mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
佐平次さま 私なんて、..
by sweetmitsuki at 04:32
この人たちの人生を思うと..
by saheizi-inokori at 21:30
八曜社さま 靖国神社は..
by sweetmitsuki at 06:05
そうですね。mitsuk..
by stanislowski at 21:05
あんつぁん 日本が唯一..
by sweetmitsuki at 23:08
何時の世も、国内の不満を..
by antsuan at 14:55
騒げば騒ぐほど軍産複合体..
by sweetmitsuki at 05:25
少し騒ぎすぎじゃないです..
by saheizi-inokori at 22:14
あんつぁん 3/4世紀..
by sweetmitsuki at 06:01
怨霊を鎮めて護国の任務を..
by antsuan at 08:10
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧


日本人が知らないBUSHIDOH

e0078674_4554854.jpg前回紹介させていただいた小豆を磨ぐ妖怪の話ですが、ラフカディオ・ハーンが蒐集した日本の怪談の中にも収録されており、ろくろ首やのっぺらぼうと並び国際的にも有名な妖怪なのだそうです。
ハーンの作品は最初、英語で書かれニューヨークの出版社から発表され、本格的に日本語に翻訳・紹介されたのは大正末期からで、ハーンが生きていた時代の日本では知られていません。
当時の日本は明治維新を迎え文明開化に沸き立っており、日本人が欧米列強に恥ずべきものとして隠ぺいしようとしていた古い伝統や文化・風習・慣例を海外に紹介しようとしていた外国人の存在など知らなくて当然だったのかもしれませんね。
さて、今回は何がいいたいのかというと、妖怪変化の話ではなく表題にもあるように武士道のお話です。
ハーンが武士というものをどのように捉えていたのか、秋田県に伝わる怪談話の中からご紹介します。

むかし、佐竹様が水戸から久保田に移られた時、茂木百騎と言われる武士団の中に、妹尾五郎兵衛兼忠という青年武士もいて、横手に住居(すまい)することになった。
ある朝のこと。
「今日がら 朝まの勤めだど。遅れれば武士の恥だ」
五郎兵衛あわてて起きて、身支度をすると急いで家を飛び出た。
「ありゃ、おかしなや。誰も歩いてね」
五郎兵衛は時刻を間違え、家を早く出てしまったのに気づいた。
蛇の崎橋まで来たら、向こうの方から赤子(ぼんぼこ)抱いた女が歩いて来る。
「こんたに朝早くがら何したべ」
知らんぷりして通りすぎようとしたら、女の人は五郎兵衛の顔を見て、
「申しわけねす。してあっこの間(少しの間)、この童こどご、抱えででたんせ」赤子を差しだした。
「誰か通る人えねがや」あたりを見ても人っこ一人通らない。
五郎兵衛、仕方なくごつい手で赤ん坊を受け取って抱いた。
女は軽く辞儀すると急いで歩いたかと思ったら姿が消えて見えなくなった。


女子供に優しいのが武士としての必須条件らしいのですが柳生但馬や宮本武蔵が女性に優しかったという話はあまり聞きません。
そればかりか、修行の妨げになるといって武士は女人を疎んじてたような気がしますが、細かい事は置いといて次に行きましょう。
 
赤子は泣きもしないで静かに抱かれていたが、ずーんずーんと大きくなっていく。
「何じょしたべ(どうしたんだろう)」
赤子を見ても 小さいまま静かにしている。
「おがしなや」しばらく赤子を見て思案していた。そして考えついた。
身体中がザワーッとして冷や汗が流れた。
「んだ、大きくなってるなでねえっ。目方こ増えてるなだ。
七、八百匁の赤子だと思ってえだば、今なば五貫目ぐれあるな」
五郎兵衛が気づいてからも目方は増え続けて、
三十貫、四十貫、五十貫と重くなる。
「重でなゃ。重でじゃ」赤子を見たら両眼カーッと開いでにらみつける。
「怪しい女ごに、怪しい赤子、油断されね」


妖怪に騙されていたと気付いてもなお、約束は守り通すのが武士というものだそうです。
単にお人好しと言ってしまえばそれまでですが、愚直に信念を貫くのが大事なのでしょう。

「手もげるじゃ(手が抜けそうだ)なんまんだぶ、なんまんだぶ、なんまんだぶ」
五郎兵衛が思わず念仏を唱えると、赤子はたちどころに軽くなり、女の人が忽然とあらわれた。
 

さすがに自分の力ではどうしようもなくなると、神頼みをするところがポイント。
武士のくせに他力本願なんてカッコ悪いと、現代人の感覚でいえば思えるかもしれませんが、ここが大事なところなので覚えておいてください。

「兼忠殿。私は産土(うぶすな)の神。
たった今氏子さ大変だ事おきて行って来たす。
これは、さっとだども(ほんの僅かだけれど)お礼だす」
と財布を差しだした。
五郎兵衛は断って、赤子を手渡した。
「そしたら兼忠殿に力を授けます。武士には力が一番大切だす」
と言うと、産土の神は消えてしまった。
お城の勤めを終え、五郎兵衛が顔を洗っていつもの手ぬぐいをしぼったら、手の中でちぎれてしまった。
新しい手ぬぐいに替えてもバサバサにちぎれてしまう。
産土の神は約束どおり、五郎兵衛に大力を授けていた。

とっぴんぱらりのぷう


e0078674_456154.jpg神が念仏によって助けられるという矛盾したお話ですが、神仏習合の日本人にはそんな事はどうでもいいのでしょう。
ハーンは本名をパトリック・ラフカディオ・ハーンといい、ラフカディオはミドルネームで、ファーストネームはアイルランドの守護聖人・聖パトリックに因んでいるのですが、ハーンはキリスト教の教義に懐疑的であったため、この名をあえて使用しなかったそうです。
ハーンが愛し、その存在を信じた神様とは、氏子とともに土埃にまみれ額に汗し、苦しみ喜びを分かち合う人間臭い神様だったに相違ありません。
ハーンは日本を美化しすぎていると批判の声もありますが、武士はかくあるべしと描いたハーンの理想は評価できるのではないのでしょうか。
[PR]

by sweetmitsuki | 2009-11-26 20:28 | おどろけー | Trackback | Comments(5)

君が代について語るつもりは御座いませんが


今から六十余年前の戦時中、日本国民はどのような食生活を送っていたかご存知でしょうか。
これは私が私に血を分けて下すった祖父母から実際に経験した話を直接聞いたのですから、絶対に間違いではないと確信しているのですけれども、当時日本人はお粥はおろかすいとんすら口に出来ないような毎日を送っていたそうです。
すいとんといっても、現在あるような美味しいすいとんではなく、粗悪な小麦粉で作ったとても不味いすいとんです。
そして、それを見ながら当時の日本の施政者たちは
「足らぬたらぬは工夫が足らぬ。」
と言って勝てる見込みの無い戦争の継続を国民に強要していました。
日本が戦争を始めた理由について、自存自衛の為に他の選択肢がなかったという意見がありますが、国民を飢死(戦地に赴いて飢死した兵士ももちろん含みます)させてまで戦争を続けたら本末転倒も甚だしいのではないのでしょうか。

さて、
市民革命によって民主的な議会が生まれる前の中世ヨーロッパでは、暗愚な王妃が困窮する国民を見て
「パンが食べられないのならお菓子を食べればいいのに。」
と言って国民から搾り取った税で贅沢な暮らしをしていたそうです。
(この話は伝説に過ぎず、かの王妃は実際にはそんな事は言わなかったといいますが、その辺については省略します。伝説が史実でないから話に値しないというなら、古事記だって伝説に過ぎません。)

他所様のブログで波風を立てるような事を書いては拙いと思ったので、ちょっとした皮肉を込めて「日本にはそんな阿呆な施政者はいなかったのでしょう」と書いたのですが、実際には
「足らぬたらぬは工夫が足らぬ。」
と言って国民を飢死させてまで負けると分かっている戦争を続けた阿呆な施政者が日本にはいたのです。

まぁ、六十余年前の話ですし、昔の事をほじくり返してもしょうがないかと思っていたら、つい先日、政治家の家系に生まれたお坊っちゃま総理大臣が、取得した株や有価証券の記載漏れを指摘された際
「恵まれた家庭に育ったものですから、資産管理が極めてずさんだった。」
とのたまったそうで…

やれやれです。
[PR]

by sweetmitsuki | 2009-11-19 20:34 | ぬくぬく引きこもり記 | Trackback | Comments(8)

ここは天国じゃないが、かといって地獄でもない

なんか、今月12日に天皇の即位20周年を祝う祭典が行われたそうで、即位の礼は1990(平成2)年の11月12日だったので、まだ19年しか経ってないような気がするんですけど、まァいいですか。
20年前と言うと、ずいぶん昔の事なので、よく覚えてないのですが、その頃まだ日本は景気が良くて、うちはその頃から貧乏だったので縁がなかったのですけど、年末年始を海外で過ごす人も多く、成田の出国ラッシュでTVのインタビューに
「ハワイで自粛して来ま~~す。」って満面の笑みを浮かべて答えてた人の白い歯がやたら眩しかったのだけははっきしと記憶に残っています。
そうそう、あの頃は紀子さんもまだ嫁いでなくて、昭和天皇は曾孫の顔を見ずに崩御しちゃったんでしたっけ。
「21世紀には天皇制なんて無くなってる。」って学校の先生だか誰だかが予言してましたが、外れでしたね。
予言といえばノストラダムス、あれも外れましたね。
今度はマヤの予言とやらで、2012年に人類は滅んでしまうそうですが、あと3年ぐらいで本当はどうなるのかわかる話ですから、気長に待ちましょう。
宮崎勤が逮捕されたのもこの頃でしたっけ。
私、こんな悪い人は今後絶対に現れないだろうって当時思いましたけど、これも見事に外れでした。
消費税が導入されたのも、湾岸戦争が勃発したのもこの頃でしたね。
なんだかんだいって私、けっこう覚えてますね。ちょっとだけアンチョコ見ましたけど。
見たといってもちょっとだけですから、間違ってたらスイマセン。
こうして振り返ってみると、政治も経済も国際情勢も国内治安も20年前と比べてどんどん悪くなってますねぇ。
まぁでも、当時と違って初対面の人から血液型を聞かれる事がなくなりましたね。
私、子どもの頃からあれが大っ嫌いで、どうしてそんな事で人の性格を判断するのって憤慨してました。
あと、不景気で貧乏な人が珍しくなくなったので、変な見栄を張らなくて済むようになりましたね。
良くなった事といえばそのくらいですけど、右へ倣えが苦手な、捻くれ者の私には、けっこう住みやすい時代だったりします。
[PR]

by sweetmitsuki | 2009-11-16 23:16 | ぬくぬく引きこもり記 | Trackback | Comments(8)

あずき洗い

e0078674_14363699.jpg埼玉県川越市下小坂には、かつて小豆婆という妖怪が現れたそうです。

現在下小坂公民館が建っている場所は、西光寺という新義真言宗智山派の廃寺跡で、樹木がうっそうと生い茂り、日中でもうす暗くてさみしいばかりではなく、うす気味悪い所だった。だから、村の人はふだんはここへは近づかず、「ならいどの捨場」といって、瀬戸物やガラスの破片、トタンの切れ端し、あるいは鳥や犬、猫の死んだのを捨てていた。いつの頃からか、雨模様の夕方などはここから、
  ギショギショ  ザクザク
と、まるで小豆をといでいるようないやな音が聞えるといううわさがたった。だれ言うとなく、あの音は小豆婆が小豆を洗う音で、小豆婆は子供を捕えては食ってしまう恐ろしい婆と言われるようになった。
だから下小坂では、親の言うことをきかない子供や夕方遅くまで遊んでいる子には、
「小豆婆にさらわれてしまうぞ」
と言ってしかったものだという。

  川越の民話より


誰も居ない筈の場所に、誰か居るかのような物音がする。
でも、音の主は正体を現わさない。
そんな恐怖が、小豆婆の本質なのでしょう。
民俗学者の柳田國男氏によれば、小豆婆は小豆洗いとも呼ばれ、北海道と沖縄を除く全国各地に伝承が残るとても有名な妖怪なのだそうです。
それにしても、似たような音は他に幾らでもあるのに、姿を見せないこの怪異がどうして小豆を洗っていると決め付けたのか、柳田國男先生も首を傾げたそうですが、普通にあんパンを食べている私たち現代人にはピンと来ない話のようですけど、かつて小豆は、特別な日にしか食べない特別な食材だったのと関係があるようです。
お赤飯がその代表で、おはぎ、牡丹餅、柏餅など、数え上げたらキリがありません。
小豆じゃなくて大豆も、節分の日には鬼を追い払うのに撒きますし、お稲荷さまに捧げる油揚げは、大豆の生成品です。
けれども、恐ろしい鬼が豆をぶつけたぐらいで逃げていくとも思えませんし、お稲荷さまは狐だから油揚げが好物だとかいわれても、本当に狐なら油揚げより生肉のほうが好きでしょうに、どうも無理矢理こじつけてるとしか思えない節があります。
肉といえば、羊羹は読んで字の如く羊のスープだったものが、肉食を戒める禅僧によって小豆に換えられたとか、牡丹餅も、猪鍋を牡丹鍋というように元々は猪肉だったものが小豆に換えられたとか(詳しくはコチラ)やはりここでも小豆が登場します。
古代、人間が狩猟を放棄して動物の肉から得る事が出来なくなったタンパク質やビタミンを小豆や大豆は多く含んでいて、それらを積極的に摂る事が大事だと、科学というものがなかった昔の人は経験から知っていたのでしょう。
それにしても、お稲荷さまがいまだ現役の神様として活躍しており、鬼も退治されるという損な役回りながら節分の日には欠かせない存在なのに、小豆婆、小豆洗いはいまいち有名じゃないのがちょっとかわいそうです。
e0078674_15424947.jpg
最後に、調べていて偶然見つけた、本当にあったという不思議な話をひとつ。

幼稚園のとき、母の実家に遊びに行った。H県のものすごいド田舎。

しばらく家の中にいると外から
「遊ぼう~」
と声がするので外を見るとどこかの姉と弟らしい子供が2人いた。
「ちょっと遊びに行ってくる」
と言って外へ出て、田んぼの畦で遊んでいた。
すると近くを流れていた小川の方から
ざくざく、ざくざくっていうザルで碁石を洗うような音が聞こえてきた。
3人で音のする方に行ってみたが誰もいない。
でも音だけはざくざく、ざくざくって聞こえている。

「あずき洗いだ!」
おねえちゃんがそう言って一目散に逃げ出したので、
急に怖くなって後ろも見ずに家に走って帰った。

家に帰って母にそのことを話すと、
「誰と行ったって?」と、そちらの方が不思議そうな顔。
「どっかのおねえちゃんと男の子、遊ぼうって迎えに来たじゃん!」
と言ったら、
「あんたの出て行くの見てたけどずっと一人だったよ」

一緒にいたじいちゃんとばあちゃんも声も聞かなかったし、
そんな子迎えに来なかったと証言し、
「狐にでも誘われたんだべ」と言われた。

なんか二重に不思議な体験だった。


小豆洗いは子供を捕えては食ってしまう恐ろしい妖怪ではなく、子供の健やかな成長を見守る神様なのかもしれません。
[PR]

by sweetmitsuki | 2009-11-14 14:42 | おどろけー | Trackback | Comments(2)

狡兔尽きず良狗烹られず

e0078674_1312578.jpg日本史で一番面白いのは縄文時代で、史上最も傑出したアートといえば誰が何と言っても縄文式土器でしょう。
このマガマガしくてキミョウキテレツでマカフシギでワケワカンナイマジカルなものを作った人と同じ血が、今私の体の中を駆け巡ってるのかと思うとゾクゾクします。
埼玉県富士見市水子貝塚からはムササビが飛翔する姿が描かれている縄文式土器が出土しているのですが、この写実的に表現された動物像は、製作者の単なる気まぐれなのか、それともそうではなく、例えばの話、彼らにとってムササビは森の神さまの神使で、森の恵みの豊穣を祈願してこのようなものを作ったのだとか、そういう宗教的というか呪術的な意味が込められているのかどうかは、今のところ残念ながら分かっていません。
それにしても、縄文時代が面白いのは、中国で孔子が生まれた頃、日本はまだ縄文時代だった点に尽きます。
つまり、海を隔てた向こうで既に人は壁や床のある住居で暮らし、椅子や机といった家具を用い、調理された食事を摂り、文字を書いて哲学を論じていた頃、私たちのご先祖さまはこんなものを作ってこんな暮らしをしていたんですね。
e0078674_13304566.jpg文明が遅れているといったらその通りですが、貴金属を得るために山を崩し、森を焼き、泉を枯らし、大地を砂漠に変え、今度はその貴金属を奪い合って人と人が殺戮を繰り返すのも文明の成せる業ですから、どっちもどっちなのでしょう。
このブログでも何度か紹介していますが、縄文人の渡航術は侮れないものがあり、当時の日本は海峡によって大陸から孤立していたというのは誤りで、縄文人は船を使って大陸の人びとと活発な交流を行っていました。(詳しくはコチラ
何千年もの間、文明に侵されず、私有財産を持たず、自然と調和した生活を続けていた縄文人、侮れません。
縄文人は狩りをして獲物を仕留めて生活していたので、猟犬と生活を共にしており、飼い犬が死ぬと人間と同じ場所に埋葬していた事が遺跡から明らかになっています。
日本に古来から伝わる宗教、神道のルーツは縄文時代まで遡るのではないかと私個人は考えているのですが、はっきしした事はまだ分かってないのだそうです。
今後の調査で、真相がどう解明されるのか、目が離せません。
e0078674_14162848.jpg

[PR]

by sweetmitsuki | 2009-11-01 13:49 | 古代史でポン | Trackback | Comments(4)