mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

そうだ庭へ行こう

e0078674_837181.jpg今年は春だというのに雨ばかり降り、ちっとも暖かくならず、寒い日が続き、桜も散ってしまいもう四月も後半だというのに、全然春が来た気がしません。
家庭菜園のほうもさっぱりで、半分以上が芽を出さず、寒いからなのか、それとも失敗してしまったからなのかまだわかりません。
それでも自然は、確実に春を迎えているようで、庭(というかアパートの空き地)の雑草には花が咲き乱れています。
雑草といってもそれほどバカにしたものではなく花だけあってそれなりに見応えがあり、中には食べられるものもあるので、草むしりがてら観賞がてら料理をしてみました。
今年はどういうわけかクサフジが咲いていたので(マメの仲間なので、たぶん鳥が運んできたんだと思います。)、来年も咲いてほしいと願いつつ少しだけ摘みました。
鮮やかな紫が印象的な花で、漢方薬としてリュウマチに効くともいわれているのですが、これだけではかさが足りないので庭にはたくさん生えているハルジオンも摘んで、天ぷらにしてみました。
ハルジオンはびんぼう草ともいわれ、庭に咲くがまま放置していると貧乏になるともいわれていますが、意外と美味しい花で、葉はシュンギクのような、蕾はフキノトウのような味わいがあります。
特に蕾は、ほのかに甘い蜜の味がするので、フキノトウより美味しいかもしれません。
e0078674_98429.jpg
こういうのは天ぷら料理の彩りとしてちょっとだけ添えるとお洒落で風流なのでしょうけど、これだけ器に盛るとやっぱし貧乏くさいですね。
もしも家人に食べさせるときは、間違っても庭で摘んだとは言わないほうがいいです。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-04-17 09:15 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(6)

まじかる☆みらくる☆竹パウダー

e0078674_2052668.jpg昔、竹は竹串や竹竿など、人の暮らしに欠かすことのできない道具を作るためなくてはならないもので、人里近くには必ず竹林があったものなのですが、現在では竹製品はプラスチックにとって代わられ、タケノコも安い外国製品の輸入によって掘られなくなり、見捨てられるようになってしまいました。
荒廃した竹林は、周囲の樹木を呑み込み森に棲む生き物の住みかをなくし、さらに地中の浅いところにしか根を伸ばさない竹は土砂災害に弱く、豪雨のときには地崩れを起こして地域一帯を壊滅させてしまいます。
そして、さらにそこには家庭からのゴミが不法投棄されるといった問題も発生しています。
竹やぶとか自然とか生き物だとかは、人間の都合でいらなくなったからといって勝手に捨ててしまえるものではないのです。
ではどうすればいいのかというと、広がりすぎた竹林を、適当な大きさまで伐って小さくしなければならないのですが、それには莫大な予算が必要です。
ただでさえ景気の悪い今の世の中、誰がそんなお金を出すのでしょう。
そこで、竹を細かく粉砕してパウダー状にし、土壌改良材として活用する自治体が近年増えてきているようです。(詳しくはコチラ
私もこのことは、地球環境のためではなく自分の畑の土壌改良のため調べていて偶然知ったのですが、どうしたことかこの竹パウダー、どこの園芸店でもホームセンターでも売ってません。
仕方がないので、ネットで取り寄せてみました。
八起産業三が出している「ゆめ竹」です(詳しくはコチラ
e0078674_20522784.jpg
ここに添付されている竹パウダーの効用が凄いです。
土壌改良材としてだけではなく、生ごみコンポストのぼかし材として、さらにはトイレの消臭や排水溝のぬめり取りに、ペットの餌に少量混ぜるとふんが臭わなくなる効果もあり、ぬか漬けに混ぜたり、肉や魚を漬けこむことによって柔らかくなる作用や、化粧水としても美白効果があるといわれていて、さすがにそこまで書かれるとインチキ臭いので、竹パウダー入りのぬか漬けを実際に作ってみました。
レシピの通りにやってみたのですが、あっさりしてるというか、ぬか臭くないですね。
ぬかの匂いが苦手な人にはいいかもしれませんが、ぬか好きな私としてはちょっと物足りません。
まあ、糠床は時とともに成長するといいますし、今の段階で失敗と決めつけるのはまだ早いのかも知れないです。
こうなってくると、その他の用途の効果も心配ですが、調子こいて10リットルも買ってしまったので、まずは使い切ることが肝心です。
ともかくこれで、竹と人類のステキな未来が始まる(かもしれない)のです。
経過は拙ブログにて逐一更新予定。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-04-05 19:44 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(4)

祈り

そりゃ誰だって嫌なことは早く忘れてしまいたいですし、なかったこととして済ませられるのなら、なかったことにしてしまいたいです。
誰だって楽なほうがいいですから、誰かがお膳立てしてくれるのでしたら、そのほうがいいに決まってます。
でも、用意された乗り合いバスが、目的地には向かわないのだとしたら、リクライニングが良く足も延ばせるゆったりとした座席での旅が快適なものだとは思えません。
五年前のあの日以来、私たちの暮らしを取り巻く環境は、すっかり変わって仕舞いました。
それでも、それまで通りの生活を送らなければならない、送らざるを得ないというのが歯がゆいです。
こればっかしは誰かにお膳立てしてもらうのではなく自分で考えなくてはいけないのですが、なかなか悪い頭絞って考えてみても、よい知恵は湧きません。
どうしたものでしょうか。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-03-11 04:55 | ぬくぬく引きこもり記 | Trackback | Comments(4)

準備はいいかい

e0078674_1805120.jpgいよいよ桜も咲いて、春です。
まあこの桜は、二月下旬に咲く特別な桜なんですけど。
春といえば種蒔き、なんですけど、その前に土づくりをしなくちゃなりません。
何年も耕作をやってると、見るからに土が痩せてきて、そこだけ見るからに凹んでしまったのです。
土くらい、ホームセンターで買えばいいのですが、買う費用もさることながら、運ぶ手間も問題です。
そこで、今年は土づくりのために、土着菌の培養を始めることにしました。
作り方は簡単で、おにぎりに醤油と砂糖と酢を加え、器に盛ってお湯をひたひたにします。
おにぎりがお粥みたいになったら、段ボールに落ち葉を敷いて、庭土を混ぜ、そこに入れます。
菌の力で土を富養化させるのですが、私はこういうことをするとき、ちょっとだけズルをします。納豆を一粒、ヨーグルトを一匙、ドライイーストを一振りかけるのです。
普通にこういうことをやると、おにぎりが腐ってしまい元も子もなくなってしまうことがあるのですが、これをやれば納豆菌、乳酸菌、酵母菌の力で、絶対に腐敗しません。
それじゃ土着菌を召喚できないじゃないかといわれるかもしれませんけど、菌の力で土が肥えればそれでいいのです。
e0078674_18415884.jpg
おにぎりが糸を引き、甘酒のような香りがして来れば完成で、米ぬかを与えプランターでさらに培養します。
米ぬかは、稲を栽培している地域ならタダで手に入るのですけど、都会ではお金を出して買わなければいけないのがつらいところです。
ですがキロ100円とかそれほどの金額ではないので、これがいちばんお財布にやさしいと思います。
このようにして、まずは無農薬の有機肥料から作らなければいけないのです。
e0078674_18575789.jpg
有機肥料を使い、もっとお金のかからない方法。
まずは庭の隅に穴を掘ります。
e0078674_1935776.jpg
そこに、人間ならば誰でも毎日する有機物を入れて、あとは刈り取った雑草とかを入れて隠してしまえばいいのです。
e0078674_19115361.jpg

ネコ砂で、臭いもなくコンポストとして再利用できるのが市販されていて、それを使うという手もあるのですけど、そういう使い方は推奨されてはおらず、だいいち高価なので有機肥料を買ったほうが安いです、
それから、庭の隅に掘った穴は、雑草を処分するために掘ったもので他には何もも入れてませんので念のため。
雑草も、こういうふうに処分すれば。肥料として利用できるのです。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-02-28 19:18 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(2)

どうして春はあけぼのなの?

早いもので二月も終わり、来週からは三月で春です。
春といえば「春はあけぼの」といいますけど、どうして春はあけぼのなんでしょうか。
e0078674_88157.jpg
実はこのネタ、今年で三年目なのですが、今年は違う角度で掘ってみようと思います。
この言葉は、清少納言が巧妙に仕掛けたトリックなのではないのでしょうか。
考えてもみてください。

春は午後 桜の咲くはさらなり 風に舞う、花びらの散りたるもまたよし 薫り高き茶、舶来の器に淹れて飲みしは、いふべきにあらず 甘露なる御菓子もいとをかし

e0078674_8325136.jpgこんな当たり前の文を書いても、誰も読んではくれないでしょう。
そこを敢えて「春はあけぼの」と書き、
「そういえば春は眠くて閨房に篭ってばかりだわ。春の夜明けってどんなのかしら。」と、読み手をその気にさせておいて、
「まあ、今まで春って、明るいうちに花を眺めるのがいちばんだと思ってたけど、それより美しい世界があったのね。」と、一文をもって百見を撃破しているのではないのでしょうか。
春眠暁を覚えず、という言葉があるくらいで、誰も春に夜明けなんて見ないのですから。
本格的に暖かくなって、桜の下でどんちゃん騒ぎをするのもいいですけど、暦の上では春とはいえ、まだ厳しい寒さが続き、朝などは霜柱がまだザクザク立ってる、ちょうど今の時季、名前も知らない花がたくましくも咲いているのを見るとワクワクします。
もちろん、桜と名もない路傍の花では、どちらが美しいかなんて、比べるまでもないのですけど。
春でいちばん美しいものは何かなんて、そんなのは人それぞれでいいんじゃないのでしょうか。
清少納言が住んでいた京の都では、東にアルプス山脈があり、そこから見える朝日は、関東で見ることのできる朝日とは違っていた。と、いうのもあるのかも知れませんけど。
枕草子は面白いので何度読み返しても飽きません。
そういうわけで、来年もこのネタ引っ張るつもりなのでよろしくお願いします。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-02-27 08:57 | ぬくぬく引きこもり記 | Trackback | Comments(0)

小鮒釣りしかの川

e0078674_2345135.jpg

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く
藻谷 浩介  NHK広島取材班 著 (角川新書)
里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く
井上 恭介  NHK「里海」取材班 著(角川新書)
里海~のほうから読んだのですけど、私がこのブログで「原始人ごっこ」と称してやってきたこととかなり内容が被ってます。
そんなことをしてきた私がいうのもなんですけど、と、いうより、そんなことをしてきた私だから敢えていわせてもらいますが、この本、かなり大風呂敷を広げてるんじゃないでしょうか。
プロのTVスタッフだけあって、私が指摘したい弱点や問題点はすべてフォローしてあるのですが「里山資本主義は世界経済の最先端」ですとか「グローバル経済からの奴隷解放」といった文言は美辞麗句に過ぎる気がします。
e0078674_2561358.jpgそりゃ、私だって、デモに参加するより家庭菜園でトマト作ってたほうがマシ、とは思ってましたけど、本当にこんなことで、やれ革命だの、世界を食い潰すモンスターと戦うだのいい出す人がいるとは思ってもみませんでした。
まったく、プロのドキュメンタリー制作者は、何の変哲もない凡庸な日常を、ドラマチックに仕立ててしまうのが上手ですね。
それはそれとして、本書の中に、田んぼでも育つホンモロコという魚が出てきて、京都の料亭などでは高級食材として珍重されているそうで、ホンモロコではありませんけどふつうのモロコなら近くの小川にいくらでもいるので、さっそく捕りにいってきました。
モロコは関東ではクチボソといって、本当に川や池があればどこにでもいる魚です。
まだ水が冷たかったのか、罠を仕掛けた時間が短かったのか、釣果はいまひとつですけど、それでも3匹のクチボソと、ブルーギルを捕えることが出来ました。
クチボソは甘露煮に、ブルーギルは塩焼きにしてみました。
原材料費ゼロの、お財布にやさしいおかずの完成です。
e0078674_322290.jpg
でもこんなことで本当に革命なんてできるんでしょうか。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-02-22 02:41 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)

失敗しても大丈夫

e0078674_9181628.jpg以前から、野菜の種を蒔くときには園芸店で売られている種蒔き専用の土を買って使っていたのですが、今年からは普通の庭土を使うことにしました。
野菜の栽培には、種の発芽がいちばん大切で、これに失敗してしまうと後からどんなに努力してもどうしようもないのですけど、別に素人が趣味で片手間にやってることなんですし、市場に出すわけでも何でもなく、自分で作って自分で食べるだけなので、失敗しても別に何の問題もないのですし、むしろ失敗からこそ多くのことを知ることが出来るので、今年は自己流でやることにしました。
テキスト通りにやれば、そりゃ失敗しなくて済むのでしょうけど、それじゃ面白くないですからね。
とはいえ、庭土をそのまま使うと、野菜の芽より先に雑草が生えてきてしまうので、こうして今のうちからお日様の光にあてて充分に乾燥させて滅菌します。
こういう地味な作業をしているとつくづく思い知らされるのが、つい数十年前までは農作業で人糞や火を普通に使うのが当たり前だったということ。
今そんなことをしたら、警察沙汰になってしまいます。
e0078674_9363327.jpg
人糞は、例え使えたとしても使う気はないのですけれど、火が使えないのは本当につらいです。
種蒔きの前に、畑に火を放てば、雑草や害虫を根こそぎ始末してしまえるのですが、今は防災上の問題でそれが出来ません。
ですから、どうしても除草剤や殺虫剤に頼らざるを得なくなってしまいます。
有機栽培無農薬の野菜が、お金持ちのためだけの贅沢品になってしまったのは、それが原因なのじゃないのでしょうか。
収穫した野菜も、食べられない部分は焼いて灰にしてしまえば肥料になるのですが、結局産廃として処分しなければならず、腐らせるにしても、衛生上の問題でやっぱし警察沙汰になってしまい、化学肥料を使わざるを得ず、その分コストがかかってしまうのです。
とはいえ、今年は元を取る、とまではいかないまでも、なるべくお金をかけないことが菜園プランのテーマです。
さて、と。今年は何を育てようかなあ。
e0078674_22513024.jpg
スプリングラムのいいのが手に入ったので、この骨をミルで挽いて粉にして肥料にすることにしました。
北半球と四季が真逆のニュージーランドでは、今が子羊の食べどきで、本当は骨までしゃぶりつくしたいのですが、野菜のために我慢です。
いやあ、家庭菜園はつらいなあ。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-02-13 09:28 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(4)

MY DIAMOND

e0078674_20502157.jpg
2016年1月24日16時48分、荻窪タウンセブン屋上あおぞらぱーくにて、富士山の頂上に夕日が沈む、いわゆるダイヤモンド富士が見られました。
実際にはちょっと南寄りで、本当のダイヤモンド富士は明日ぐらいになりそうですけど、明日も晴れて富士山が見られるという保証はどこにもありませんし、だいいち明日からは仕事でのんびり富士山を見てる暇なんてありませんから、今日のこの日の富士山をしっかとPCに焼き付けておくしかありません。
e0078674_2133069.jpgこれからだんだんと日は長くなり、富士山との距離は離れていくのです。
とはいっても、今頃の季節以外でここから夕日が沈むのを見たことはありませんから、春分の日や夏至の頃に富士山と日没がどういう風に見えるのかは知りません。
いい加減なことをいうとまた怒られるから自粛しておきます。
「それにしても、こんなにきれいな富士山が一望できるところに町があるなんてツいてますよね。」なんていうのは逆で、古来より人は高い山が見晴らせるところに集落を作り定住し、それが今の町になったのです。つまりは町のほうが後からできたんですね。
まだまだ寒い日が続き、むしろ本格的な冷え込みは2月に入ってからといいますけど、それでも日没は富士山から遠退いていき、春が近付いてきて種を蒔く準備を始めなければなりません。
カレンダーなどなかった時代、人は山に沈む夕日を見て暦を測っていたのでしょう。
ですから、ランドマークになる山がある、というのは、人がそこに住むうえでで欠かすことのできない条件であったに違いありません。
昔も今も、そして洋の東西にも関係なく、人の営みに大した差はなかったのではないのでしょうか。
e0078674_21223560.jpg
そして今宵は旧暦十二月十五日、お日様が西の空に沈むと、まん丸のお月様が東の空から昇るのでした。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-01-24 20:00 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)

オフホワイト

e0078674_18233148.jpg
降ると予報では報らされてたものの、まさか本当に積もるほど降るとは思っていなかったので何の対策もしてませんでした。
この程度の積雪なら、バイクで走れなくもないのですけど、無理をして万が一、事故ったり怪我したり風邪をひいたりしてはつまらないので、その旨を会社に電話で伝えると、公共の交通機関で来るように指示されまして「バイクが出せないのに電車やバスが走ってるわけないじゃん。」と、思ったのですけど、業務命令ですから仕方なしに出勤することにしました。
駅に行くと、案の定電車は止まってまして「この雪じゃあ無理ですよね。」と、駅員さんに尋ねると「いえ、今復旧しましたからすぐに電車は来ます。」
待つこと30分、電車は来たもののバッテラ寿司のように満員なので急行はあきらめ各駅停車を選びました。
すごい満員なうえに、「停止信号です。」と何回も止まること数え切れず、普通なら10分の距離を2時間かけてターミナル駅へ。
e0078674_1918389.jpg
そこから電車を乗り換えて会社のある駅まで行くのですが、都心から遠のく路線なので空いてはいるものの、一向に発車する気配がありません。
そのうちケータイで会社から連絡があり「取引先から材料が入ってこなくて仕事にならないから今日は休み。」
積載量ギリギリまで重い鉄を積んだ車がこんな日に走るわけないでしょう。ましてや軽井沢であんな事故があった直後に。
雪国の人には笑われちゃうかもしれませんが、都市機能はわずか数センチの積雪でホワイトアウトしてしまうのです。
昼前に帰ってきて「去年も一昨年もこんな雪が降ったっけ。」と、昔の画像を探り出してみたのですが、デジカメっていうのは便利なようで思わぬ陥穽があり、フィルム代がかからないのをいいことに無駄な画像を撮りすぎてます。
おかげで、見たかった画像、結局見つけられませんでした。
e0078674_1942811.jpg
昼過ぎには青空も広がり、朝の出来事が夢のようです。
あわただしい一日ではありましたが、都心の雪景色も見られましたし、正月にできなかったデジカメ画像の整理もできましたので、年に一度あるかないかの雪の日の過ごし方としては、まあまあだったんじゃないのでしょうか。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-01-18 19:13 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(2)

春の足音

e0078674_2001041.jpg去年は残暑も少なく急に涼しくなったと思ったら、冬の冷え込みはそれほどでもなく、かといって暖冬というには朝晩の冷え込みは厳しく、それなりに寒いのですが、やっぱしいつもの冬よりは寒くないらしく、フキが枯れずに残っています。
フキノトウがもう咲いてるかな。と、思って茂みの中を探ってみたら、ありました。
冬が来るのが遅かったのやら、春が来るのが早いのやら、なんだかよくわかんない季節です。
それでフキノトウも、新芽のようななんだかよくわかんない変なかたちをしています。
地球温暖化の影響なのかは、わかりません。
ただ一ついえることは、今年はいつもの年より早く、フキノトウが味わえる、ということだけです。
そして、まさかこのフキノトウが来月には開花、なんてことはないでしょうから、しばらくの間はフキノトウが楽しめそうです。
こうやって、道端に生えてる雑草を食べて生きていけたらあくせく働かなくても済むのに、と、思うのですが、そうもいかないらしく、風流を楽しむ程度にとどめておかなければならないようです。
e0078674_20231780.jpg
とりあえずは天ぷらにしてみました。
さっきまで道端に生えてた、ただの雑草が、白飯にもお酒にも合うオカズに早変わり。
もともとここは、ツツジの花壇だったらしいのですが、行政の経費削減とかで、管理が行き届かなくなり、フキの自生地へ変貌を遂げ、よく見れば今でも枯死したツツジの残骸が無残な姿をさらしています。
晩春に咲くツツジもいいですけど、早春に咲くフキノトウはもっとよく、行政も粋なことをしてくれるもんです。
あ、いや、行政が何もしなかった結果がこれなんですけど。
e0078674_20391367.jpg
紅梅も花を咲かせましたけど、やっぱし私は、色気より食い気なのでした。
[PR]
# by sweetmitsuki | 2016-01-17 20:32 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)