カゴいっぱいの春

e0078674_18093273.jpg
野原一面にツクシが咲いてるのを最近見かけなくなりました。
ツクシは春の野原にどこででも咲いてるありふれた草なのにどうしてなんでしょう。
ツクシは袴を取るのが面倒で10本もあれば十分なので真面目に捜す気がないのかもしれません。
それでも、別用で郊外に出掛けたとき野原いっぱいのツクシを見かけることがあるのですが、そういう時に限って車で移動中だったり、その別用が押してて時間がなかったりで、その日の晩の食卓にツクシごはん、ツクシの天ぷら、ツクシの卵とじといったツクシ尽くしのメニューが並ぶことはありません。
ツクシが咲く季節はまだかなり肌寒く、野原の花もまだまばらで土全体が黒っぽく、お世辞にも美しいとはいえないのも、春の野原に行こうという気になれない理由なのかもしれません。
ですが今年もカゴ(物凄く小さいカゴですけど)いっぱいのツクシを摘んで、鍋(物凄く小さい鍋ですけど)いっぱいに煮込んで定番の卵とじにして頂きました。
e0078674_18100020.jpg

[PR]
by sweetmitsuki | 2017-03-18 18:50 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/25618651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2017-03-18 20:39
そういえば、原っぱでねっ転がりながら土筆を眺めていたのは幾つの頃だったのか・・。
田舎に帰りたくなってきました。
Commented by saheizi-inokori at 2017-03-18 21:09
近所にもあることはあるのですが、ワンちゃんが毎日しっかり、、。
Commented by sweetmitsuki at 2017-03-19 08:40
あんつぁん
私には故郷と呼べるような場所がないので、そういう映画の1シーンみたいな青春時代を過ごした人が羨ましいです。
Commented by sweetmitsuki at 2017-03-19 08:45
佐平次さま
石垣の上の芝生とか、ワンちゃんが登ってこれないような場所を選べば大丈夫ですよ。
好奇心が強く、高いところに登りたがるワンちゃんも、たまにはいますけど。
<< 桜咲き筍生えて燕来る 日本ヨイ国神ノ国 >>




手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧