mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

平成之教育勅語

教育勅語のなにがいけないのか、いろいろと指摘はあるようですけど、私としてはエコと省エネに対して一言も書かれてないのがいちばんの大問題だと思います。
明治時代にはそんなことはいちいち言葉に出していう必要はなかったのかもしれませんが、今の日本、天皇の命令文として自然環境への尊崇と畏怖の言葉がまったく書かれてないようじゃ八百万の神々が住まう国のバイブルとして不適切にも程があるんじゃないのでしょうか。
それともうひとつ、これは教育勅語の矯正不能な欠陥なのですが、明治時代に発せられたため明治時代の文体で書かれていて、現代の子どもには理解できないということ。
ですから誰かがわかりやすいように意訳しなければならないのですが、そんなことをすればそれはその時点で勅語ではなくなってしまうのですよ。
天皇陛下の口から直接出たものでないものを勅語とはいいません。
ですから、勅語を学校教育に取り入れたいのなら現代の言葉を使っている今上陛下の言葉の中からそれに相応しいものを探すしかないのだと思います。
たとえば、そうですねい。1995年、植樹祭のとき、美智子皇后陛下はこんな和歌を詠んでいます。

初夏(はつなつ)の光の中に苗木植うるこの子供らに戦(いくさ)あらすな

これは和歌としてとてもいいのでそれだけで教科書に載せてもいいんじゃないかと思うのですが、労働の尊さや自然の恵みに対する感謝の気持ちなど、日本人が後世に伝えたいことが短い文言の中に教育力勅語を遥かに凌ぐボリュームで込められていて、とてもいいと思います。
教育勅語のさらなる欠陥として、長すぎて覚えにくいというのがあって、覚えにくい文書の暗記は、それだけで他の勉強の学習の妨げになるのですが、皇后陛下の玉歌は短いのですぐに覚えられ、それだけでも教育勅語より秀でています。
古いものより新しいものが正しく、伝聞よりも口移しのほうがより正しいのは当たり前のことですから、明治天皇の勅語の意訳などという得体の知れないものより、正真正銘純度100%の皇后陛下の言葉を学校教育には取り入れるべきなんじゃないのでしょうか。
とはいえ、天皇は政治や教育に口を挟まないというのが戦後民主主義の大前提ですからどんなに良いことでも勅語を義務教育の教材に使ってはいけないのです。でも皇后陛下の玉歌はとてもいいので勤皇ならもう一度斉唱しましょう。

初夏(はつなつ)の光の中に苗木植うるこの子供らに戦(いくさ)あらすな

日本人は戦争をしてはいけません。日本人は戦争をしてはいけません。他の国のように軍隊をもってもいけません。皇后陛下の勅語に逆らう奴は不敬罪で取り締まるべきです。
[PR]
by sweetmitsuki | 2017-04-09 15:37 | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/25682213
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2017-04-09 21:36
美智子さんの歌は素晴らしいのが多いですね。
あの人皇后にはもったいないなあ。
Commented by saheizi-inokori at 2017-04-09 21:44
土筆摘み 野蒜を引きて さながらに 野にあるごとく ここに住み来し

いいでしょう?
Commented by antsuan at 2017-04-10 01:00
日本通の外国人に言わせると、日本は教育勅語(神のお言葉)による立道君主制の国なんです。預言者の伝えや聖書は人間の言葉ですから、それを元にした立憲民主制より優れていると見なしていますね。
わたしもそのように思います。
もちろん、今上天皇のお言葉に基づいても立道君主制が崩れることはありませんので、多いに教育に取り入れるべきです。
終戦の詔然りです。
Commented by sweetmitsuki at 2017-04-11 05:28
佐平次さま
明仁さんもいい歌を作ってますよ。
沖縄を訪れたとき

花よおしやげゆん
人知らぬ魂
戦ないらぬ世よ
肝に願て

と、57577の和歌ではなく8885で詠む沖縄の伝統的な琉歌を作っています。
本当に二人は天皇にするのはもったいないですね。
Commented by sweetmitsuki at 2017-04-11 05:49
あんつぁん
今上陛下は原発事故に心を痛め、被災者を気遣う言葉をこれまで何度も述べています。
狂気区勅語にも大切なことが書いてはあるのですが、自然環境への配慮などお金では買えない大事なことの尊さを、今の子供たちは学んでほしいです。