mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

こわい話

冬物を出そうと部屋を整理していたら、以前訪れた法師温泉(詳しくはコチラ)で買い求めた民話集が出てまいりまして、なかなか興味深い話が載っているのでご紹介します。
ただし、とても恐ろしい話なので、夜、トイレに起きれなくなりそうな人は、決して読まないで下さい。

e0078674_21293038.jpg今の猿ヶ京の益屋の前に大きな庚申塔がたっているが、昔っからあそこにあったのではないんだと。
昔猿ヶ京にちょうないという人がいたんだって。
ちょうないは働き者で村外に出て働いてたんだ。
ところがそのかみさんが間男をした。
ちょうないは気がついて
「よし、おっ殺してやる。」
といったと。
e0078674_21311068.jpgある日、家の外の戸で待ち伏せした。まだ外は薄暗っかったということだ。
やがて戸が開いた。ちょうないは、
「この野郎ーっ」
って出て来た男に刀を振り上げ
「バサッ」
と斬ってしまったんだと。
間男だと思って斬りかかったんだけど、斬った男は、舅さんだったんだと。
ちょうないは、舅さんを殺してしまったんだよ。
そして、岩鼻の代官所に囚われ十二河原で処刑になったと。
それからだよ、おかみさんが・・・
(共同調査資料集「いちがさけた」より抜粋)


さて、ここで問題です。
おかみさんは、ちょうないさんのたたりで、どんな恐ろしい目に遭ったのでしょうか?
<以下次号>
[PR]
by sweetmitsuki | 2007-10-31 21:33 | おどろけー | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/6716998
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2007-11-01 08:03
はらはら、どきどき、楽しみにしてます。
たしかにあそこには何か物語がありそうな場所でした。
Commented by mitsuki at 2007-11-01 21:26 x
佐平次さま
法師温泉は良い温泉ですね。
父の快気祝いに奮発して案内したのですが、連れて行った甲斐がありました。
他にもいろいろな怪談や妖怪話があうので、機会がありましたら、いずれ。
Commented by ume at 2007-11-01 22:43 x
朝から考えていたのですが、答えが浮かびません。無理矢理ひねり出した答えは「ひげがはえてきた。」
Commented by ねんねこ at 2007-11-02 11:33 x
浮気ができないように夜になるとネズミになってしまうとか?

ま・・いろいろとつっこみ所が多いんですが
ここは単に「こわい話」ってことで 民話をすなおに楽しむことにします。

このくらいにふんわりと雪がふる頃の露天風呂って好きです。
風呂に虫が落ちてくることも無いですから・・・ ==;
Commented by mitsuki at 2007-11-02 22:05 x
umeさま
下ネタですいません
ひげがはえて醜くなれば、間男から相手にされなくなるという事でしょうか。
真実は、もっと恐ろしいのです。
Commented by mitsuki at 2007-11-02 22:10 x
ねんねこ先生
民話の世界は、「本当は怖い話」でいっぱいです。
これからの季節、寒くて憂鬱ですが、雪を見ながら温泉に入れる、と思えば楽しく過ごせるというものです。それが例え、銭湯のペンキの富士山だったとしても。