<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

俺の住んでる町は米軍から遠い なのに家の裏で米軍機が墜ちてる。

e0078674_171482.jpg私は横浜の出身で、郷里を尋ねられると「へえ~、いいところ住んでたんじゃん。」って羨ましがられるのですが、横浜といっても港のあるオシャレなところではなく山のほうなので、千葉や埼玉の新興住宅地とたいして変わりません。
唯一つ違うところがあるとすれば、それは米軍機が墜ちてきた、ということだけです。
1977年9月27日13時過ぎ、厚木基地を離陸し、横須賀を母港とする空母ミッドウェイに向かおうとした米軍機が、離陸直後に燃料満載の状態でエンジン火災を起こしました。
事件の翌日、自転車で現場を見に行ったという男子が「これ、ファントム(米軍機の名前)の破片なんだぜ。」と、あきらかに産廃の屑であろうアルミ片を、クラスのみんなに自慢気に見せびらかしていたのを覚えています。
こういうことをいうと、歳がバレますから割愛させていただきますけど。
なぜ、このような事件が起きたのでしょうか。
お手数ですが、神奈川県東部が載っている地図を用意していただけないでしょうか。
その地図を見たほうが事件の全貌をわかりやすく整理できると思うのです。
さて、地図を用意したら、まずはミッドウェイの母港である横須賀基地がどこにあるのか見てください。
そして、次にエンジントラブルを起こしたファントムが飛び立った厚木基地を見てください。
それから、事件の起きた青葉区荏田北三丁目・大入公園付近がどこにあるのか見てください。
事件が起きた場所が、厚木基地と横須賀基地の中継点にあるというなら話はわかります。
ところが、この3点には、まったく何の整合性もないのです。
これは、いったいどういうことなのでしょうか。
先に横須賀を出港したミッドウェイは、太平洋上(千葉県館山沖という説もあれば伊豆大島付近という説もあり、実際にはどこにいたのかわかってません。)で艦載機を迎えるため待機していたのですが、実は空母というのは、滑走路が短いため、直接厚木から海上を通ってミッドウェイに着艦するのは危険なので、わざわざ海とは真逆の市街地を飛んで充分にスピードを落としてから着艦するのが、当時の常識だったのです。
異常に気付いたパイロットは早々にパラシュートで機外に緊急脱出し、放棄され制御を失った機体は5kmほど迷走し、住宅地に墜落。周辺の家屋を炎上させました。
つまり、米軍機のパイロットの命のほうが日本の一般市民の命より尊ばれていたという何よりの証拠です。
墜落地周辺では、火災により市民9名が負傷、周辺の人々により次々に車で病院に搬送されるも、3名の家族が命を落としました。
亡くなった母子を追悼する慰霊碑は、港の見える丘公園にあるそうで、今回事件現場を訪れましたが、そこにはそのような事が起きたという説明のようなものは一切ありませんでした。
なぜ、そのようなものがないかというと、そういうものを建てたら、地価が下がって地域の発展に悪影響を及ぼすからです。
そりゃそうでしょう。
誰だって米軍機が墜ちてくるようなところに住みたくはありませんし、米軍機が墜ちてくるようなところで働きたくはありません。
ですが、ですよ。
先に述べたように、事件は米軍基地から遠く離れた、米軍基地とは全く関係のないところで起きているんです。
と、いうことは、日本に米軍基地があるかぎり、このような事件は必ず再び起きるのです。
自分の住んでる町は米軍基地から遠いから関係ない、なんて、そんなことは誰にもいえないのです。
昔と違って今は技術が発達してるといったって、オスプレイのように、新しい技術で不確定要素の高い兵器を作ってるんだから同じことです。
e0078674_1759711.jpg
帰り道、渋谷で戦争法案に反対するママの会(HPはコチラ)が街宣やってたので、デモにもついていきました。
e0078674_183798.jpg
宮下公園からハチ公前を通って、神宮通公園までおよそ小一時間、一緒になってシュプレヒコールを挙げてきました。
戦争させない
子どもを守る
ママは戦争しないと決めた
70年間決めてきた
戦争の理由つくるのやめよう
だれの子どももころさせない
(ママの渋谷ジャックのコールより抜粋)
今はアジアの緊張が高まっているから昔とは違うという人がいますけど、かつて冷戦時代、もっと環太平洋上の緊張が高まっていたとき、軍隊が何かの役に立っていたのかというと、何の役にも立たず、逆にこのような事件を起こしているのですから、私たちはもっと歴史から学ぶ必要があるのではないのでしょうか。
私はファントム墜落事件の生き証人ですから。
軍隊というものが市民の安全な生活と平和を守らないこと、逆に市民に不安と犠牲と代償を強いるものだということを、誰よりも知っています。
この私が生きてる限り、私が知り得たことをこれからも存分にここから発信していくつもりです。
[PR]
by sweetmitsuki | 2015-07-26 18:08 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(6)

瓢箪の花

e0078674_19514418.jpg本格的な梅雨の季節になりましたけど、雨具などを用意して、防水対策さえ怠らなければ、暑くもなく寒くもなく、今ほど過ごしやすい季節はありません。
そりゃあ、大雨が降れば地盤が緩んで土砂災害が怖いですけど、それをいったら夏に暑ければ熱中症が怖いですし、冬に寒ければインフルエンザが怖いです。
結局のところ地震、雷、火事、悪政には、日ごろから用心して予防に努め、いざというときにはすぐに対応できるようにしておかなければならないのですから、雨に閉じ込められ身動きが取れないと嘆くより、天の恵みのうるおいを有り難く受け入れるほかありません。
それに、雨の日は育ててる植物に水を撒かなくていいので、その分の手間が省けて助かります。
朝、出掛けるときにはまだ蕾だった瓢箪が、夕刻、帰ってきたら白い花を咲かせていました。
この花は一日しか咲いておらず、次の日の朝には萎んでいます。
観賞用として園芸店やホームセンターで売られているふつうの瓢箪には、ククルビタシンという毒が含まれているため食べられませんけど、この瓢箪は品種改良された苦味の出ない食べられる美味しい種類です。
瓢箪って、どんな味がするんでしょう。
甘いか苦いかは、補給した水分量によって若干異なってくるそうなので、是非今後とも盛大に降ってもらいたいものです。
e0078674_20405519.jpg
梅雨を代表する花で、一日で萎んでしまうことから、忘れ草と呼ばれている花も咲き始めました。
八重のものはヤブカンゾウ、一重のものはノカンゾウというので、これはヤブカンゾウなのでしょう。
春の若葉をおひたしにして戴くために育てているのですが、ヤブカンゾウもノカンゾウも若葉のころは味でも見分けがつきません。
蕾は天ぷらにすると美味しいらしいのですが、せっかく咲き掛けた花をまだ咲かないうちに摘んでしまうのはちょっとかわいそうです。まあ、週末の食材の調達次第ですね。
e0078674_2115942.jpg
万葉の歌に登場する忘れ草は、花ではなく草を編んで腰に吊るしておくと厭なことを忘れられるという呪具として扱われているそうなのですけど、そんな効果が本当にあるのかどうかは定かではありません。
[PR]
by sweetmitsuki | 2015-07-03 21:08 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(4)

諸々の曲事罪穢れを払いたまえ清めたまえ

e0078674_664155.jpgもうすぐ梅雨も明け、いよいよ夏本番で、早いもので6月も終わり、今年もあと残すところ半年となってしまいましたが、夏越しの大祓に、茅の輪くぐりりはしてきましたでしょうか。
そして明日は半夏生ですが、タコを召し上がられますでしょうか。
え?そんな行事は知らないですか。
ったく、クールジャパンとかいって海外では大人気だというのに、日本人は知らないから困ったものです。
12月31日、大晦日に神社で溜まった穢れをきれいに祓ってもらうのですが、実は半年に一度6月の30日にも払ってもらう行事があるのです。
このとき、形代(カタシロ)あるいは人形(ヒトガタ)、式神(シキガミ)と呼ばれる紙で切った人間を模したグッズを用い、これはライトノベルやゲーム、アニメでは定番のアイテムですから、やりようによってはクールジャパンの代表としてそれなりに流行るとは思うのですが、誰もその気がないようです。
だいたい、クールジャパンとかいってる人や、クールジャパンが何のことかわからないまま、ただ経済効果だけを期待してる人って、日本の文化や伝統を何もわかっちゃいないんですよね。
e0078674_643469.jpg
そんな欲得しか頭にない我利我利亡者に、神さまの御利益が得られるわけはありません。
半夏生とは、夏至から数えて11日目頃のことをいい、昔はこの日までに必ず田植えを済ませ、どんなに気候不順な年でもこの後は田植えをしないという習慣があったようです。
地域によっては、タコの他にサバ、うどんなどを戴くところもあるようです。
どれも滋養強壮に良いとされ、夏バテ防止に効果があるといわれています。
夏バテ防止といえば、土用の丑の日のウナギが有名ですが、あれはお値段も良く、つい外国産のまがい物で済ませてしまいがちです。
タコやサバやうどんなら、どんなに高級品を求めてもたかが知れてますから、今年は土用の丑の日よりも半夏生のほうを盛大に過ごしてみるというのはいかがでしょうか。
[PR]
by sweetmitsuki | 2015-07-01 06:53 | おどろけー | Trackback | Comments(0)




手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧