タグ:天明の大飢饉 ( 2 ) タグの人気記事

本当は恐ろしい「はてなの茶碗」

落語の演目に「はてなの茶碗」という噺がありまして、これには天皇が登場するほか、関白・鷹司公とか鴻池善右衛門とか実在の人物が数多く登場するので、実際に起きた出来事をもとに作られたのではないでしょうか。
実在の人物とはいえ、鷹司家も鴻池家も古くから続いてる家なのでいつの時代の誰なのかといわれると即答に困るのですが、この話のラストで、油屋が「茶金はん、こんどは十万八千両の大儲けでっせ。」といってるところに注目したいです。
一合の茶碗が千両なら、一斗の水瓶は十万両になる計算で、どうして十万八千という中途半端な数字が出てくるのかわかりません。
調べてみますと天明の飢饉のとき幕府は大阪の豪商に困民救済のため御用金を供出するよう命じており、鴻池家は銀千八十貫目を献上したという記録があり、108という数字はここからきてるのではないでしょうか。
そもそも、ひび割れしてないのに水が漏る茶碗というのは、真面目に働いてるのに金が貯まらない人を暗示していて、つまり油屋ははてなの茶碗そのものです。
当時(今でも)油屋のような身の上の人はたくさんいましたから油屋ひとりが大金を得てそれで終わりというのは不公平で、金持ちは貧乏人の生活改善のために少なくともその108(煩悩の数ですね)倍の金を出すべきだというのでしょう。
そして関白・鷹司公ですが、公家の中でも関白に任官されるのは、近衛・九条・二条・一条・鷹司の五摂家だけなのですが鷹司家はマイナーな家柄であんまし関白を出していません。
ところがこれも天明の飢饉のとき、光格天皇は関白・鷹司輔平を通じて幕府に窮民救済をするよう書簡を送ったという記録が残っているので、「はてなの茶碗」に登場する時の帝とは光格天皇で間違いないでしょう。
つまり、「はてなの茶碗」とは滑稽な笑い話ではなく、天明の飢饉のとき、農村では餓死者も出るほどの惨状だったのに、都市に住む一握りの富裕層は骨董品の収集に千両の大金を惜しみなく散財していたことを嘆いた社会への風刺なんじゃないでしょうか。
と、まあ好き勝手に喋り散らかしてしまいましたが、「はてなの茶碗」をそのように解釈する論説はなく、いつものように私が勝手に落語の筋書きに史実を繋ぎ合わせただけなのですけど、優れた落語作品というのはその気になればどのようにでも深読みすることができ、だからこそ現代にまで語り継がれているのでしょう。

[PR]
by sweetmitsuki | 2017-04-30 08:24 | おどろけー | Trackback | Comments(2)

朝鮮の閔妃と日本の後桜町天皇

e0078674_04073310.jpg
幕末から明治にかけての歴史資料を読んでいると、日本人がいわゆる皇国史観を持つようになったのは日清戦争の後からで、江戸時代にはほとんどの人が天皇の存在すら知らなかったと書かれていることが少なくないのですが、私はこれには首を傾げてしまいます。
その理由の一つである「御所御千度参り事件」について少し述べさせていただきます。
江戸時代の後期、智子という皇族の女性が後桜町天皇として即位します。(1762~1770)
異母弟の桃園天皇が22歳の若さで死んでしまい、その息子の英仁親王が後桃園天皇として即位するまでの代役のはずだったのですが、後桃園天皇も22歳で死んでしまい、天皇には1歳にも満たない娘の欣子内親王しかいなかったため、いくらなんでも0歳の赤ちゃんと成人男子を結婚させるわけにもいかず、閑院宮家という傍系の第六皇子祐宮師仁を年が近いという理由で婿にして光格天皇として即位させたため、上皇として天皇を支えなければならなくなってしまったのです。。
(つまりは神武天皇から絶えることなく男系の直系の子孫が天皇になってるなんてのはウソなんですねい。)
その光格天皇が17歳のとき、「御所御千度参り事件」は起きました。
天明7(1787)年6月7日、素性の知れない老人が始めたのが発端だそうですが、京都の御所の築地塀の周りを廻る「御千度(おせんど)」をする人々が現れたそうです。
7日には50人ほどの程度であったが、次第に数を増し10日には1万人もの老若男女が集まって塀の周りを廻った。その人数は、18日前後には一日7万人に達したといいます。
人々は南門にたどり着くと、銭を南門前面の敷石に投げ入れ、その向こうにある紫宸殿(ししんでん、御所の正殿)に向けて手を合わせたといいますから現代の詣と同じようなことをしたのです。
この「御所御千度参り」に集まったのは京都の人だけでは なく、噂は大阪や近国にまたたく間に広まったそうです。
暑さの厳しい頃なので、御所では築地塀の周囲の溝に、冷たい湧き水を流して、手や顔を洗えるようにしました。後桜町上皇は、3万個の和りんごを配らせましたが、昼前になくなってしまったらしいです。隣接する有栖川宮家、一条家、九条家、鷹司家も、茶や握り飯を配りました。
何故人々は御所に集まったのでしょうか。
実はこの年、江戸四大飢饉のひとつとして数え上げられている天明の大飢饉の影響で、米価が高騰し、餓死者まで出るという悲惨なことが起きていました。人々は、幕府の京都所司代や京都町奉行所に繰り返し嘆願したのですが、これらの役所はいっこうに救済策をとらなかったので代わりに天皇に詣でたのです。
光格天皇は、これを見て、すぐさま行動に移りました。
関白・鷹司輔平を 通じて、対幕府の窓口である武家伝奏に、幕府方の京都所司代 に対して窮民救済に関する申し入れをするよう、命じたといいます。
実は江戸時代には、天皇は武士のやることに口を挟んではいけないという決まりがあって、そんなことをすれば後桜町上皇も光格天皇も流罪に処せられてもおかしくはなかったのですが、それも覚悟の上だったのでしょう。
江戸の幕府は、朝廷からの申し入れを受けて、千石(15トン) の救い米放出を命じ、これを朝廷に報告します。
この頃は一揆や打ちこわしなど、民衆の不満がピークに達していましたから、さらに天皇(しかも女と子供)を敵対するのは分が悪いと考えたのではないのでしょうか。
この年の11月に挙行された大嘗祭では、光格天皇の次の御製が世上に流布し、評判となりました。

身のかひは何を祈らず朝な夕な民安かれと思うばかりぞ
(自分のことで何も祈ることはない。朝な夕なに民安くあれと思うばかりである)

じっさいのところ、江戸時代の一般市民が天皇のことをどう思っていたのかは詳しい資料が残っていないのでよくわからないのですが、天皇が民衆のことをどう思っていたのかについては、このように資料が残っています。
ですが天皇も現人神ではなく人間ですから歴代の天皇がすべてこんな立派な人だったのかどうかは不明です。
「牝鶏嘶けば国滅ぶ」という言葉があるくらいで、女性が玉座に就くのは傾国の前兆ともいわれていて、実際隣国の清は西太后の時代に、そして朝鮮では閔妃の時代に国が滅んでいます。
男性の皇位継承者が現れず、女性が天皇になって、しかも天災が起き飢饉になり民衆が反乱を起こしても国が滅びなかった日本は本当に奇跡としかいいようがありません。

[PR]
by sweetmitsuki | 2017-04-26 04:14 | 朝鮮の○○と日本の×× | Trackback | Comments(0)




手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧