mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

タグ:裁判沙汰 ( 1 ) タグの人気記事

なんて時代に産まれたもんだドラえもんはいないしポッケはないし

e0078674_09410078.jpg
雨の中傘をさしながら選挙に行ってきました。
応援している政治家もいなければ同意している政策もないので本当は行く気はなかったのですが、自民圧勝なら年内にも憲法改正との知らせを聞いてその時になって後悔しないために投票だけは済ませてきました。
とりあえず過去にやんちゃして裁判沙汰を起こしたことがあるので、そのときお世話になった弁護士さんへの恩返しのつもりでその人が所属している政党に投票しました。
ですがその政党を支持しているわけでも何でもなく、むしろその政党が掲げている公約は間違ってると思うのですが、他に投票する政治家がいないんだから仕方ありません。
人が人として一人前になるには投獄と闘病と放蕩を経験しなければならないといいますけど、その結果辿り着いたのですからたぶん間違ってても後悔はしないでしょう。
例え選挙に敗けたとしても、その政党は私と同じ境遇に立たされた若者をこれから先も弁護してくれるに違いありませんから、それだけでいいのです。
それにしても民主主義とは用意されたハズレの中からハズレを選ぶことだとはいいますけど、正直な話本当にきついです。 
裁判所への出頭要請とかそんなことを経験してなければ棄権していたと思います。
e0078674_10052083.jpg
最初にお伝えした通り、今回の選挙の焦点は憲法改正なのですが、これについて述べるとすごーく時間がかかって結局収拾がつかなくなるので、今回は省略させていただいて、次のもっと時間のある時に勉強してから述べさせてもらうことにします。
今は憲法改正と集団的自衛権を分けて考えるべきなのではないでしょうか。
つい先刻まで自衛隊が派兵していた南スーダンだって、アフリカの新興国というと干ばつや風土病に苦しんでいる地域というふうに想像しがちですが、実際には青ナイルと白ナイルが交差するアフリカのパン篭とも呼ばれる肥沃な土地で古代からピラミッドが建設された歴史と文明のある国です。
日本が支援してメリットのない国ではありません。
その国を、憲法に従って武力介入はせず人道支援のみを行うという従来日本が行ってきたことをこれからも継承すればいいんじゃないのでしょうか。
もちろん、それで問題が山積みなのは知ってますし、憲法そのものが現代の情勢にそぐわなく改正が必要だと私個人はそう思っています。
ですが、そんな時だからこそ、大きく方向転換せず、嵐を切り抜けるのが得策だと思うのです。
e0078674_10054432.jpg



[PR]
by sweetmitsuki | 2017-10-22 10:29 | ぬくぬく引きこもり記 | Trackback | Comments(0)