっこ」と称してやってきたこととかなり内容が被ってます。
そんなことをしてきた私がいうのもなんですけど、と、いうより、そんなことをしてきた私だから敢えていわせてもらいますが、この本、かなり大風呂敷を広げてるんじゃないでしょうか。
プロのTVスタッフだけあって、私が指摘したい弱点や問題点はすべてフォローしてあるのですが「里山資本主義は世界経済の最先端」ですとか「グローバル経済からの奴隷解放」といった文言は美辞麗句に過ぎる気がします。
e0078674_2561358.jpgそりゃ、私だって、デモに参加するより家庭菜園でトマト作ってたほうがマシ、とは思ってましたけど、本当にこんなことで、やれ革命だの、世界を食い潰すモンスターと戦うだのいい出す人がいるとは思ってもみませんでした。
まったく、プロのドキュメンタリー制作者は、何の変哲もない凡庸な日常を、ドラマチックに仕立ててしまうのが上手ですね。
それはそれとして、本書の中に、田んぼでも育つホンモロコという魚が出てきて、京都の料亭などでは高級食材として珍重されているそうで、ホンモロコではありませんけどふつうのモロコなら近くの小川にいくらでもいるので、さっそく捕りにいってきました。
モロコは関東ではクチボソといって、本当に川や池があればどこにでもいる魚です。
まだ水が冷たかったのか、罠を仕掛けた時間が短かったのか、釣果はいまひとつですけど、それでも3匹のクチボソと、ブルーギルを捕えることが出来ました。
クチボソは甘露煮に、ブルーギルは塩焼きにしてみました。
原材料費ゼロの、お財布にやさしいおかずの完成です。
e0078674_322290.jpg
でもこんなことで本当に革命なんてできるんでしょうか。
[PR]
by sweetmitsuki | 2016-02-22 02:41 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/24158956
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2016-02-22 10:50
彼らもそれほど大仰なことは考えていないのでしょう。
ただグローバリズム・成長まっしぐらの世界観を見直すことは小さいようでけっこう革命的じゃないかな。
岩手に住んでいる仙人みたいな友人にも薦めたら読んでいました。
Commented by sweetmitsuki at 2016-02-23 05:15
佐平次さま
都市に住んでる人でも、ベランダで家庭菜園をやってる人はいますし、地方に住んでる人でも、土いじりや野良仕事にまったく興味のない人はいます。
里山とはロケーションではなく、人の気の持ちようなのじゃないでしょうか。