mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
佐平次さま 私なんて、..
by sweetmitsuki at 04:32
この人たちの人生を思うと..
by saheizi-inokori at 21:30
八曜社さま 靖国神社は..
by sweetmitsuki at 06:05
そうですね。mitsuk..
by stanislowski at 21:05
あんつぁん 日本が唯一..
by sweetmitsuki at 23:08
何時の世も、国内の不満を..
by antsuan at 14:55
騒げば騒ぐほど軍産複合体..
by sweetmitsuki at 05:25
少し騒ぎすぎじゃないです..
by saheizi-inokori at 22:14
あんつぁん 3/4世紀..
by sweetmitsuki at 06:01
怨霊を鎮めて護国の任務を..
by antsuan at 08:10
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2010年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧


東の島行ったらお宝いっぱい大勝利

石油が原料のプラスチックで出来たエコ箸とかいうのを石油が原料の洗剤で洗って使うのと、間伐材で作った割り箸を使って使い終わったら発電所の燃料として再利用するのと、どちらが地球に優しいと思いますか?
自然エネルギー先進国といわれているデンマークでは、可燃ごみを発電所の燃料に使うのは常識中の常識なんですけど、残念な事に日本では、せいぜい公営プールの水を温めるぐらいにしか使われていません。
同じ事を何度も何度も繰り返すようですけど、もしも日本がデンマークのような福祉国を目指すのなら、こういうシステム論から見つめていかなきゃいけないんです。
何も知らないくせに精神論だけ唱えて、消費税の増税も止むなしなんて安易な事をいうべきではないんです。
私、この件では本気で怒っていますからね。
e0078674_944056.jpg

以前私は冗談半分で、日本人なら日本人らしく森林資源を使って石油資源の依存から抜け出すべきですみたいな事をここに書いたのですけど、本当にそれを実現させようと真剣に取り組んでいる人たちがいる事を、この本で初めて知りました。
石油に頼らない ―森から始める日本再生―
養老孟司+日本に健全な森をつくり直す委員会 編著
北海道新聞社刊

石油や石炭は掘りつくしてしまえばそれで終わりですけど、森は生きているので、上手く付き合えば永遠に人類と相互扶助関係を築く事が出来るのです。
それについては、良い話と残念な話があります。
良い話とは、日本は国土の2/3が森林で、資源に満ち溢れているという事。
残念な話とは、日本の林業はヨーロッパに比べて、30年以上も遅れているという事。
日本にも伝統的な林業はある事にはあるのですけれども、それは例えば伊勢神宮の宮域林のような特殊なもので、利益を出せてそれでいて持続可能な林業というと、一からやり直さなければならないそうです。
日本の林業が衰退したのは安い輸入材が入ってきたから(この認識そのものが事実誤認なのですけど)といわれているので木材は人件費の安い途上国から来ていると思っていましたが、世界で使われている産業用木材の2/3は、ヨーロッパをはじめとする先進国で栽培されているのだそうです。
しかも木材を輸出している国の林業者は、日本の林業従事者よりも高い報酬(賃金だけではなく社会的地位も含めて)を得ています。
それなのに、地球の裏側まで高い輸送費を払って(ここでも石油が使われている事に注目)運んで来てもコストが合っているという事は、法隆寺の歴史を持つニッポンは、ブーフーウ―の国に木の文明で負けてしまっている事を、素直に認めざるを得ません。
具体的な例を挙げてみますと、ドイツの主要産業といえばベンツやBMWといった自動車産業ですけど、ドイツで自動車産業に従事している人は70万人なのに対し林業従事者は100万人で、一大産業群を形成しているのです。
ドイツの森林面積は1000万ヘクタールですが日本の森林面積はその2.5倍の2500万ヘクタールですから、もしもドイツのような林業が日本に根付けば、大雑把に計算して250万人の雇用が確保出来るのです。
e0078674_1001641.jpgもちろん課題は山積みです。
日本の森林には道がほとんどありませんから裾から全部切ってしまわなければ運び出す事が出来ず、これでは持続可能な林業は無理です。
木を切って運び出す機械も、日本の物は時代遅れで新しいものに換える必要がありますし、とにかく巨額の費用がかかる上に、何より政治力が必要です。(管直人総理大臣も日本に健全な森をつくり直す委員会のメンバーなんですけどね。)
それでも、今の日本に一番必要なのは、未来に対する夢なのではないのでしょうか。
木は成長の遅い生き物で、材木として使えるようになるまでに100年を要します。
22世紀の日本は、どうなっているのでしょう。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-12-29 10:12 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(10)

カラスの羽根に書かれた国書

e0078674_2093085.jpg
コンビニで見かけたので、迷わず買ってしまいました。
日本と朝鮮はなぜ一つの国にならなかったのか
武光 誠 著
新人物文庫

どうして日本は韓国・北朝鮮と仲が悪いのかという事は、私が歴史に興味を持つようになったきっかけの一つなのですけど、それを私は日本が戦争中に悪い事をしたからだと思っていたのですが、この本によると、奈良時代からすでに仲が悪かったそうなのです。
朝鮮半島と日本列島を隔てる対馬海峡は、縄文人の丸木舟でも渡って行けますから、縄文時代から弥生時代、古墳時代あたりまでは、この周辺で暮らす人々は同じ文化を共有し、おそらくは同じ言葉を喋っていたのでしょう。
それがお互いに、国家というものを意識するようになってからは、時には友好的な関係を築き、時には刃を交わしていくうちに、どちらからともいう事なく相手を疎んじるようになっていったそうなのです。
それはどうしてなのかというと、この時代に日本と朝鮮が戦争をしなければならない状況に陥ったらどうなるかシュミレーションしてみるとよくわかります。
朝鮮から見て日本の国土がどれくらいなのか、当時の人には知る術はありません。
奈良の都の東に、どれくらいの人が住んでいて、どれくらいの田畑が拓かれていて、どれくらいの鉱山が眠っているのか皆目見当もつきません。
逆に日本から見れば、朝鮮の国土は一目瞭然です。
対馬海峡から中国国境までが朝鮮なのですから、兵士となる人民がどれだけいて、兵糧となる田畑がどれだけあって、武器となる鉱山がどれだけあるのかおおよその見当はつきます。
朝鮮としては、こちらの情報は筒抜けなのに相手の情報は分からないというのでは戦争になりません。

最近では、聖徳太子はいなかったという説が有力ですけど
「日出処の天子、書を没する処の天子に致す。恙なきや」
という国書を中国の皇帝に送ったのは事実です。
中国の皇帝はカンカンに怒りますが、すぐに思い直します。
辺境の少数民族が中華帝国を滅ぼすというのは、決してあり得ない話ではないからです。
日本の国土がどのくらいなのか分からないのは、中国も一緒です。
そこで中国は日本を「化外慕礼」の国として扱うようにします。
これは「王家の外から礼を慕って来る事」つまり中国の属国ではなく「皇帝の支配権の外から中国の徳を慕って朝貢する国」という意味です。

もしも古代において、ヨーロッパの国々がそうであったように、果てしない戦争を繰り返していたのなら、現在の日中朝韓関係は、まったく違うものになっていたのかも知れません。
でもそれは歴史のifですし、戦争はしないほうがいいのですから、今の状況を受け入れるしかないのでしょう。

表題の「カラスの羽根に書かれた国書」とはこの本で紹介されている「日本書紀」に記されたエピソードから拝借しました。

敏達天皇元年五月、高麗の使者は烏の羽根に墨で書いた国書を持ってきた。
黒い羽根に書かれた黒い文字は誰も解読することが出来なかったが、王辰爾ただ一人だけが、羽根を炊飯の湯気で蒸した後、柔らかい上等な絹布に羽根を押しつけて文字を写し取り、読むことが出来た。


何だかスパイの暗号文みたいで面白いです。
この話はたぶん、針小棒大に脚色された作り話なのでしょうけれど、当時の外交の様子を知る上で興味深いです。
外交とは今も昔も、お互いに騙し合い探り合う、武器を使わない戦争に他ならないのですから。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-12-24 21:15 | 古代史でポン | Trackback | Comments(4)

こんな顔かえ?

e0078674_18324663.jpg東京は不思議な街で、赤坂のような中心部でも御濠の森は鬱蒼と生い茂り、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような気分にさせられてしまいます。
今からおよそ100年前、その赤坂で本当に起きたという不思議な事件を、ラフカディオ・ハーンが書き記しています。

日も暮れ、人通りもなくなった坂道のわきの濠沿いに、しゃがみこんで泣いている女中がいた。
そこを通りかかった商人が、心配して声をかけると、振り向いた女中の顔にはなんと目も鼻も、口もついていなかった。
肝を潰して、無我夢中で坂道を駆け上って逃げて行くと、闇の中に蕎麦の屋台の灯りをみつけた。
「でっ、出た~~!!」
「出たって、もしかして、こんな顔かえ?」
その蕎麦の屋台の親爺にいまの出来事を説明しようとすると、こちらを振り向いた親爺の顔にも、何もついていなかった。


このお話はホラーの中にシュールな笑いを含んでいるので、落語の高座にあげられる事もあるのですが、他にも「かけひき」ですとか「鏡と鐘」ですとかハーンの怪談には笑えるものが数多くあります。
そして落語にも「黄金餅」ですとか「らくだ」ですとか死をテーマにした演目が沢山あります。
ハーン作品と落語に共通する人の不幸を笑うという日本独自の文化についてハーンは自著「知られぬ日本の面影」の中で「日本人の笑い」というタイトルで次のように述べています。

日本人は、どんな恐ろしいものを前にしても、決して笑顔を崩さぬよう悠久の昔より御先祖様から親から子へ、それはそれは念入りに良く躾けられています。
恐怖を顔に出したら、周囲にいる大切な人に心配をかけさせたり、不安に陥れたりしてしまうからです。
そして何より愚かな事には、心の良くない者に、つけ入る隙を与えてしまいます。
笑顔の持つ魔法の力を、日本人ほどよく知ってる人は、残念ながら西洋にはいません。
周囲の人々の平穏な生活なくして、個人の幸せなどあり得ないのですから、そうであるからこそ無私と忍耐を自分の中に培う必要があるという事を、日本人ほど広く一般に理解している国民は、他にいないでしょう。


私たち日本人が怖いものを面白がったり、意味もなくニコニコしてるのは、ハーンのいうような崇高なものとはちょっと違うような気がしますけど、ハーンが間違って理解しているのか、それとも明治の人は本当にそうだったのか、今となっては分かりません。
ハーンは筆の端々に

やがて日本の街並みも、西洋の都市と変わらなくなってしまうでしょう。
そして日本人の心の特性も失われてしまうでしょう。


と、嘆きと諦めの言葉を綴っています。
確かに100年の時が流れ、日本はすっかり変わってしまいました。
それでも最初に述べたように、東京の中心部でさえ、森の木々は元気に枝葉を空へ伸ばし、大地に根を広げています。
人間はどうでしょう。
ハーンの事です、伊邪那美命の統治する国から今も、こちらを窺っているに違いありません。
「日本人はノッペラボーになってしまった。」
と、ハーンをびっくりさせてしまったら大変です。
いつでも、どんな時でもニコニコしていましょう。
e0078674_19235147.jpg
紀伊国坂を上りきった所にあるお蕎麦屋さんで、たぬきそばを頂きました。
ちゃんと店員さんが、笑顔で接客してくれましたよ。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-12-19 19:27 | おどろけー | Trackback | Comments(4)

遊びをせむとや生まれけむ

ブログ仲間のあんつぁんから藤原正彦の「一学究の救国論 日本国民に告ぐ」(文藝春秋七月号)を読むよう勧められ、早速書店にてバックナンバーを発注したのですけど、抜粋ならネットで読める事を発見し、愕然。(読みたい人はコチラ
読んでみての感想ですけど、確かに日本は『他の大陸とは別の独特な文明』を築いていましたが、それを誇らしいと思うかというと、正直ちょっと首を傾げてしまいます。
誤解のないよう言っておきますけど、私は日本が好きです。
畳の部屋はやっぱし落ち着くし、和服を着れば凛とした気分になれますし、世界中のどの絢爛豪華な御馳走珍味よりも、ご飯とみそ汁の食事のほうを美味しいと感じます。
そして何より、日本のマンガやアニメやキャラものが大好きです。
e0078674_20552338.jpg
でも、それを誇らしいと思うかどうかは別物だと思うのです。
だいたい日本という国は、神話である古事記からブッ飛んでいます。

天の岩戸の前でヤオヨロズの神々がどんちゃん騒ぎをはじめ、女神がノリノリで踊り出し
「胸乳掛き出で裳紐を女陰に忍し垂れ」
神たちはどっと笑った。

世界中の神話・創世記をすべて知ってる訳ではありませんが、裸踊りで夜が明けたというのは日本だけではないのでしょうか。
平安時代になると遣唐使船が廃止になり、かなという簡体文字が生まれ、国風文学が生まれるのですが、これが世界に誇れるものかというと、やっぱし首を傾げてしまうのです。
平安文学を代表する作品といえば清少納言の枕草子がその代表ですけど、「春はあけぼの」というイントロが有名なので、全編にわたって移ろいゆく四季の美しさが描かれているのかと思ったら大間違い。
どこぞのお局がいけ好かないとか、話題のイベントがどーとか流行りのファッションがこーとか、今どきのOLが書いてるブログのような内容でほぼ埋め尽くされているのです。
もちろん、その観察力の緻密さ、着眼点の鋭さは、千年の時を経て色褪せる事のない大天才の成せる業ではあるのですけど。
遣唐使船をやめてしまった事により、仏教も日本独自のものに変化していきます。
鎌倉時代に吉田 兼好が書いた「徒然草」というエッセイがあるのですけど、後二条天皇から六位蔵人に任じられ、為世門下の和歌四天王の一人にも数えられた高僧が書いたものだから、悟りを開いた聖人の幽玄の境地が描かれているのかと思ったら、これまた大間違い。
「人が煩悩を捨て去るのは不可能である。」と、断言しちゃってます。
美しい女性に見惚れ、好きなもの食べたさに散財し、他人から見れば下らないとしか思えない事に一生を費やすのが人間なのだと言ってしまえばそれもまた真理なのですけど、戒律の厳しい他の仏教国の人が読んだらどう思うのでしょうか。
時代は下って江戸時代になると大衆文化が華開きますが、例えばその頃の卑猥な歌に

「称徳は崩御、崩御と勅(みことのり)」

というのがあって、これは奈良時代の歴史を知らなければ意味が分かりません。
落語の演目にも「ちはやぶる」とか「一目上がり」とか、かなり高度な教養がなければ笑えない噺は幾つもあるのですけど、だからといって内容が高尚なのかというとそうでもなく、くだらないのが多いです。

繰り返していいますけど、私はそんなくだらない日本文化、日本文明が大好きです。
でも、それを誇りに思えるのかというと、やっぱし首を傾げてしまうのです。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-12-09 21:36 | ぬくぬく引きこもり記 | Trackback(1) | Comments(6)

どうして日本は戦争をしたの?

今年の8月15日の終戦の日、どうして半世紀前、日本は戦争をしたのかという事に付いて私なりの考えをこのブログで述べたのですけど、我ながらぐちゃぐちゃの内容で、いつもコメントをくださる方々からひんしゅくを買ってしまいまして、こんな事ではいけないと思い、新しく調べた情報を交えて、開戦の日を明日に控えた今日、もう一度この問題を考え直してみたいと思います。
とはいえ、たった半年しか経ってなくて同じ人間が考えてる事ですから、相変わらずの内容なのですけれども。

戦前の日本は高額納税者しか政治に関われなかったので当時の政治家はみんな富豪だったというイメージがありますけど、実際には今でいうやくざの親分といった人が少なからずおりました。
有名な人でいうと、平成に入ってからの総理大臣経験者でライオンヘアーがトレードマークのあの人のお祖父さんも、逓信大臣や衆議院副議長まで務めた代議士でしたが、ひと肌脱げばクリカラモンモンの地元では有名なやくざの大親分でした。
やくざの親分の国会議員だなんて、と、眉をひそめる人もいるかと思いますけど、江戸の昔には時代劇でもおなじみの町火消しと呼ばれる人々が防災はもちろん防犯も含め地域の安全を守っていて、それがそのまま明治に受け継がれてきたのですからやくざの親分がその町の代表であっても当時は何の不思議もなかったのです。
「町火消しの人たちは任侠者であってやくざと一緒にしてもらっては困る。」
そうおっしゃる人がいらっしゃいましたら語弊でした。
私がいいたいのは、当時は江戸に限らず例えば清水の次郎長親分のような任侠者が街の治安維持のために日々奮闘していて、それは明治維新のあとも変わらなかったという歴史的事実が、日本はどうして半世紀前に戦争をしたのか考える上で欠かせないのではないかと思うのです。

任侠とは、仁義を重んじ、困窮する他者のためには進んで身体を投げ出せる精神の事をいうそうです。
そして戦前の人々は、みな任侠心を持っていました。
そう考えれば、どうして日本は戦っても到底勝ち目のないアメリカと戦争をし、市井の人々はそんな軍部に拍手喝采を送ったのか納得がいきます。
弱きを助け、額に汗して働く人が報われる平等な社会を実現しようとしていながら、天皇という特権階級を認めていたのも、上下関係を重んじる任侠心があればこそなのでしょう。
現在では平等な社会の実現というと左よりの人の考える事で、天皇陛下を敬愛すべきだと考えるのは右よりの人で、正反対の考え方ですけど、当時は何の矛盾もなかったらしいのです。

もちろんこれは歴史という大きなものを見る一つの視点に過ぎません。
富士山だって甲斐で見るのと駿河で見るのでは違って見えるように、あの戦争は軍需産業で儲けてやろうと企む人たちが起こしたという見方も出来ますし、それも間違いのない事実です。
それに私は、あの戦争が任侠心溢れる人たちが起こした正義の戦争であったとしても、当時の軍部を肯定出来ません。
「男には戦わなければならない時がある。」なんて、よく考えもせずに言って欲しくないのです。
愛する家族を守るため、命すら投げ出す覚悟があったというのなら、戦う前に、耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍んで欲しかったのです。
e0078674_22505481.jpg

ブログで懇意にさせて頂いている方のコメント欄に、写真のないブログなんてクリープのないコーヒーのようだ(若い人には分かんないかも、いえ、私は分かりますよ。)とありましたので写真を。
記事と関連付けるのなら、スカイツリーは、今から65年前の1945年3月9日深夜から10日、東京大空襲のあった場所に建築中です。
東京大空襲の焼失面積は40平方キロメートル、犠牲者は10万人を超え、一晩のうちに亡くなった人の数でいえば広島に投下された原子爆弾を凌駕し、これは人類史上最悪の大惨事といって間違いありません。
このような凄惨な出来事の起きた戦争を、誰が正しくて誰が悪かったのか問う前に、本当に回避不能だったのかと私は疑問に思うのです。
歴史にifはタブーなのかも知れませんけれども、もしも時間を戻せるのなら、どうすれば戦争が起きなくて済んだのか、これからも私は考えていきたいと思います。
[PR]

by sweetmitsuki | 2010-12-07 22:27 | 東京大空襲を忘れない | Trackback | Comments(4)