mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

<   2018年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お地蔵さまの贈り物


e0078674_19302179.jpg

毎日通う道の辻に、小さなお地蔵さまが祀られていて、そのお地蔵さまを冬の寒い北風や夏の暑い日差しから守るかのように、大きな枇杷の木が一本植えられています。
枇杷の葉は無憂扇とも呼ばれ、様々な病を癒やす薬効があり、特に大寒のころ(2018年は1月20日)に採れた葉には特別な力があるといわれてるので、ご利益にあやかろうと摘みに行ってきました。
e0078674_19402807.jpg

ここのお地蔵さまはいつも綺麗な花が添えられていて、掃除も行き届いているほか盆と正月には赤い前掛けを着せ替えてもらっているので、掃除をしていた人に訳を話したら快く承諾してくれました。(道端に生えていても枇杷は持ち主がいるのが普通なので葉っぱだからと甘く見て勝手に持ち去ったりすると、不法侵入と窃盗で警察沙汰になるかも知れないのでその辺はきちんと確認しなければなりません。)
ビワの葉や種に含まれるアミグダリンには鎮痛作用、血液浄化作用や殺菌・抗ウイルス作用があると言われているのですが、そういう科学的根拠とは別に、冬でも枯れることなく緑の葉を茂らす葉の力を授かろうと売る一種のおまじないで、そこが漢方薬とは違い、人間の体に元からある治癒力を引き出すというのが漢方の基本なのですが、そうではなくて草や木が持つ不思議な力を体に宿すという発想でして、良くいえばロマンチック、悪くいえば蒙昧な治療法です。
昔の日本人は皆こうやって病を癒やしていたのですが、いつの間にやらなくなってしまったのでしょうか。
WGIP(ウォー ギルド インフォメーション プログラム)という都市伝説があって、米軍が日本の伝統的な民間療法を壊滅させ、アメリカ由来の医術や医薬品に依存せざるを得ないように日本人を追い込んだからだともいわれてますけど、どうなんでしょう。
それはともかく、作りかたは簡単で、よく洗った枇杷の葉を広口瓶に入れて焼酎を注ぐだけ。
1年熟成させれば飲めるようになります。
e0078674_20182499.jpg

そういうわけで、来年にならないと薬効は試しようがないので、去年の6月に仕込んでおいたドクダミの花酒を代わりに飲んでみました。
これも作りかたは簡単で、ドクダミの花を焼酎に漬けるだけです。
虫刺されの薬として用いられるのが一般的で飲むものではないのですが、飲んでみると意外とドクダミの独特の芳香はなく、上品な甘い花の蜜の香りが口いっぱいに広がり、それだけで癒やされたような気持ちになれます。
結局、虫刺されの薬として効果があるのか試す前に全部飲んでしまいました。
e0078674_20273627.jpg
今日(2018年1月21日)は冬土用の丑の日ですね。ですからお昼はウナギを頂いたのでした。


[PR]
by sweetmitsuki | 2018-01-21 20:31 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(2)

心正しい科学の子

e0078674_17215569.jpg
充電式の掃除機ぐらいなら私の作った太陽光発電所(陽作くんと命名)でも動かせるはずなのですけど、肝心の充電式掃除機をもっていなかったので、その性能を試すことが出来なかったのですが、このたびロボット掃除機「ルンバ」を購入しまして、さっそく稼働するかどうか試してみました。
消費電力が32W(店員さんの説明。取説には書かれてませんでした。)なので楽勝とは思っていたのですが、定格電圧が18Vと高めなのでやってみるまでわかりません。
スイッチを入れ、待つことおよそ3時間。
快晴の昼のうちの充電だったので、絶えず電力が送られているというのもあったのですが、バッテリーを使い切ることなく充電に成功。
e0078674_17221415.jpg
充電さえ終われば、あとは普通の家電と同じように動くのでルンバは無事起動。
床もピカピカになりました。
それにしても
ゴミを吸う。
動く。
障害物を避ける。
これだけの動きが自作の太陽光発電所の電気で出来てしまうのですから凄いです。
わずかA4サイズに満たない定格出力5Wのパネルなのにルンバを動かせるとは陽作くん(うちの太陽光発電所の名前)はすごいところが凄いです。
陽作くんだけ名前がついててルンバに名前がついてないのは不公平なのでルンバにも名前をつけることにしました。
陽作くんはその名の通り太陽で電気を作るからそう呼ぶことにしたのですけど、ルンバは掃除を手伝ってくれるので助清と命名。
助清くんには今後も頑張ってもらいましょう。

[PR]
by sweetmitsuki | 2018-01-14 18:04 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)

年中行事あれこれ

e0078674_18265506.jpg

今日は七草ですが今年は野に摘みに行かず、スーパーで売ってるのを買いました。まあ、そのほうが確実に全部そろいますし無難ですしね。
スーパーやコンビニでは、もう今から恵方巻きの予約受付とかやってて、いつから日本人はそんなに恵方巻きが好きになっちゃったんでしょうか。
こういうこというと歳がばれますけど、私が子どものころはそんなものなかったですよ。
それがいつの間にか、日本の古い伝統行事になっちゃうんですから不思議です。
それよりもバレンタインはどうしちゃったんでしょうか。
もっとも、今のバレンタインは私の子どものころと違って、チョコ王国ベルギーから来日したカリスマパティシエが特別に腕を振るったプレミアムスイーツを女子だけでキャッキャウフフするという、男子には理解不能な日になっちゃいましたけど。
プレゼントとかは、もらえない男子が僻みますしそれが年中行事として定着すると、セクハラとかのよくない社会現象を引き起こすんだそうです。
節分も、豆まきが本当の伝統行事だったのですが、夜中に大声を出すのは近所迷惑ですし、投げた豆拾って食べるのは衛生的にどうかと思いますし、かといって捨てるのはお百姓さんに申し訳ないですし、神事として時代にそぐわないものは淘汰されてしまうのが今の世の中なのでしょう。
節分は年に四回あるので、最近ではスーパーでもコンビニでも年に四回恵方巻きを売り出すそうで、そんなに恵方巻きって美味しいのかって思いますけど、年に四回あるといえば土用も年に四回あり、土用の鰻も好きな人は年に四回食べるそうですが、鰻は値段もよくて一人前千円以上なのに比べ、恵方巻きは500円以下で済みますからお手軽に食べられるというのも恵方巻きが好まれる理由なのでしょう。
私が子どものころにはなかった日本に古くからある伝統行事といえば、夏越の大祓の茅の輪くぐりもそうですけど、あれもいつの間にか年末年始にもやるようになってしまいましたね。

e0078674_18271068.jpg
グダグダいってる間にグツグツお粥が煮えました。
今年一年も無病息災でいられますように。

[PR]
by sweetmitsuki | 2018-01-07 19:19 | ぬくぬく引きこもり記 | Trackback | Comments(4)

夢のような話

e0078674_20140492.jpg
まだまだ寒い日々が続きますが蝋梅も咲き、季節は確実に春へと向かっています。
とはいえ、本格的に寒くなるのはこれからで、寒さに弱い私としては考えただけで憂鬱になってしまいます。
ですがそれももうしばらくの辛抱、二月になれば梅も咲き、三月になれば桜も咲きます。
さて、お年玉を信用金庫に預けに行ったらお汁粉と甘酒を振舞ってもらいました。
今時、こういうことをするのも城南信用金庫ぐらいになってしまいましたね。
e0078674_20142208.jpg
城南信用金庫といえば脱原発をいち早く表明してることで有名ですが、
「本当に脱原発なんてできるの?自然エネルギーは不安定だしエネルギー変換率も悪いしコストもかかるんだよ。それに節電なんて絶対に嫌だからね。」
と、頭っから脱原発を否定してる人も多いのではないのでしょうか。
ご安心を。
実は確実に脱原発できる夢のエネルギーがすでにあるのです。
それは何かというと、火力発電です。
「冗談じゃない。火力発電なんて時代遅れもいいとこ、そんなことしてたら日本は世界から孤立しちゃうよ。」
そう思った人は甘い甘い。お汁粉よりも甘酒よりも甘い。
日本の最先端の技術が駆使された今の火力発電を、ふた昔前の火力発電と一緒にされてもらっては困るのです。
コンバインドサイクル発電といって、まず普通に火力発電をします。そしてその余熱で今度は水蒸気発電をします。こうすることで今までの二倍の電気を作ることが出来るのです。
そして電気を作るために必要な永久磁石を作る技術も進歩してますから、昔に比べて三倍以上の電気を同じ燃料で作ることが出来るのです。
もちろん、排出ガスを処理する技術だって向上してますから、硫黄酸化物や煤塵は一切出しませんし、二酸化炭素を貯留することも実用段階に入ってます。
コンバインドサイクル発電の最大の強さは、費用が安く済むということ。
ですから、中規模程度の事業所なら、電気は買うより作ったほうが早いですし、お金はないけど今すぐ沢山の電気が欲しい新興国にはもってこいなのです。
そして原発を稼働させている電力会社から電気を買う人がいなくなることで原発もなくなるのです。
e0078674_20144395.jpg
城南信用金庫では晴れ着を着た職員さんが出迎えてくれました。
こういうことが廃れてしまったのは、女性だけにさせるのは性差別につながるという意見もあるので、こうして男性の職員さんも晴れ着を着ているのです。


[PR]
by sweetmitsuki | 2018-01-04 21:08 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(4)