mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

木更津ランナウェイ

e0078674_20521322.jpg貧乏暇なしとは、昔の人は上手い事を言ったものでして、どうして休む暇もなく働いてるのに我が暮らし楽にならざるのか、その辺のところを考察しましても腹が立つだけなので省略する事に致しまして、とにかくもう政治も経済もまったく信用出来ません。
いったい、どうしてこんな世の中になっちゃったんでしょうか?
ともあれ、機械ですら休みなく動かし続けるとオーバーヒートを起こして壊れてしまうので、ましてや生身の人間です。
木更津までリフレッシュしに行って来ました。
とはいえ、先日手術を受けて退院してきた親が「もうこれが最後かもしれないから温泉に浸かって旨い魚が食べたい。」と申すので(実際にはあと10年以上は大丈夫らしいのですけど)そのお供で行って来たのでちっともリフレッシュ出来てません。
美味しい魚を食べさせてくれる店など東京には幾らでもあるし、ハイテク機器を備えたスパ施設にしたって、それこそあと10年かけたって全部は廻り切れないほど沢山あると思うのですが、自然に囲まれた処でないと癒された気分になれないというんですから仕方ありません。(しかも犬を飼っているので日帰り限定)
温泉は万が一の事があるといけないので貸切の個室を予約したのですが、レンタカー借りるのは初めてなので時間が読めず、予定より1時間も早く着いてしまいました。
その分、海鮮みやげ屋で生簀を覗いたりして楽しめましたのでまぁいいでしょう。
e0078674_21213454.jpg

驚いたのは、車イスのまま旅館に入れて、座敷で食事が出来て(畳の間に椅子が敷いてあった)更には浴室まで車イスで入れた事。
流石に、車イスのままで湯船には浸かれませんでしたが。
それでも、手の届くところにはすべて手すりが設置されていて、いやぁバリアフリーって本当に凄いです。
まだまだニッポンも捨てたもんじゃありません。
e0078674_2139335.jpg

レンタカーはTのPを借りたのですがアクセルといいステアリングといいブレーキといい実に滑らかで快適でした。
ガソリンも、東京湾アクアラインを往復してたった3リットルしか消費していないという燃費の良さはハイブリットカーならでは。
海が一望できる温泉が希望だというので海沿いの田んぼのあぜ道みたいな所を通って来たのですが、これもカーナビなしでは四苦八苦していたに違いありません。
これら燃料電池車にはレアメタルが必要不可欠で、私たちがこうして快適なドライブを楽しんでいるぶん、レアメタルを産出する地域の民族が虐待を受けているのかと思うと、心苦しいものがあるのですが。
e0078674_2245960.jpg海ほたるに着いた頃にはとっぷりと日が暮れてしまい巨大カッターフェイスのモニュメントもうまく撮れず、足湯も営業時間を終了していて残念でしたが、おみやげはちゃんと買えたので良しとしましょう。
あちこちに寄り道したので帰りが遅くなってしまいましたが、もう少し切り詰めれば館山や鴨川、勝浦まで余裕で行けそうです。
何といってもあっちの海は青さが違いますからね。
今回のように、のんびりぶらぶらハンドル回すのも悪くはないのですけれども。
それにしてもレンタカーを半日借りて諭吉一枚でお釣りがくるとは知りませんでした。
今どき都心なら駐車場代だけでも諭吉三枚ぐらいはしますから、週末乗るだけなら借りた方が全然お安いです。
お盆やGWには予約がいっぱいで、借りれないのが残念ですけど。
[PR]
by sweetmitsuki | 2009-08-09 22:32 | お出かけドリフト | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://swmitsuki.exblog.jp/tb/10820288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2009-08-11 06:59
結局いい旅でしたね。
Commented by sweetmitsuki at 2009-08-13 07:28
普段商用車にしか乗らないのでボンネットの長い車には抵抗があったのですが、乗ってみれば大して問題がありませんでした。
それよりも車椅子を押すのは猫車を押すのとは訳が違います。
それから、鮑の踊りと伊勢海老のお造りだけは外せませんでした。