mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
あんつぁん ズッキーニ..
by sweetmitsuki at 05:40
八曜社さま うちでは夏..
by sweetmitsuki at 05:36
佐平次さま 糠床は何度..
by sweetmitsuki at 05:32
夏野菜。清涼感があります..
by antsuan at 20:34
盛夏!と言ったところの食..
by stanislowski at 15:33
糠漬けを始めると欠かせな..
by saheizi-inokori at 09:10
あんつぁん 今どきは、..
by sweetmitsuki at 06:16
今年は空梅雨のようでちょ..
by antsuan at 20:17
佐平次さま 掃除をして..
by sweetmitsuki at 20:36
効きそう、なんにでも。
by saheizi-inokori at 09:43
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

小さい体に大きな望み

e0078674_14152552.jpg
1万円でできる! ベランダでできる! 独立太陽光発電所の作り方
中村昌広(著)
総合科学出版(刊)
Amazonはコチラ
自作の太陽光発電所は、メカに強い人なら本を買わなくてもネットの情報(たとえばコチラとかコチラとか)を読んで作れるのでしょうけど、私はメカにはからきし弱いので、この本を購入しました。
これで2000円(+税)の出費です。
使う材料は、すべてネットでも購入できるのですが、私には扱ったことのない機械をカタログ買いする勇気はないのでアキバの東京ラジオデパート3Fにある稲電機(HPはコチラ)さんまで買いに行きました。
これで+交通費の出費です。
本に書いてある通り、一万円程度の予算で材料は揃うのですが、お店で安物のデメリットについてレクチャーを受け、どうせなら品質のいいものを揃えることにしまして、結局4万円弱の投資をすることにしました。
ま、大人の遊びにはこれくらい奮発してもバチは当たらないですよね。
e0078674_14535465.jpgそれで、このA4サイズより少し小さめのオモチャみたいな太陽光発電所のスペックはというと、簡単に説明すると自動車用のバッテリーを使っているので、エンジンを切ったままの自動車のシガーソケットから使える家電が使える程度の電気を賄うことが出来ます。
フル充電させるのに4日ほどかかりますけど。
「そんなオモチャが何の役に立つんだ?」と笑われそうですけど、このブログ、元々オモチャ遊びのブログですから、そんなことは今さらどうだっていいのです。
それに、それをいうなら国会議事堂前でデモを開いて「原発反対!」と叫ぶのだって、ただの自己満足で非現実的だといってしまえばそれまでなので、このオモチャの太陽光発電所とたいして変わらないんじゃないのでしょうか。
過食症の治療には自炊をすればいいらしく、自分で作ったものは大切に扱うから、無駄に消費しないんだそうです。
電気もそんなもんじゃないのでしょうか。
工作に興味がなく「そんなもん作んねーよ。」という人でも、読めばエネルギーに対する付き合い方や考え方が変わるかもしれません。
そういう意味でも一読の価値ありの一冊。
A4サイズに満たない小さなパネルで、未来は案外、変わるのかもしれません。
[PR]

by sweetmitsuki | 2016-08-19 15:27 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/24604318
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2016-08-19 21:03
4万円を投じたおもちゃは何でできているのでしょう。
どれだけのエネルギーを使って作られたのかなあ。
経過報告を楽しみにしています。
Commented by sweetmitsuki at 2016-08-19 22:34
佐平次さま
発電モジュール(ドイツ製のセル使用)に何が使われているのかは企業秘密らしく分からなかったのですが、バッテリー(人形が座ってる緑の箱)はかなりの曲者で、鉛と希硫酸でできています。
これが完成品として市販されていないのは、その辺が関係してるんだと思います。
お盆中に架台まで作ってしまうつもりでいたのですが、ちょっと無理みたいなので、稼働はも少し先になりそうです。
Commented by ume at 2016-08-20 18:32 x
馬鈴薯がウリ坊の襲撃を受けて、壊滅的な状況に。サツマイモも彼らの大好物だということなので、サツマイモを守るために、大枚48,000円を投資して、太陽光発電タイプの電柵を設置しました。同額で「トラック買いできるほどイモが買えるよ」と外野から声が飛んできましたが、15年くらい作り続ければ,元は取れそうです。何としても、80歳まで元気でいなければなりません。
Commented by sweetmitsuki at 2016-08-21 06:36
umeさま
その電柵をアルカリ乾電池で起動させると、たぶん12Vだと思うので1.5Vの単一乾電池が8個必要ですから交換する費用と手間を計算に入れれば、もっと早く元は取れると思います。
とはいえ、いつまでもお元気でいてください。
<< 太陽光発電会計帳 美味しい東京 >>