mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
佐平次さま 私なんて、..
by sweetmitsuki at 04:32
この人たちの人生を思うと..
by saheizi-inokori at 21:30
八曜社さま 靖国神社は..
by sweetmitsuki at 06:05
そうですね。mitsuk..
by stanislowski at 21:05
あんつぁん 日本が唯一..
by sweetmitsuki at 23:08
何時の世も、国内の不満を..
by antsuan at 14:55
騒げば騒ぐほど軍産複合体..
by sweetmitsuki at 05:25
少し騒ぎすぎじゃないです..
by saheizi-inokori at 22:14
あんつぁん 3/4世紀..
by sweetmitsuki at 06:01
怨霊を鎮めて護国の任務を..
by antsuan at 08:10
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


風に揺れる銀の琴の音

e0078674_23134427.jpg今の季節、朝、街を走っていると道の真ん中に蹲っている人がいるので、あやうく轢きそうになります。
あれは銀杏を拾っているのですね。
銀杏なんて、買えばいいのですし、だいたい道端に落ちてるものを拾って食べる人なんて、今どきいないと思うのですけど、それとも銀杏だけは違うのでしょうか。
ああいう人は、きっと縄文人の遺伝子を受け継いでいるんじゃないかと思っていましたが、縄文遺跡から銀杏は発掘されず、また、枕草子などにも描かれてないことから古代の日本にはなく、中世(室町時代あたり?)に輸入されたものらしいです。
ゲーテが恋人に送ったラブレターの添えられた銀杏の葉は、日本から持ち帰られた種子が育ったものだといわれてますけど、そのころ、日本は鎖国してまして、銀杏ひとつとっても歴史つーのはよくわからんのです。
夏に銀杏を食べないように、銀杏というのはそれほど日持ちのするものでもないらしく、食べるなら今しかないそうです。
銀杏の食べ方はいたって簡単。
まず、銀杏のなってる木を見つけます。これは、臭いですぐわかります。
交通量の多いところは避けたほうがいいと思いますけど、たぶん車のほうで避けてくれるので大丈夫だと思います。
ですが探すなら旧街道に限り、新しい街路樹の銀杏はみんな雄株なので見つけられません。
拾った銀杏は水に漬けてひと晩ふやかし、皮(というか果肉)を剥きます。臭いがきついのと手が荒れるのでゴム手袋は必須。
良く洗ったら、天日で乾かします。ザルよりも、段ボールのほうが水気を取ってくれるのでお勧めです。
乾いたら、殻を割ります。あんまし力が強すぎると潰れてしまいますし、弱いと割れませんから力加減には要注意です。割らずに電子レンジに入れると爆発しますので更に注意が必要です。
うまく割れたら、後は塩と一緒にフライパンで炒るだけ。
拾えばタダで手に入りますけど、こんなものでも買えば200円、料理屋さんで注文すれば更にその倍以上のお値段になります。
車に轢かれるリスク、手に臭いがつくリスク、肌が荒れるリスク、割り損じて潰すリスク、炒り損じて焦がすリスクをかんがえると、高いんだか安いんだかよくわかりません。
少量なら老人病に薬効があるのでそうですけど、食べ過ぎると逆に体に悪いそうなので、その辺の加減も分かりません。
e0078674_0225212.jpg

[PR]

by sweetmitsuki | 2014-11-25 00:22 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(0)

この世をば わが世とぞ思ゑぬ 朔の 満ちたる ことも なしと思へば

今日は旧暦の十月一日なので、月は出ません。
正確にいうと、月は出たのですが、太陽とほぼ同じ方向に出たのですから、太陽と同じように朝昇って夕方沈んだので、見えなかったのです。
三日月がなぜ、夕暮れ刻に忽然と現れるのかというと、月は日毎に、太陽の4/5時間ずつ遅れて昇りますから、日中は太陽が眩しくて見えないのです。
満月のころになりますと、与謝蕪村の「菜の花や月は東に日は西に」という歌にあるように、夕暮れ刻に太陽と正反対の方角に現れます。
これは偶然ではなく、太陽のちょうど正反対の方角に出るからこそ、太陽の光を全面に受けて真ん丸に輝くことができるのです。
その後どんどん月の出は遅くなっていき、十七夜のことは立待月といいまして月の出るのを立って待つのでこういいます。
十八夜のことは居待月といい、立って待つのは疲れるので座って待つからなんだそうです。
十九夜は臥待月といって座って待つのも辛いので寝て待つからそういうのです。
二十夜は更待月といいまして、更に待つのでそういうそうなんです。
と、ここまでは知ってました。
二十夜より月が経つとどうなるのか、今の今まで私は知らなかったのです。
当たり前の話ですが、月の出が遅くなればやがて日の出に追い越され、新月となるのです。
そんなことは少し考えればわかることですし、考えなくても空を見ればわかることです。
こんなことは別に知らなくても恥ずかしいことじゃあありませんけれども、問題なのはブログ仲間の佐平次さんが先日、朝、東の空に月を見た。というっようなことを書いていらっしゃいまして、私はお節介にも、東の空から月が出ても、陽の光が眩しくて見えないはずだから、西の空の間違いじゃないんですかとコメントしてしまったこと。
正解は二十五夜の月は有明月と申しまして、夜明け前に出るので、東の空に朝のまだ明るくなりきらないころには、太陽の少し先に月が見えるのです。
悪気はなかったのです。
ただ、常々この人のブログを拝見する毎に「この人、論は立つけど科学的な事には疎いなあ、疎いくせに変に首を突っ込むから心配だなあ。」と、思っていたので、ついお母さん的な気分でコメントしてしまったのです。
本来ならそう思うこと自体失礼なことです。本当にすみません。
ごめんなさい。
[PR]

by sweetmitsuki | 2014-11-22 19:10 | ぬくぬく引きこもり記 | Trackback | Comments(2)

黒い太陽 八咫烏様 我に力を与えてくださった事に感謝します

e0078674_10212018.jpg
S県H町の旧汚水処理場跡に太陽光発電パネルを作っています。
エコを大義名分にゼネコンと天下り官僚が国家予算を蚕食するため未来を担うエネルギーを作るために頑張っています。
まあ、中間管理職つーのは、正直何をやっていいのかわからんです。
施工は鳶職の人たちがやってくれるので、私は万が一、設計図と製品が違っていたときのために待機しているだけなんですが、現場が大きくなればなるほど、設計図の通りに製品ができてるなんてことはありえないですし、製品が正しくても実測が違ってたりとか、工事にトラブルはつきものなので、とにかく現場にいなくちゃならんのです。
責任は誰かのせいにすればいい、何もしなくていい、と、割り切れれば楽な仕事なんですけれど、何かあったら責任を取らなくちゃいけない、何でも解決できなければいけない、と、常に心配してなきゃならないので、結構辛いです。
思えば入院したのも、この心労ゆえなのですが、それはまあいいです。
私は完全復活したのです。
これから、未来を作るのです。
頑張るのです。
e0078674_10481593.jpg

[PR]

by sweetmitsuki | 2014-11-16 10:48 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(6)

お鍋の中からボワッとインチキおじさん登場

e0078674_6123033.jpg最近、ちょっとした縄文ブームだそうで、縄文人の暮らしを見つめ直そうとかよく聞きますけれど、縄文人がどんな暮らしをしてたかなんて、実際のところ、何もわかってはいないのです。
たとえば縄文人は竪穴式住居に住んでいましたが、これはただの掘っ立て小屋ではなく、わざわざ地面を深く掘り下げて床を半地下にして、その上に家を建てて暮らしていたのです。
通説では、縄文人には床や壁を作る技術がなかったといわれてますが、実際には高床式の建造物が縄文遺跡から見つかっていますし、だいたい、戦後の焼け野原となった日本に最初のころ作られたバラックはみんな掘っ立て小屋で、誰も竪穴式住居など作りませんでしたでしょう。
つまり、縄文人は技術がなかったのではなく、匠の技を駆使してわざわざ床を竪穴式にしていたのです。
竪穴式住居は、雨が降ったら浸水するでしょうし、どうして縄文人が竪穴式住居に住んだのか、まったくわかりません。
夏は涼しく、冬は暖かかったのではないかという説もありますが、そうであるなら現在にもその意匠が受け継がれても良いはずで、今どき誰も竪穴式住居に住まないところを見ると、そういう利点があったとは思えません。
e0078674_6285562.jpg
縄文時代とは、日本にだけ与えられた時代区分で、世界史では石器時代と呼んでいるのですけど、縄文人はその石器にもこだわっています。
縄文人は主に、緑色凝灰岩や緑泥片岩などの石を使って石器を作りました。
これらの石は割れると鋭い形になるため、加工がしやすかったのですが、逆にいえば割れやすいということはそれだけ損耗に弱いということで、使い勝手は決して良くなかったに違いありません。
それなのにどうしてこれらの石を選んだのか、通説によると縄文人には硬い石を加工する技術がなかったといわれてきましたが、実際には縄文遺跡から加工が施された翡翠の装飾品が出土しているので、この説は間違いなのです。
それに、木を伐り倒すのに使ったと思われる磨製石斧には、硬い火成岩の輝緑岩が使われていたのです。
さて、緑色凝灰岩、緑泥片岩、翡翠、輝緑岩、これらの石に共通する特徴とはなんでしょう。
読んで字の如く、緑色をしているということ。
つまり、縄文人は硬さではなく色で石器に使う石を選んでいたのです。
こんなことをいうと、黒曜石は黒いじゃないかといわれそうですが、黒曜石だってよく見れば深い緑色をしています。
縄文人は黒曜石で石器を作ったというのも、教科書に書いてある間違えやすい縄文時代認識のひとつで、黒曜石は長野県の和田峠など、限られたところでしか採れませんから、鏃などの消耗品にはもったいなく、多くは頁岩が使われていました。
そしてもちろん頁岩も、緑色をしています。
e0078674_19101347.jpg
そんな謎だらけの縄文時代に、一石を投じているのがこの本。

月と蛇と縄文人―シンボリズムとレトリックで読み解く神話的世界観
大島 直行著
寿郎社刊


表紙のセンスの良さに釣られて思わず買ってしまいました。
著者によれば、縄文人の「こころ」は、考古学で理解しようとするのはもう限界で、心理学や哲学といった、別分野の学問の力が必要なのだそうです。
どうして土器や土偶は妙ちくりんな形をしているのか?
どうして縄文人は竪穴式住居に住んだのか?
どうして石器は緑色なのか?
本書にはそれらの謎に、答えが載っています。
ですが、本を紹介しておいてこういうことをいうのは誠に申し訳ないのですけど、縄文土器は鍋ではない、などと、あまりにもあんまりなことが書いてあって、私はこの本に書いてある答えがほとんど信じられません。
著者自身、仮に私のいうことが間違っていたとしても、こういう視点で縄文時代を見ることが大事なのだと書いてますしね。
信じる信じないは読んだ人次第ですが、読んでみて面白いことだけは保証できます。
e0078674_19372976.jpg

[PR]

by sweetmitsuki | 2014-11-14 06:30 | 古代史でポン | Trackback | Comments(0)