mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のコメント
あんつぁん ズッキーニ..
by sweetmitsuki at 05:40
八曜社さま うちでは夏..
by sweetmitsuki at 05:36
佐平次さま 糠床は何度..
by sweetmitsuki at 05:32
夏野菜。清涼感があります..
by antsuan at 20:34
盛夏!と言ったところの食..
by stanislowski at 15:33
糠漬けを始めると欠かせな..
by saheizi-inokori at 09:10
あんつぁん 今どきは、..
by sweetmitsuki at 06:16
今年は空梅雨のようでちょ..
by antsuan at 20:17
佐平次さま 掃除をして..
by sweetmitsuki at 20:36
効きそう、なんにでも。
by saheizi-inokori at 09:43
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧


そばの怪異

e0078674_1640384.jpg秋もどんどん深まって新米も新そばも美味しい季節ですね。
「時そば」という落語の演目は、普段あんまし落語を聞かない人でも知ってるという、超メジャーな噺のひとつですが、この噺、よく聴くと不条理なことがたくさん出てきます。
まあ、不条理な話が落語なのですから、当然といえば当然なのですけど。
まず、そばのメニューといえばきつねかたぬきと決まっていそうなものですけど、ここではそんなメニューは出てこず、替わって、「しっぽく」と「花巻」という、見たことも聞いたこともないようなメニューが登場します。
名前からして、大昔からあると思っていたたぬきときつねは、実は悠久の歴史から見ればホンの新参ものに過ぎず、きつねやたぬきといった哺乳類が出現する以前は、しっぽくや花巻という、今では絶滅してしまった生き物が跋扈していたという、ロストワールドやジュラシックパークのような時代があったらしいのです。
さて、油揚げの乗っかったそばを、きつねというのは、なんとなくわかります。
油揚げはお稲荷さまの奉納品で、きつねはお稲荷さまの神使ですから。
でも、油揚げのお寿司をきつね寿司とは呼ばないのですから、油揚げのそばを稲荷そばと呼ばないのは変です。
これがたぬきになると、もっとよくわかりません。
一説によると、衣ばっかり多くて種の少ない天ぷらの乗っかったそばのことを、人を化かすからたぬきといい、遂には種を抜いてしまったからたぬきというのだそうですが、それが本当なら、そんな人をバカにしたようなメニューを堂々と看板に掲げる蕎麦屋の主人は、相当いい度胸しています。
別の説では、ラフカディオ・ハーンの「むじな」で、ノッペラボーのお化けがそば屋に化けて客を脅かしたことにちなんでつけられたそうですが、これだとたぬきの説明になってないうえに、そんなそば、怖くてとても食べに行けません。
それに、たぬきやきつねがあるのなら、動物つながりでかつお節を乗っけた「猫そば」や、妖怪つながりできゅうりを乗っけた「かっぱそば」がないというのはどういうことなんでしょうか。
自分で作って食べてみると、結構美味しいのですけど。
話を時そばに戻しますと、しっぽくというのは、今でいう五目そばのような料理なのですが、落語ではちくわし乗っかってません。
しかも一本丸ごと乗っかってるのではなく、良心的な店でさえ厚く切ったものを出し、そうでない店ではかんなで削ったような薄いもので、もっとひどい店になるとちくわ麩で代用していたそうで、ラーメンにおけるなると的な存在だったようです。
しっぽくが絶滅してしまった理由として、同じ五目そばの一種の「おかめそば」が流行ったから、といわれていますけど、最近ではおかめそばもあんまし見かけなくなってしまいました。
きつねとたぬき、恐るべしです。
そばという食べ物は、伝統という鎖に繋がれてはおらず、コロッケそばですとかカレーそばですとか、時代に合わせて常に新しいメニューをリリースしている斬新な食べ物なので、栄枯盛衰は仕方ないのかも知れません。
[PR]

by sweetmitsuki | 2013-10-27 16:59 | おどろけー | Trackback | Comments(4)

森のごちそう

e0078674_15234913.jpg
カメラが壊れてしまったので新調しました。
施工状況を記録するためにカメラは仕事に必需品なのですが、工事現場に持っていくと損耗が激しく、ついには壊れてしまうので、修理するよりも買い換えたほうが早いような、お値打ちのものを選びました。
富士フイルムのFINEPIX JX550です。
でもこれだと、個人的な撮影には満足できないので自分用のカメラも買いました。
SONYのDSC-WX300で、今日はカメラテストも兼ねて森へ行ってきました。
上の画像がDSC-WX300をFINEPIX JX550で撮ったもので、このクラスのカメラだと小さいものを写すのが苦手なのですが、よく頑張ってくれました。
これなら、仕事用はもちろんのこと、個人用としても十分使えそうです。
e0078674_15435723.jpgそしてこれが、DSC-WX300で撮った画像。
このカメラは、暗いところでも肌色を明るく撮れるのが売りなのですけど、なるほど、そのようにちゃんと撮れていています。
バスケットに入っているのは、ドングリではなくスダジイという木の実。
先端がとんがっているのと三角形に割れた帽子で、ドングリとは簡単に区別できます。
これを採ってどうするのかというと、食べるんです。
スダジイの実が生食できるのは有名ですが、これをお店で売っているのを見たことがありません。
ですから、欲しければ森に行って採ってくるしかないのです。
今日、森を訪れたのはこれが目的で、森林浴するだけではパワーが充填できないので、森のエネルギーを直接口に入れてチャージしようという作戦です。
森の樹が、花を咲かせたり実を結んだりするのは、進化の過程で、自らが生き残るために他の生き物と調和する形態を獲得したため。
人間も同じで、人間が働くのは欲得のためではなく、他者や他の自然と調和するためです。
ですから人間も、この樹のように夏の暑さや冬の寒さを凌いで生きていれば、ちゃんと春には花が咲き、秋になれば実がなるのです。
e0078674_1695584.jpg
誰かが先に持って行ってしまったのか、それとも今年は不作なのか理由は不明ですが、いつもなら袋いっぱい採れるはずなのに少ししか採れなかったのですけど、これが人間が農耕を始める前から食べていた「ごはん」です。
フライパンで炒ると殻が取れやすくなるそうですが、今回は生で頂きました。
森に行って森の湧水を飲み、森の樹の実も食べたので、また明日からも頑張れる力が湧いてきました。
[PR]

by sweetmitsuki | 2013-10-13 16:17 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(6)

素敵な未来を教えてよ

e0078674_525574.jpg
日中はまだまだ汗ばむほどの陽気が続きますけど、朝夕はめっきし涼しくなって、肌寒いと感じるようになりましたね。
いかがお過ごしでしょうか。
私とはいえば、相変わらず仕事に忙殺されています。
どのくらい忙しいのかというと、ブログの更新がとうとう9月はできなかったのですから、いかほどのものか察してください。
仕事が忙しいのですから景気はよくなってくと思ったら大間違いで、来年から消費税が上がるので、その前に高額の出費を済ませておこうとみんな考えてるから忙しいというただそれだけのことです。
本当のこというと少し休んで充電したいのですが、消費税が上がった途端、パッタリ仕事がなくなるとみんな思っているから、誰一人文句を言わず働いています。
e0078674_5142373.jpg
アベノミクスであがるのは物価だけで景気はあがらないみたいです。
私の仕事は、公立の小中学校の耐震補強工事が多いのですが、これだって建て替えたほうが早いようなボロい体育館や校舎をわざわざ躯体だけ残して修復するのは、建て替えだと各地方自治体の負担になるのですが、耐震補強工事ということにすれば国から金が下りるので、ゼネコンと天下り官僚が防災を大義名分に国家予算を蚕食するため、わざと手間のかかる工事をしているのです。
そんなことをしていたら、地震や津波が来る前に国が潰れちゃうんじゃないかと思うのですが、一兵卒にそんな発言権はなく、ただ与えられた使命を果たすのみです。
e0078674_5331384.jpg
これから寒くなるにつれて、まだまだ忙しい日々は続くでしょう。
ちょっと疲れてしまったので、休みたいのですが、消費税が上がるまでの辛抱です。
消費税が上がれば、パッタリ仕事がなくなり、日本経済もパッタリ倒れるそうですから、その時一緒にパッタリすればいいのです。
[PR]

by sweetmitsuki | 2013-10-09 05:41 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(6)

Strawberry Paradise

e0078674_14363278.jpg気がついたら夏が終わって秋になっていました。
去年の夏は水やりを怠って、1株だけ残して全部枯らしてしまったイチゴ(タキイ種苗のカレンベリー)を、今年はなんとか8株まで増やすことができました。
10月になったので一回り大きなプランターに移し替えです。
これさえ成功すれば、来年の春には花を咲かせてくれ、実を結んでくれるでしょう。
菜園の管理は難しいです。
ブログにはうまくいった話しか書いてないんですけど、実は半分近くは失敗してるんですよ。
特に今年は、キュウリが全滅でした。
ベランダのも露地のも、一つも実がなりませんでした。
前のアパートは日当たりが悪く、トマトとか全然育たなかったのに、キュウリだけは実がなったんですけど、どうもここの土壌は、キュウリに向かないみたいです。
もうちょっと知識があれば、どうすればいいか解決策が見つけられるのでしょうけど、勉強不足でわかりません。
成功するかどうかは、運に任せるしかないみたいです。。
育て方を教えてくれる教室があればいいのですけど、探しても見つかりませんし、だいいち、忙しくてそんなとこには通えません。
e0078674_151146.jpg
それでもイチゴは、早くも花咲いてくれました。
e0078674_1512871.jpg
そして小さいながら、実を結んでくれました。
来年はいいことがありそうです。
[PR]

by sweetmitsuki | 2013-10-06 15:12 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(2)