mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

準備はいいかい

e0078674_1805120.jpgいよいよ桜も咲いて、春です。
まあこの桜は、二月下旬に咲く特別な桜なんですけど。
春といえば種蒔き、なんですけど、その前に土づくりをしなくちゃなりません。
何年も耕作をやってると、見るからに土が痩せてきて、そこだけ見るからに凹んでしまったのです。
土くらい、ホームセンターで買えばいいのですが、買う費用もさることながら、運ぶ手間も問題です。
そこで、今年は土づくりのために、土着菌の培養を始めることにしました。
作り方は簡単で、おにぎりに醤油と砂糖と酢を加え、器に盛ってお湯をひたひたにします。
おにぎりがお粥みたいになったら、段ボールに落ち葉を敷いて、庭土を混ぜ、そこに入れます。
菌の力で土を富養化させるのですが、私はこういうことをするとき、ちょっとだけズルをします。納豆を一粒、ヨーグルトを一匙、ドライイーストを一振りかけるのです。
普通にこういうことをやると、おにぎりが腐ってしまい元も子もなくなってしまうことがあるのですが、これをやれば納豆菌、乳酸菌、酵母菌の力で、絶対に腐敗しません。
それじゃ土着菌を召喚できないじゃないかといわれるかもしれませんけど、菌の力で土が肥えればそれでいいのです。
e0078674_18415884.jpg
おにぎりが糸を引き、甘酒のような香りがして来れば完成で、米ぬかを与えプランターでさらに培養します。
米ぬかは、稲を栽培している地域ならタダで手に入るのですけど、都会ではお金を出して買わなければいけないのがつらいところです。
ですがキロ100円とかそれほどの金額ではないので、これがいちばんお財布にやさしいと思います。
このようにして、まずは無農薬の有機肥料から作らなければいけないのです。
e0078674_18575789.jpg
有機肥料を使い、もっとお金のかからない方法。
まずは庭の隅に穴を掘ります。
e0078674_1935776.jpg
そこに、人間ならば誰でも毎日する有機物を入れて、あとは刈り取った雑草とかを入れて隠してしまえばいいのです。
e0078674_19115361.jpg

ネコ砂で、臭いもなくコンポストとして再利用できるのが市販されていて、それを使うという手もあるのですけど、そういう使い方は推奨されてはおらず、だいいち高価なので有機肥料を買ったほうが安いです、
それから、庭の隅に掘った穴は、雑草を処分するために掘ったもので他には何もも入れてませんので念のため。
雑草も、こういうふうに処分すれば。肥料として利用できるのです。
[PR]
by sweetmitsuki | 2016-02-28 19:18 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/24177348
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by stanislowski at 2016-03-04 18:19
土作りに菌の培養、すごく興味が有ります。
私は経験しないと理解できないようで、ここで家庭菜園をしなかったら「生物」がこんなに面白かったことに気づかなかったでしょう。
麹菌作りたいと思いましたが、稲穂がないとダメなのですね。
そして木灰とか、先の野焼きの記事を見て考えさせられました。BIOは高くて全てそれらに切り替えできないです。
結局、大資本が独り勝ちなのか…と憤ったり。
Commented by sweetmitsuki at 2016-03-06 15:09
stanislowskiさま
雑草でも、新芽の部分にはこれから枝葉を広げるためのすごいエネルギーが詰まってて、発酵させることで肥料として使えるそうです。
どんな植物でも生まれつき酵母を持っていて、うまく培養すれば育ってられるのだそうですけど、まだ今の時点では成功してるんだか失敗してるんだかわかりません^^。
雑草には雑草なりの戦略があって、勝算がまったくないわけではないです。
まあ、あんましないんですけど。