mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新のコメント
佐平次さま 私なんて、..
by sweetmitsuki at 04:32
この人たちの人生を思うと..
by saheizi-inokori at 21:30
八曜社さま 靖国神社は..
by sweetmitsuki at 06:05
そうですね。mitsuk..
by stanislowski at 21:05
あんつぁん 日本が唯一..
by sweetmitsuki at 23:08
何時の世も、国内の不満を..
by antsuan at 14:55
騒げば騒ぐほど軍産複合体..
by sweetmitsuki at 05:25
少し騒ぎすぎじゃないです..
by saheizi-inokori at 22:14
あんつぁん 3/4世紀..
by sweetmitsuki at 06:01
怨霊を鎮めて護国の任務を..
by antsuan at 08:10
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧


ハーブの収穫

e0078674_188336.jpg

エブ&フローシステムによるハーブの栽培を始めて2カ月、ペパーミント、セージ、レモンバーム、タイムのうち、ペパーミントとレモンバームの発育は順調なのですが、セージとタイムは芳しくありません。
この四つのハーブは、育て易いからという理由でチョイスしたんですけどね。
もしかしたら装置の欠陥で、セージとタイムは端の方に植えてあるのでうまく培養液が循環しない可能性はあるのですけど。
それはそうと、気取ってハーブを栽培するよりも、三つ葉や芽葱とか、みそ汁やうどんの薬味に使える野菜を育てた方が実用的なんじゃないかと気付き始めて来ました。
欧風よりも和風の方が、やっぱし日本人には分相応なのかも知れません。
セージとタイムは、肉料理の香り付けに必要なハーブで、これらのハーブをふんだんに使ったハンバーグを作ってみようかと思ってましたが、市販の乾燥ハーブでも充分間に合うので、わざわざ育ててみる必要はないのではと。
e0078674_18354825.jpg

ペパーミントとレモンバームはお菓子のトッピングに使えるので試してみました。
鼻に抜ける香りは摘みたてならでは。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-04-18 18:08 | ハンドメイド大好き | Trackback | Comments(4)

プロジェクトAB

e0078674_1841996.jpg居酒屋さんなどで供されている「川エビの唐揚げ」の川エビは、手長エビともいいまして、四万十川とかきれいな川の流域にしかいないのかと思っていましたが、東京都区内の河川や親水公園でも普通に獲れるのだそうです。
一時は公害の影響で姿を消し、一部の場所を除いてほとんど見られなくなってしまったそうですが、都心とその周辺の水質・環境の改善が進むと、それまで影を潜めていた手長エビも急激に復活したのだそうです。(詳しくはコチラ
環境問題が取り沙汰され、暗いニュースばかりが目につく昨今、久々の明るい話題です。
と、いう事は、去年の夏に子供たちが泥まみれになって網ですくっていたあのエビは、居酒屋メニューの定番だったのでしょうか。
こうしちゃいられないと、さっそく網を持って突撃です。
実は暖かくなったら、原始人ごっこみたいな事を始めてみようと企画していたのですが、やっぱし都区内というロケーションでは、野草摘みや木の実拾いが関の山で、それはそれで楽しいのですが、いまいち原始味に欠けると思っていたところなので、曲がりなりにも動物であるエビは野趣に溢れてて恰好の獲物です。
ちなみに河川での釣りは、そこの管轄の漁業協同組合が発行している遊魚券を買わなければならず、場所によっては川エビも例外ではないそうなので、事前に確認が必要ですが、やはりお金を払って猟を楽しむというのは原始人っぽくないので、タダで出来るところを探すのが無難です。
e0078674_19133291.jpg現場に着くと、桜は咲いたとはいえまだ水は冷たいというのに、たくさんの原始人子供たちや家族連れが網を持って悪戦苦闘しておりました。
捕まえ方には、釣りや仕掛けなど、色々な方法がありまして、簡単なのは、パンの耳を水に浮かべておくとエビが集まってくるので、それをパンの耳ごと網ですくい上げるのがいちばん易しいと思います。
ほとんどの人が、闇雲に網を振り回して泥まみれになって捕まえてましたけど。
やはりまだ寒いせいか思うように釣果は上がらず、しかも手長エビという名前なのに、獲れたエビは全然手が長くありません。
気になったので、よその人たちのバケツを見てみると、ちゃんと普通に手の長いエビが入っています。
「もしかしたら私だけ違うエビを捕らえてるのかも?でも今さら泥まみれになるの嫌だなぁ。」
と、一抹の不安を抱えつつ、その日は帰宅。
もしも違うエビでも、食べてみて美味しけりゃそれでいいのです。
一晩綺麗な水で活かして泥を吐かせます。
e0078674_19441100.jpgその後、酒を注入。
末期の酒で成仏させてやります。
唐揚げなので片栗粉をまぶしましたがこれは省略しても大丈夫。
その場合は、素揚げというのが本当ですが、細かい事を気にしてはいけないみたいです。
お味はといえば、普通にエビの味がしました。
特に泥臭いという事もなければ「冷凍ものとは鮮度が違う!」と、感動するような事もなく、普通に、しらす干しの中にたまに混じってる桜エビみたいな味です。
エビの旬はGWを過ぎたあたりからで、その頃になると10センチクラスの大きなエビも採れるそうですから、まだちょっと早かったみたいでした。
それでも、居酒屋メニューが近くの池に棲んでいるという事実を知ったのは、大きな収穫だったのでした。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-04-05 20:05 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(6)