mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新のコメント
あんつぁん 今どきは、..
by sweetmitsuki at 06:16
今年は空梅雨のようでちょ..
by antsuan at 20:17
佐平次さま 掃除をして..
by sweetmitsuki at 20:36
効きそう、なんにでも。
by saheizi-inokori at 09:43
あんつぁん 「太陽光パ..
by sweetmitsuki at 05:25
原子力発電用のウランまた..
by antsuan at 21:04
佐平次さま 太陽光パネ..
by sweetmitsuki at 05:27
必要最低限度、ということ..
by saheizi-inokori at 21:56
umeさま オクラと綿..
by sweetmitsuki at 20:08
単純に計算すれば苗を買う..
by ume at 07:26
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

牛にひかれて初詣

e0078674_1430677.jpg新年明けましておめでとうございます。
いつもこのブログを見に来て下さる皆様、ありごとうございます。
昔でいえばハイジトクララ、アンとダイアナ、今でいえばちびまる子ちゃんとたまちゃんのように、性格も好みも価値観もまるで違うのに、仲が良くて何でも話せて、時々喧嘩もするけどすぐに仲良くなれるような友達って、そう簡単には出会えないのが現実ですね。
ブログというのは仮想空間なのですが、それ故に損得やしがらみに捉われない自分本来のキャラに成り切れるので、リアルでは到底知り合えないような人と知り合えてディープなトークが楽しめるのが醍醐味だと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、今年は丑年なので墨田区にある牛島神社に初詣に行って来ました。(詳しくはコチラ
昔、このあたりで悪い事をしていた牛御前という化け物を退治したところ、今度は疫病を流行らせて祟るようになったので、祠を建てて祀ったら難病平癒の神になったというのが牛島神社の由来だそうで、いつもの事ながらどんな凶悪な怪物でも、神道に習合されれば人々を救済する神になれるという仕組みには驚かされてしまいます。
e0078674_1525353.jpg境内には体の悪いところを撫でると良くなる(病気に限らず、性格でも容貌でも効果があるそうです)というなで牛の他、写真のようなかわいい牛の御守りが売られていたりと牛グッズで溢れています。
けれどもその中で、最近霊験あらたかと評判なのは、上の写真のブロンズ製の牛様。
東京食肉環境衛生同業組合、東京食肉卸協同組合の方々が建てられたという食肉牛の慰霊碑です。
牛に限らず、私たちは他の生き物から生命を分けてもらわなければ生きていけないのだと、食べ物への恩恵を今更ながら思い知らされるようで、BSEや偽装などの食災にもご利益がありそうです。

ところで今月の満月は11日ですが、お月さまを見て何に見えますか?
私はウサギではなく牛に見えます。
e0078674_15424959.jpg

[PR]

by sweetmitsuki | 2009-01-01 14:49 | おどろけー | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://swmitsuki.exblog.jp/tb/9324920
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2009-01-01 18:04
新年明けましてお目出度う御座います。

アインシュタインいわく、全ての物体は変化している。
時が基準のこの世の中で、時を越えた思想の東洋哲学。それを会得して伝承している民族の一員であることに誇りと喜びを感じつつ、新年を確かなものにして行きたいと思います。
今年も宜しくお願いいたします。 右左あんつぁん
Commented by kaneniwa at 2009-01-01 22:17
本年もよろしくお願いいたします。

月の模様が何に見えるかという問題は、
心理学のロールシャッハテストのようでおもしろいですね。

月にロゴを掘る大企業は今までになくて幸いでした。

私はやっぱりウサギに見えるのですが、
いわゆるウサギの餅つきのウサギではなくて、
全体で太った大ウサギに見えます。

BYマーヒー
Commented by sweetmitsuki at 2009-01-02 08:07
あんつぁん
今年は大変な年になりそうですが、大変とは大きく変わる事、どうせなら新しい事にチャレンジしていきたいですね。本当に大変ですけど。
今年もよろしくお願いいたします。
Commented by sweetmitsuki at 2009-01-02 08:13
マーヒーさま
明けましておめでとうございます。
そうなんですよ。全体で太った大きな、ふたつの突起が耳ではなく角を想像させるので牛に見えるんです。
月を見て牛を想う私の深層心理とは、どんな精神状態なんでしょう。
今年もよろしくお願いいたします。
Commented by saheizi-inokori at 2009-01-02 09:59
あけましておめでとうございます。
今ほど世界が感謝の心を必要としているときはないような気がしますよ。
Commented by sweetmitsuki at 2009-01-02 20:11
佐平次さま
何かの本に「丑年のお正月に牛肉を食べてはいけない。神様のお使いを食べるなんてとんでもない。」と書いてありましたが、うちのお正月の晩ご飯といえば昔からすき焼きと決まっております。ちゃんと感謝して頂きました。
Commented by greenagain at 2009-01-03 09:53
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

>リアルでは到底知り合えないような人と知り合えてディープなトークが楽しめるのが醍醐味

全く同感です。

牛島神社のご解説、とてもわかりかったです。牛には肉、牛乳、、ヨーグルト、チーズ、キャラクターグッズなどなど、今の私たちはお世話になりっぱなしですね。改めて感謝しなければならないと思いました。

Commented by sweetmitsuki at 2009-01-04 08:17
みどりさま
牛島神社の縁起は記紀神話に登場するスサノオ伝説までさかのぼるそうで、蘇民将来説話とも関係が深いらしいのですがその辺は省略しました。

冬、バイクに乗るのに革のジャケットは必需品ですし。牛には本当に感謝しています。
Commented by at 2009-01-04 16:46 x
あけましてオメットーさんです。今年もよろしく。
世間に馬頭観音は有名ですが、ややこし村では牛首観音祭ってのやります。
畜生ってのは賤しむ言葉ではなくて、人間の為に命を落としてくれる生き物の呼び方。
その畜生のために 祝詞をあげて祭ります。
こっちに来て 初めて参加してみました。(^m^)
Commented by xphalene at 2009-01-05 01:21 x
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

牛島神社に行かれたんですね。
指を立てて角を模してる姿がキュート!
今度なで牛の全身触ってきます。笑
お月さまの写真、シオマネキ(蟹)に見えました。
平凡ですね。笑

Commented by bs2005 at 2009-01-05 01:43
mitsukiさんにとってますます素晴らしい一年でありますように♪

新春早々、コメント有難うございました。
私のブログは大した根拠も無いことを感覚で書いているようなものでお恥ずかしい限りのものですが、来てくださって光栄です。
今年もmitsukiさんらしい切り口の記事を楽しみにさせて頂きます♪



Commented by sweetmitsuki at 2009-01-05 05:56
鶫さま
明けましておめでとうございます。
牛首観音様は知りませんでした。
酪農が盛んな北海道ならではのお祭りですね。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by sweetmitsuki at 2009-01-05 06:02
xphaleneさま
お月さまの模様は、中国では木にぶら下がった人に見えるそうです。
詳しい話は忘れてしまいましたが、そういう説話があるそうですよ。
Commented by sweetmitsuki at 2009-01-05 06:10
ぶんさま
2008年は本当に試練の年でしたね。
年が明けたからといってすべてが楽観になる筈もないですが、10年後、20年後には今の苦労を笑って話せる時代がきっと来るでしょう。
文様の未来が明るいものでありますよう、私も祈ってます❤
<< マイストーリー 時代は変わる 色褪せてゆく だ... >>