mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
あんつぁん ズッキーニ..
by sweetmitsuki at 05:40
八曜社さま うちでは夏..
by sweetmitsuki at 05:36
佐平次さま 糠床は何度..
by sweetmitsuki at 05:32
夏野菜。清涼感があります..
by antsuan at 20:34
盛夏!と言ったところの食..
by stanislowski at 15:33
糠漬けを始めると欠かせな..
by saheizi-inokori at 09:10
あんつぁん 今どきは、..
by sweetmitsuki at 06:16
今年は空梅雨のようでちょ..
by antsuan at 20:17
佐平次さま 掃除をして..
by sweetmitsuki at 20:36
効きそう、なんにでも。
by saheizi-inokori at 09:43
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

魔法の瓢箪

e0078674_841854.jpgウチの畑で食用ヒョウタンが実りました。
食用ヒョウタンの種は野口種苗(HPはコチラ)さんがオンラインショップで以前は販売していて、私も最初はそこで入手したのですが、今では取り扱っておらず、レアな野菜になってしまいました。
私が育てているのは、自家採種で育てたオリジナルのヒョウタンです。
同じように、サツマイモ(紅アヅマ)も去年収穫した芋を適当な大きさに切って土に埋めておくと芽が出るので毎年種や苗を買わなくて済み、経済的に助かります。
固定種はF1に比べて収穫にばらつきがでるというデメリットがあるのですが、毎年種を購入する負担を考えると、私は固定種がおススメです。
このことについて、今読んでいる「永続敗戦論」(白井聡著、太田出版刊)に興味深いことが書いてありましたのでここに抜粋しますね。

TPPの実現によって「遺伝子組み換え作物の表示義務」の撤廃を盛んに働き掛けているのは、同作物の生産において圧倒的なシェア(90%)を誇るモンサント社(米ミズーリ州)である。同社は、過去にはベトナム戦争時に枯葉剤を開発したことでも悪名高いが、今日では「遺伝子の独占」を謀る企業として世界的な非難にさらされている。すなわち、同社は、自社が開発した遺伝子組み換え種子に知的所有権を掛け、農民が自らの収穫のなかから保存した種子を翌年播種する行為を禁じた。さらにモンサントは、ご丁寧にも「ターミネーター種子」を開発し、農家が自家採種した種子の播種を物理的に封じようとしている。「ターミネーター種子」とは、遺伝子組み換えによって種子が発芽しないよう作為的に改造された種子であり、その狙いは農家がモンサントから毎年種子を買い続けなければならない状態に追い込むことにある。

残念なことに、日本の政治指導者はこのような悪魔の所業から国民を守ってくれるどころか、それを進んで受け入れ、あまつさえ積極的に手引きしようとしているのです。
難しい話はこれくらいにして、収穫したヒョウタンを油で炒めてお醤油で味付けしてみました。
e0078674_9335763.jpg
今では入手困難なレアな野菜の割には、味はどうってことはなく、出来損ないのメロンのような食感で、風味はほとんどありません。
それと大事なことですが、これはあくまで食用ヒョウタンで、園芸店などで売られている観賞用のヒョウタンは、決して食べてはいけません。
ククルビタシンという有毒物質が大量に含まれていて、中毒を起こすからです。
ククルビタシンを大量に含んだヒョウタンは大変苦味が強く、とても食べられたものではないので、間違えることはないと思いますけど。
[PR]

by sweetmitsuki | 2016-08-21 09:41 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/24607871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2016-08-21 10:39
とぼけた風貌そのままのとぼけた惣菜、味もとぼけていたのですね。
Commented by sweetmitsuki at 2016-08-21 21:27
佐平次さま
食用ヒョウタンは確かにつまんない味なんですけど、考えてみると他に同じような味の野菜が見当たりません。
摘果メロンがいちばん似ているのですが、それでも全然違います。
とらえどころのない味です。
Commented by ume at 2016-08-24 18:47 x
葡萄苗が幼くまだ棚上に到達せず,葡萄棚は空き家状態。そこで、ひと夏の間千成瓢箪の蔓を絡ませることにしました。親蔓子蔓を摘芯。あとは放任でしたが、今は孫蔓から瓢箪がたわわにぶら下がっています。夏野菜が全般に不作の中、瓢箪とコンニャクイモだけは好調です。
Commented by sweetmitsuki at 2016-08-25 05:07
umeさま
ご覧の通りぶどう棚は作らずブロック塀に這わせています。
摘芯もいい加減なせいか、収穫はいまいちですし、食べ頃を逃してしまうと、すぐに皮が硬くなって食べられなくなってしまうのですが、このヒョウタンは加工用には適さないらしくそうなると使い道がありません。
こちらでも夏野菜は不作でして、ヒョウタンも例外ではありませんでした。(^^*)
<< オフグリッド作戦侵攻中 太陽光発電会計帳 >>