mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新のコメント
八曜社さま 靖国神社は..
by sweetmitsuki at 06:05
そうですね。mitsuk..
by stanislowski at 21:05
あんつぁん 日本が唯一..
by sweetmitsuki at 23:08
何時の世も、国内の不満を..
by antsuan at 14:55
騒げば騒ぐほど軍産複合体..
by sweetmitsuki at 05:25
少し騒ぎすぎじゃないです..
by saheizi-inokori at 22:14
あんつぁん 3/4世紀..
by sweetmitsuki at 06:01
怨霊を鎮めて護国の任務を..
by antsuan at 08:10
あんつぁん ズッキーニ..
by sweetmitsuki at 05:40
八曜社さま うちでは夏..
by sweetmitsuki at 05:36
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

それでもそれでもやらねばならぬ

e0078674_5474598.jpg
C県の出張から帰ってきました。
疲れましたよ本当に。
でも年内これで仕事は終わりじゃないのです。
今年の仕事はまだまだ続くのです。
e0078674_5511526.jpg

[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-12-26 05:51 | Trackback | Comments(2)

特別なスープ

e0078674_1514711.jpg前回までのあらすじ
一万円でできる太陽光発電所の作りかた(Amazonはコチラ)という本を買った私は、結局4万円以上の投資をして太陽光発電所を作りました。
この太陽光発電所、ケータイの充電とかなら余裕で役に立つのですけど、調理家電が動かせません。
今日びの調理家電は1000Wが標準なのですがインバーターが120Wしかないからです。
120Wでも動く電気製品はたくさんあるのでそれでもかまわないのですが、やっぱし家電といえば調理家電で電気は煮炊きができなければ物足りません。
インバーターの出力を上げればいいのですが、インバーターはそれ自体が電気を消費するのでそれをするとなるとバッテリーも増設しなければならなくなります。
結局、120Wでも動くスロークッカーという家電があることを知った私は、アキバまで買い物に出かけたのでした。


スロークッカーは煮炊きしかできないので、もう少し用途の広い保温トレイ(東芝製、詳しくはコチラ)を購入したのですが、これは90Wなので使えるのですけど、その名の通り保温だけで沸騰できません。
それでも、ネットで検索してみるとこの保温トレイを使って煮込み料理を作っている人はけっこういますし、しゃぶしゃぶとか温泉卵とか沸騰しなくても、というか沸騰させてはいけない低温で煮込む料理はたくさんあるので、さっそく調理開始です。
e0078674_15401481.jpg
彼岸を過ぎてこの前までの暑さはどこへやら、夜には温かい料理が欲しくなるこの頃、狐豆腐を作ってみました。
作りかたは簡単で、豆腐と油揚げを重曹で煮込むだけ。とろとろに溶ろけたら完成。
普通の湯豆腐のように、生姜醤油やポン酢でいただくのですが、最後に箸でつまめないスープ状のものが残ったら別メニュー開始です。
e0078674_1549577.jpg
ご飯を入れ、明太子とネギとバターをトッピングし、お醤油をかけるだけ。
それでも充分に美味しい豆のパワーをダイレクトに感じられる雑炊です。
[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-10-01 14:59 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(8)

たらればの話

先日、私の作った太陽光発電所(5Wの発電モジュール、12Vの自動車用バッテリー、出力120Wのインバーターを使用)では能力が低すぎて調理家電は動かせないという話をしたのですが、今日になってスロークッカーなら消費電力が少ないから動かせるんじゃないかという話を聞きましたので追加報告です。
スロークッカーとは聞き慣れない言葉ですが、1970年代に発売された家電で、その名の通り弱火でゆっくりと料理を作る機械です。
電子レンジの普及で一時はすっかり市場から姿を消してしまっていたのですが、不況下の昨今、消費電力の少なさから再び注目を集めているんだそうです。
スロークッカーのいちばんの強みは、電気を使って温度調整をするのでガスのように吹きこぼれたり途中で火が消えたりしないので、火の見張りをすることなく安心して調理中に外出したり就寝したりできるということ。
そして弱火でコトコト煮込むので安い(硬い)お肉も美味しく(柔らかく)調理できます。
さらに、調理の発熱が少ないので夏場などはキッチンが熱くならず冷房代もお徳です。
光熱費も食材も安く上げることができてお財布にも地球環境にも優しいのなら、太陽光発電所とは関係なしに欲しくなってしまいますよね。
と、まあ、深夜のTVショッピングみたいな話題になってしまいましたけど、実際に自作の太陽光発電所で動くかどうかはまだ未知数です。
インバーターの問題は解決できたとして、平均調理時間が5~6時間だそうなので、そうなると今度はバッテリーがもつかどうかわかりません。
やってみればわかることなんですけど、まだスロークッカーの購入予定はないのでそれはまた今度の話になりそうです。
安いもので3000円だそうですから、勢いで奮発してもいいんですけど、この件で散財しすぎちゃってるので予算的に一度冷静にならなければならないのです。
[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-09-13 19:38 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)

不便のほうが便利よりだいぶいい

e0078674_18383233.jpg太陽光はほぼ無限のエネルギーなので一度設置すればあとはもうエネルギーに困らなくていいと思ってましたけど、実際には発電モジュールの天候コンディションとか、バッテリーのキャパシティーとか、インバーターのスペックとかによって使える電気の量が制限されてしまうので、実際に作ってみると万能と呼ぶにはほど遠いです。
特に調理家電は1000W以上の電力が必要なのが普通で、私の120Wしかないインバーターでは絶対に動きません。
せめて800Wのインバーターを購入していれば、ニクロム線のコイルの電熱器ぐらいなら動かせたのですが、今さら投資を増やせないのであきらめるしかありません。
チルドピザぐらいなら余裕で焼けると思っていたのに、とんだ誤算です。
昔ながらの普通の白熱電球を発光させるのに使う電力がおよそ100Wで、実は電気を熱に変えるのはとても効率の悪い使い方なんだそうです。
でも、自動車のシガーソケットでお湯を沸かせるポットも(人気も評判も悪いのですけど)あることにはありますし、このジャンルの進むスピードは本当に早く、もしかしたら私が知らないだけで何かいい道具があるのかも知れないですし、そうでなかったとしても明日になったら新製品が発明されているかもしれません。
確かなことはただ一つ、私が作った太陽光発電所では、インバーターの能力を上げるなり少ない電力で発熱する電気製品をそろえるなり、新たな投資をしないかぎりお湯を沸かすことは出来ず、そんなお金を使うくらいならカセットコンロを用意したほうがはるかに安上がりだということ。
なんだか、良いところがまったく見当たらないような気がしてきましたけど、こんなのはまだ序の口、いずれ良い使い道は必ず見つかるはずです。
[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-09-12 19:20 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)

オフグリッド作戦侵攻中

e0078674_20572117.jpg
兼ねてより用意しておいた太陽光発電システムが、ついに稼働に扱ぎ付きました。
架台のほうはいちおう本職なので、鉄骨で作りましたが、別にこれはなくてもかまいません。
陽の光が射して、うっかり踏んだりしないようなところに置いておけばいいのです。
e0078674_20584173.jpg
配線は、自分でやるのが面倒臭いですし、難しそうですし、万が一感電とか事故ったら怖かったのですが、やってみれば簡単なことで、小学校高学年ぐらいの理解力があれば誰にでもできるレベルの内容です。
(でも間違えると本当に感電するそうなのでご用心。)
問題なのはそれより、作った電気をどう使うかということ。
実は私、太陽光発電所を作ることだけが目的で、その後に作った電気をどう使うかよく考えてませんでした。
何しろインバーターは120Wなので、それより大きな家電は動かせません。
それでもケータイの充電とかなら余裕なのですが、それだけだと余ってしまいます。
作りすぎた電気をバッテリーに貯めたままにしておくと良くないそうなのですが、丁度よく電気を使ってくれそうな電気製品が見当たりません。
e0078674_21374771.jpg
とりあえず金魚の空気ポンプを動かしてみましたけど、これも夜は発電しないのでその間にバッテリーがあがってしまわないか心配なので日没と同時にコンセントを差し替えました。
しょうがないので掃除機をつないでマメにお掃除です。
なんだか、太陽光発電所を使ってるというより、使われているという気がしないのではないのですが、そのうち良い使い道が思いつくでしょう。
[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-09-04 21:52 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(4)

魔法の瓢箪

e0078674_841854.jpgウチの畑で食用ヒョウタンが実りました。
食用ヒョウタンの種は野口種苗(HPはコチラ)さんがオンラインショップで以前は販売していて、私も最初はそこで入手したのですが、今では取り扱っておらず、レアな野菜になってしまいました。
私が育てているのは、自家採種で育てたオリジナルのヒョウタンです。
同じように、サツマイモ(紅アヅマ)も去年収穫した芋を適当な大きさに切って土に埋めておくと芽が出るので毎年種や苗を買わなくて済み、経済的に助かります。
固定種はF1に比べて収穫にばらつきがでるというデメリットがあるのですが、毎年種を購入する負担を考えると、私は固定種がおススメです。
このことについて、今読んでいる「永続敗戦論」(白井聡著、太田出版刊)に興味深いことが書いてありましたのでここに抜粋しますね。

TPPの実現によって「遺伝子組み換え作物の表示義務」の撤廃を盛んに働き掛けているのは、同作物の生産において圧倒的なシェア(90%)を誇るモンサント社(米ミズーリ州)である。同社は、過去にはベトナム戦争時に枯葉剤を開発したことでも悪名高いが、今日では「遺伝子の独占」を謀る企業として世界的な非難にさらされている。すなわち、同社は、自社が開発した遺伝子組み換え種子に知的所有権を掛け、農民が自らの収穫のなかから保存した種子を翌年播種する行為を禁じた。さらにモンサントは、ご丁寧にも「ターミネーター種子」を開発し、農家が自家採種した種子の播種を物理的に封じようとしている。「ターミネーター種子」とは、遺伝子組み換えによって種子が発芽しないよう作為的に改造された種子であり、その狙いは農家がモンサントから毎年種子を買い続けなければならない状態に追い込むことにある。

残念なことに、日本の政治指導者はこのような悪魔の所業から国民を守ってくれるどころか、それを進んで受け入れ、あまつさえ積極的に手引きしようとしているのです。
難しい話はこれくらいにして、収穫したヒョウタンを油で炒めてお醤油で味付けしてみました。
e0078674_9335763.jpg
今では入手困難なレアな野菜の割には、味はどうってことはなく、出来損ないのメロンのような食感で、風味はほとんどありません。
それと大事なことですが、これはあくまで食用ヒョウタンで、園芸店などで売られている観賞用のヒョウタンは、決して食べてはいけません。
ククルビタシンという有毒物質が大量に含まれていて、中毒を起こすからです。
ククルビタシンを大量に含んだヒョウタンは大変苦味が強く、とても食べられたものではないので、間違えることはないと思いますけど。
[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-08-21 09:41 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(4)

太陽光発電会計帳

発電モジュール
株式会社カウスメディア(輸入元か製造元かは不明。ドイツ製のセル使用)
TEL03-5282-7575
¥5094 
 
チャージコントローラ 
DENRYO
SA-BA10
S/N;W467D2H285
¥1800
 
パワーインバータ
DENRYO
SK120シガーソケットタイプ
¥14800

バッテリー
CSB EVX1220
12V20A
¥13110
台湾製
[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-08-21 08:08 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)

小さい体に大きな望み

e0078674_14152552.jpg
1万円でできる! ベランダでできる! 独立太陽光発電所の作り方
中村昌広(著)
総合科学出版(刊)
Amazonはコチラ
自作の太陽光発電所は、メカに強い人なら本を買わなくてもネットの情報(たとえばコチラとかコチラとか)を読んで作れるのでしょうけど、私はメカにはからきし弱いので、この本を購入しました。
これで2000円(+税)の出費です。
使う材料は、すべてネットでも購入できるのですが、私には扱ったことのない機械をカタログ買いする勇気はないのでアキバの東京ラジオデパート3Fにある稲電機(HPはコチラ)さんまで買いに行きました。
これで+交通費の出費です。
本に書いてある通り、一万円程度の予算で材料は揃うのですが、お店で安物のデメリットについてレクチャーを受け、どうせなら品質のいいものを揃えることにしまして、結局4万円弱の投資をすることにしました。
ま、大人の遊びにはこれくらい奮発してもバチは当たらないですよね。
e0078674_14535465.jpgそれで、このA4サイズより少し小さめのオモチャみたいな太陽光発電所のスペックはというと、簡単に説明すると自動車用のバッテリーを使っているので、エンジンを切ったままの自動車のシガーソケットから使える家電が使える程度の電気を賄うことが出来ます。
フル充電させるのに4日ほどかかりますけど。
「そんなオモチャが何の役に立つんだ?」と笑われそうですけど、このブログ、元々オモチャ遊びのブログですから、そんなことは今さらどうだっていいのです。
それに、それをいうなら国会議事堂前でデモを開いて「原発反対!」と叫ぶのだって、ただの自己満足で非現実的だといってしまえばそれまでなので、このオモチャの太陽光発電所とたいして変わらないんじゃないのでしょうか。
過食症の治療には自炊をすればいいらしく、自分で作ったものは大切に扱うから、無駄に消費しないんだそうです。
電気もそんなもんじゃないのでしょうか。
工作に興味がなく「そんなもん作んねーよ。」という人でも、読めばエネルギーに対する付き合い方や考え方が変わるかもしれません。
そういう意味でも一読の価値ありの一冊。
A4サイズに満たない小さなパネルで、未来は案外、変わるのかもしれません。
[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-08-19 15:27 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(4)

美味しい東京

e0078674_253383.jpgもう少しで都知事選ですけど、なんか、大山鳴動して鼠一匹も出ず。って感じですね。
でも、石原都政時代よりは10000倍マシ。石原だって辞任に何度も追い込まれたんだけど、あいつは面の皮が厚いから乗り切ってきただけで都知事として適任者だったわけじゃ決してありません。
あんな厚顔無恥な阿呆に都知事をやらせるぐらいなら、この先何人知事がスキャンダルで辞任に追い込まれて、そのたびに何億円もの都民税を使って選挙をしたってかまいませんから、新しい知事はあんな独裁者もどきの怪人ではなく、等身大の人になってもらいたいです。
もうずいぶん前になりますけど今年のGWに都庁に用事があって行ったんですけど、そのとき、「とうきょうを食べよう。」ってガイドブックが無償配布されてまして、へ~、面白いこと始めたんだな。って、思ったんですよ。

世界中の食材が集う美食の都、東京。
三ツ星の名店で世界を食べるのもいいけど、 
「とうきょう特産使用店」で、
とうきょうを食べるのも悪くない

e0078674_2312958.jpg
地産地消がブームの今の世の中、生産量や流通量がよくわからない都内農林水産物を積極的に使用している飲食店を、東京都で「とうきょう特産使用店」として登録してPRし、東京発の食材の生産と消費の拡大を促すというもの。
東京で採れた食べ物なんて、スモッグとかで汚染されてそうで嫌だ。
なんていう人がいるかもしれませんけど、自分の都合で勝手に汚しておいて、それはないんじゃないのじゃないでしょうか。
読んでみると、馴染みの店が紹介されてたりして、それはそれでちょっとうれしい感じです。
e0078674_2522863.jpg
(練馬・エン座の糧うどん)
都知事選の前に、是非とも読みたい一冊。
こういう基準で都知事を選んでもいいんじゃないのでしょうか。
[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-07-28 02:55 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(0)

でもグレーにさせない例え薔薇色にならなくても

e0078674_1917036.jpg
「太陽光発電が日本を侵食している」、増川いづみ
(マス・メディアには載らない本当の情報)
月刊 ザ・フナイ(船井本社)に連載されていた論考が、ネットで拾い読みできましたので抜粋ではありますが読んでみました。(論考はコチラ
どんなことが書いてあるのかというと、太陽光発電パネルには猛毒のカドミウムが含まれていてそれらはリサイクル不可で、廃棄作業者は躯体に甚大な被害を受けているということ。
さらに、太陽光発電時に有害な電磁波が発生し、人間だけではなくあらゆる生命に危険を及ぼすということ。
さらにさらに、太陽光発電のほとんどが、金儲けしか頭にない外資で、海外で失敗・撤退したポンコツで役立たずな太陽光発電装置を日本人を騙して設置させ、お金ばかりではなく土地や水源まで日本人から奪い取ろうと企んでるということ。
と、いう衝撃的なことが書いてありました。
「そうだったのか畜生めぇぇぇ!」と、怒りに震えが止まらない思いですが、ちょっと持ってください。この論考は本当に本当のことが書いてあるんでしょうか。
まず、太陽光発電の最大の弱点は、パネルの隙間に鳥などの小動物が巣を作り、それが原因で故障や火災が発生する事故が頻発していることです。
本当に太陽光発電時に発生する電磁波が生き物を殺してしまうなら、そんな事故が起こるでしょうか。
次に、太陽光発電のほとんどが外資、とありますが、実際には7割が日本企業です。(論考をよく読むと、ちゃんとそう書いてあります。)
さらに、論考が名指しで非難している、川崎市の浮島太陽光発電所ですが、ここにはシャープのパネルが使われています。
シャープといえば日本生まれの日本育ち、日本を代表する日本の顔ともいうべき家電メーカーです。(太陽光パネルのシェアは世界第2位)
それが、外資に買収されたってたったそれだけの理由で、なんでこんな悪魔の手先みたいな書かれ方をされなきゃいけないんですか。
さらにさらに、浮島といえば東京湾屈指の釣りの名所で、多くの釣り客で賑わうスポットです。(詳しくはコチラ
本当に太陽光発電パネルに危険な物質が含まれていて、危険な電磁波を発生させているなら、その近辺で美味しい魚が釣れたりするでしょうか。
省エネが好きで省エネ暮らしをすることはよいことだと思いますし、省エネを大義名分に有効性の疑わしいハコモノ作りにゼネコンと天下り官僚が巨額の公的資金を使うのはよくあることですから、何事にも疑ってかからなきゃ、今の世の中やっていけないんだと思います。
でも、科学の進歩まで否定してしまったら、元も子もないんじゃないんでしょうか。
e0078674_6472956.jpg
川崎ではありませんが、東京湾のお魚が出てきたのでついでに。
東京都庁内にあるレストランで提供している、東京湾で水揚げされたシーバスのランチ。
お魚だけではなく、野菜もなるべく東京産を使用しているというこだわりよう。
食糧もエネルギーも自給できる東京を目指すプロジェクトの一環として、こんなこともやってるそうです。
次の都知事にだれがなるかわかりませんけど、このプロジェクトは是非引き継いでもらいたいものです。
[PR]

# by sweetmitsuki | 2016-07-22 19:17 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)