mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新のコメント
あんつぁん ズッキーニ..
by sweetmitsuki at 05:40
八曜社さま うちでは夏..
by sweetmitsuki at 05:36
佐平次さま 糠床は何度..
by sweetmitsuki at 05:32
夏野菜。清涼感があります..
by antsuan at 20:34
盛夏!と言ったところの食..
by stanislowski at 15:33
糠漬けを始めると欠かせな..
by saheizi-inokori at 09:10
あんつぁん 今どきは、..
by sweetmitsuki at 06:16
今年は空梅雨のようでちょ..
by antsuan at 20:17
佐平次さま 掃除をして..
by sweetmitsuki at 20:36
効きそう、なんにでも。
by saheizi-inokori at 09:43
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:太陽光発電 ( 5 ) タグの人気記事


太陽の恵み

e0078674_04262272.jpg
私が使ってる太陽光パネルはドイツのQ-セル社製で、日本製の一般的なパネルに比べ日射量が少ない早朝や夕方でも発電することができ、1日における発電時間を増やすことができるといわれてます。
これは別に日本がドイツに劣っているというわけではなく、発電量の変換効率が高いパネルはそれだけ値段も高く、日照時間の少ないドイツ国内でこそその威力を発揮できるのですが、逆に日照時間の長い日本ではもっと低価格で低能力のパネルにコストパフォーマンスで負けてしまうので普及しないのです。
ちなみに自然エネルギー先進国といわれている北欧が太陽光発電の分野で上位にいないのも同じ理由で、日照時間がさらに少ない北欧では太陽光発電は採算が合わないのです。
低価格といえば、かつてカドミウムがパネルに使われていた時代がありました。
1984年に松下電器(現パナソニック社)がそれまでのシリコンを使ったパネルに比べ大幅に生産コストを下げられるとしてテルル化カドミウム(通称カドテル)を使ったパネルを世界初の商品化に成功していますが、イタイイタイ病で知られるカドミウムを大切なマイホームの屋根に乗っけようとする人はおらず、すぐに製造が中止され、現在国内でカドテルを製造しているメーカーはなく開発も継承されていません。
ところが、アメリカのファースト・ソーラー社が生産コストが安いことに目を付け2002年にカドテルの生産を開始し、2013年には日本法人を設立し、日本市場の本格的な開拓に乗り出したそうです。
カドミウムを住宅の屋根に乗っけて本当に大丈夫なのか不安ですが、この懸念に対応するため、ファースト・ソーラー社では同社の販売したカドテルを使用後に無償で引き取り、製品に含まれるカドミウムをリサイクルする制度を導入しているそうです。
安全面はそれでいいとしても、カドテルに使われているテルルは希少金属で、資源量を懸念する声もあり、そちらも気になります。
このブログの広告欄にも「太陽光発電で遊休地が収入に激変」「サラリーマンでもお気楽に始められる太陽光発電投資」とか調子のいいことが書いてありますけど、このようにひと口に太陽光発電といってもピンキリで、本当にそんなおいしい話があるのかどうか眉唾です。
太陽光発電は儲かるのか?
太陽光発電で脱原発できるのか?
残念ですが私が調べた範囲では、どちらもNOといわざるを得ません。
ただ、太陽光発電は人類に必要最低限度のエネルギーをもたらしてくれるのだけは間違いないようなのです。

[PR]

by sweetmitsuki | 2017-05-18 04:42 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(4)

陽の光浴びて

e0078674_10062559.jpg
今年も無事食用ヒョウタンと綿花が発芽しました。
この種は種苗会社から購入したものではなく私が去年の収穫品から自家採種したものです。
よく、モンサントが農家から自家採種する権利を奪ってけしからんとかいう人がいますが、今どき、よっぽどの物好きでもないかぎり自家採種なんか誰もやってません。
農家は農業で利益を出さなければいけませんから、多少の投資はしても収穫に保証のある種苗会社の製品を買うのが賢いやり方で、元手がいらないとはいえ、品質にばらつきのある自家採種は博打でしかないのです。
ですからすぐれた栽培品種を開発しているモンサントは優良企業というべきで非難するのは筋違いでしょう。
とはいえ、私は野菜栽培で利益を考えてないですし、よっぽどの物好きの一人なので、こうして自家採種を毎年育てています。
e0078674_10281639.jpg
去年の夏に設置した太陽光発電も順調で、リチウムイオン乾電池ぐらいなら余裕で充電できます。
e0078674_10284592.jpg
コードレスクリーナーだってこの通りです。
サンライズ立ち。(オモチャの掃除機だけでなく本物の充電式掃除機の充電もできます。)

[PR]

by sweetmitsuki | 2017-05-15 10:51 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(4)

特別なスープ

e0078674_1514711.jpg前回までのあらすじ
一万円でできる太陽光発電所の作りかた(Amazonはコチラ)という本を買った私は、結局4万円以上の投資をして太陽光発電所を作りました。
この太陽光発電所、ケータイの充電とかなら余裕で役に立つのですけど、調理家電が動かせません。
今日びの調理家電は1000Wが標準なのですがインバーターが120Wしかないからです。
120Wでも動く電気製品はたくさんあるのでそれでもかまわないのですが、やっぱし家電といえば調理家電で電気は煮炊きができなければ物足りません。
インバーターの出力を上げればいいのですが、インバーターはそれ自体が電気を消費するのでそれをするとなるとバッテリーも増設しなければならなくなります。
結局、120Wでも動くスロークッカーという家電があることを知った私は、アキバまで買い物に出かけたのでした。


スロークッカーは煮炊きしかできないので、もう少し用途の広い保温トレイ(東芝製、詳しくはコチラ)を購入したのですが、これは90Wなので使えるのですけど、その名の通り保温だけで沸騰できません。
それでも、ネットで検索してみるとこの保温トレイを使って煮込み料理を作っている人はけっこういますし、しゃぶしゃぶとか温泉卵とか沸騰しなくても、というか沸騰させてはいけない低温で煮込む料理はたくさんあるので、さっそく調理開始です。
e0078674_15401481.jpg
彼岸を過ぎてこの前までの暑さはどこへやら、夜には温かい料理が欲しくなるこの頃、狐豆腐を作ってみました。
作りかたは簡単で、豆腐と油揚げを重曹で煮込むだけ。とろとろに溶ろけたら完成。
普通の湯豆腐のように、生姜醤油やポン酢でいただくのですが、最後に箸でつまめないスープ状のものが残ったら別メニュー開始です。
e0078674_1549577.jpg
ご飯を入れ、明太子とネギとバターをトッピングし、お醤油をかけるだけ。
それでも充分に美味しい豆のパワーをダイレクトに感じられる雑炊です。
[PR]

by sweetmitsuki | 2016-10-01 14:59 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(8)

たらればの話

先日、私の作った太陽光発電所(5Wの発電モジュール、12Vの自動車用バッテリー、出力120Wのインバーターを使用)では能力が低すぎて調理家電は動かせないという話をしたのですが、今日になってスロークッカーなら消費電力が少ないから動かせるんじゃないかという話を聞きましたので追加報告です。
スロークッカーとは聞き慣れない言葉ですが、1970年代に発売された家電で、その名の通り弱火でゆっくりと料理を作る機械です。
電子レンジの普及で一時はすっかり市場から姿を消してしまっていたのですが、不況下の昨今、消費電力の少なさから再び注目を集めているんだそうです。
スロークッカーのいちばんの強みは、電気を使って温度調整をするのでガスのように吹きこぼれたり途中で火が消えたりしないので、火の見張りをすることなく安心して調理中に外出したり就寝したりできるということ。
そして弱火でコトコト煮込むので安い(硬い)お肉も美味しく(柔らかく)調理できます。
さらに、調理の発熱が少ないので夏場などはキッチンが熱くならず冷房代もお徳です。
光熱費も食材も安く上げることができてお財布にも地球環境にも優しいのなら、太陽光発電所とは関係なしに欲しくなってしまいますよね。
と、まあ、深夜のTVショッピングみたいな話題になってしまいましたけど、実際に自作の太陽光発電所で動くかどうかはまだ未知数です。
インバーターの問題は解決できたとして、平均調理時間が5~6時間だそうなので、そうなると今度はバッテリーがもつかどうかわかりません。
やってみればわかることなんですけど、まだスロークッカーの購入予定はないのでそれはまた今度の話になりそうです。
安いもので3000円だそうですから、勢いで奮発してもいいんですけど、この件で散財しすぎちゃってるので予算的に一度冷静にならなければならないのです。
[PR]

by sweetmitsuki | 2016-09-13 19:38 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)

不便のほうが便利よりだいぶいい

e0078674_18383233.jpg太陽光はほぼ無限のエネルギーなので一度設置すればあとはもうエネルギーに困らなくていいと思ってましたけど、実際には発電モジュールの天候コンディションとか、バッテリーのキャパシティーとか、インバーターのスペックとかによって使える電気の量が制限されてしまうので、実際に作ってみると万能と呼ぶにはほど遠いです。
特に調理家電は1000W以上の電力が必要なのが普通で、私の120Wしかないインバーターでは絶対に動きません。
せめて800Wのインバーターを購入していれば、ニクロム線のコイルの電熱器ぐらいなら動かせたのですが、今さら投資を増やせないのであきらめるしかありません。
チルドピザぐらいなら余裕で焼けると思っていたのに、とんだ誤算です。
昔ながらの普通の白熱電球を発光させるのに使う電力がおよそ100Wで、実は電気を熱に変えるのはとても効率の悪い使い方なんだそうです。
でも、自動車のシガーソケットでお湯を沸かせるポットも(人気も評判も悪いのですけど)あることにはありますし、このジャンルの進むスピードは本当に早く、もしかしたら私が知らないだけで何かいい道具があるのかも知れないですし、そうでなかったとしても明日になったら新製品が発明されているかもしれません。
確かなことはただ一つ、私が作った太陽光発電所では、インバーターの能力を上げるなり少ない電力で発熱する電気製品をそろえるなり、新たな投資をしないかぎりお湯を沸かすことは出来ず、そんなお金を使うくらいならカセットコンロを用意したほうがはるかに安上がりだということ。
なんだか、良いところがまったく見当たらないような気がしてきましたけど、こんなのはまだ序の口、いずれ良い使い道は必ず見つかるはずです。
[PR]

by sweetmitsuki | 2016-09-12 19:20 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)