mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新のコメント
佐平次さま 太陽光パネ..
by sweetmitsuki at 05:27
必要最低限度、ということ..
by saheizi-inokori at 21:56
umeさま オクラと綿..
by sweetmitsuki at 20:08
単純に計算すれば苗を買う..
by ume at 07:26
あんつぁん ものすごく..
by sweetmitsuki at 04:40
太陽光パネル、凄い威力で..
by antsuan at 20:42
佐平次さま よく調べて..
by sweetmitsuki at 05:50
なるほど、、そう考えて聴..
by saheizi-inokori at 16:44
あんつぁん 今上陛下は..
by sweetmitsuki at 05:49
佐平次さま 明仁さんも..
by sweetmitsuki at 05:28
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ORIENTAL DIAMOND

e0078674_2113948.jpg早いもので、東京郊外の小さな町工場に勤めてからあっという間に一年以上経ってしまいました。
実を言うと、今年の春あたりから重いものを持つと右腕の肘と中指に激痛が走るようになり、お医者さまに診てもらったところテニス肘と診断され、「重いものを持たなければすぐに良くなる。」と、ミもフタもない事を言われてしまったのです。
鍼灸、指圧、カイロプラクティックとあらゆる治療法を試みた結果、最後に辿り着いたのが台湾の中医による鍼灸術でした。
舌を見て診断するという独特のスタイルで、頭からお腹から足の裏までおよそ全身に数えきれないくらいの鍼を打たれ「こんなんで大丈夫なんだろうか。」と、終始不安でしたが、仕事を辞めなくても直せるといってくれたのがここしかなかったのでここに賭けるしかなかったのでした。
今だから笑って書けますが、さすがに今回はもうダメだと思いました。
なにしろしがない3K労働者で躯体が資本です。
手に職があればこそ自由でいられるしワガママも聞いてもらえるし誰の言うなりにもならなくって済むんですから。
保険が効かないのでとんでもないお金を支払わされましたが、治るのならいくら掛かったって安いもんです。
もっとも、これは日本の医療よりも台湾のほうが優れているとかそういうのじゃなくて、日本の社会では出来ない可能性があるものを出来るといってしまうと後で責任問題になってしまうので慎重にならざるを得ないのですが、台湾はそういうのアバウトですから。
それに、人体とは不思議なもので治ると信じると例えインチキな治療法でも治るんだとか。(詳しくは「プラシーボ効果」でググってね。)
まぁ、とにかく今回は、私の悪運はまだまだ尽きてなかった。と、いう事でしょうか。
e0078674_21353717.jpg今日は所用で横浜まで出かけたのでお昼は中華街でふかひれラーメンでした。
さすが一流の中華食材が揃う中華街だけあって、1680円というお値打ち価格でこんな大きなふかひれが入っています。
ふかひれラーメンとは、ジャイアンツの長嶋茂雄元監督が発案したものであって中華街で食べるようなものじゃないという人もいますが、サメに含まれるコンドロイチンという成分は関節痛に絶大な薬効を発揮するのです。
ついでにいうと、中国沿岸ではサメは獲れないんだそうで、今も昔もふかひれの本場は日本なのだそうです。(詳しくはコチラ

おまけ

マイリアルワーク
e0078674_21455368.jpg

使用済みとなった空調のフィルターを燃えるものと燃えないものに分別する装置。
地球環境のために、及ばずながらこんなものも作っているのでした。
[PR]

by sweetmitsuki | 2008-09-14 21:48 | お出かけドリフト | Trackback | Comments(8)

雪おんな

e0078674_170590.jpgラフカディオ・ハーンの著書、「怪談」に収録されている「雪おんな」の舞台が東京・青梅にあると聞いたので行って来ました。(詳しくはコチラ
ところが、青梅市郷土博物館の学芸員さんに話を聞いてみたのですが、ハーンの邸で家政婦をしていた人の中に青梅出身者がいて、その人が自分の故郷の伝説としてこの話をした、と、いう所までは間違いないのですが、青梅のどこを探してもそんな伝説は誰も聞いた事がないというのです。
そもそも、東北や北陸の豪雪地帯ならいざ知らず、都区外とはいえ東京に雪おんながいたというのは最初からおかしいとは思っていたのですが、青梅では昔から子供を叱る時に「雪女郎に連れて行かれるよ。」と言って脅かしたり、木こりの嫁になるという話ではないものの雪女郎の話は沢山あって、青梅に雪女郎という妖怪の伝承が残されているという事だけは間違いがないようです。
これには理由がありまして、18世紀は小氷期と呼ばれる地球規模での異常気象があった時代でした。
どの位異常だったのかというと、墨田川が氷結して船が航行出来なかったとか品川で2メートルの積雪があったという記録が残っているそうです。(詳しくはコチラ
浮世絵に雪化粧した江戸の町並みが描かれていますが、あれは珍しいから描いたのではなく、e0078674_188114.jpg当時の江戸は、冬になると積雪するのが当たり前だったようです。
地球温暖化問題で産業革命以降、地球の気温は上昇し続けているというニュースをよく聞きますが、産業革命といえば小氷期の終わりに起きた出来事なので、当然と言えば当然の話です。
地球温暖化とは、人間の営みとはまったく関係のない、周期的な自然現象なのかも知れません。
関係がなくても自然や資源を大切にするのは良い事だと思うのですが、最近のエコ運動って、なんかおかしいと思いませんか?
エコにかこつけた悪徳商法に騙されてるような気がするのは私だけでしょうか。
話が雪おんなから地球温暖化に脱線してしまいましたが、脱線ついでに歴史と環境を絡めた話で面白いのがあるのでもう一つ。
大和朝廷が成立した4世紀半ば頃、奈良盆地の水位は現在の標高60メートルの所まであったそうです。(詳しくはコチラ
大和朝廷がどのようにして成立したのかについては古事記・日本書記しか資料がないのではっきりしたことは分かっていません。
古事記・日本書記とは天皇の支配を正当化するために書かれた記紀で、戦前までは歴史の教科書に史実として載っていましたが、日本が戦争に負けてからは「伝説に過ぎない」と一蹴されてしまいました。
e0078674_18262929.jpgところが、神武天皇の東征伝説を読むと、そこに登場する古代都市はすべて標高60メートル以上の所に存在しているのです。
もし、イイカゲンにこの話を書いたのなら、ついうっかり当時は水中にあった地名を出してしまったのかも知れません。
もちろん、だからといって古事記・日本書記の記述がすべて本当だとは限りません。でも、あながちデタラメではない事は確かなようです。
さて、青梅といえば1913年に琵琶湖の子鮎が放流され、成魚へと生育させることに初めて成功した鮎釣りの名所でもあります。
近くの茶店で鮎の塩焼きを頂いてまいりました。鮎には何といってもビールですが、バイクなのでビールテイスト飲料で我慢です。
[PR]

by sweetmitsuki | 2008-09-06 17:22 | おどろけー | Trackback | Comments(10)