mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
佐平次さま 呑川ぐらい..
by sweetmitsuki at 06:12
あんつぁん 海外で有効..
by sweetmitsuki at 06:03
ダムブームだなんて知らな..
by saheizi-inokori at 10:11
水力発電所も周りの環境を..
by antsuan at 06:42
あんつぁん ポルトガル..
by sweetmitsuki at 05:53
量的緩和といいながら、刷..
by antsuan at 19:22
佐平次さま  止めとく..
by sweetmitsuki at 06:12
アベノミクスがインチキな..
by saheizi-inokori at 21:55
あんつぁん たとえCO..
by sweetmitsuki at 05:48
今までと季節感が違ってし..
by antsuan at 16:18
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

彼岸花の咲く頃に



e0078674_20544019.jpg

いつの間にか彼岸花が咲いていました。
彼岸に咲くから彼岸花というのか、彼岸花が咲くから彼岸が来るのか、どうなんでしょう。
思えば去年の彼岸花を見て以来、一時間が数か月に感じるときもあれば逆に数か月がほんの一瞬に感じられるときもあったので、あれから本当に一年という歳月を経たのか、今になって考えてみるとどうにも実感がわきません。
もしかすると、気まぐれに彼岸花が咲くのを見て勝手に一年が経過していると思っているだけなのかもしれません。
ただ一つわかっているのは、今年見た彼岸花も去年見た彼岸花も、そして幼いころに見た彼岸花もそれは寸分違わぬ同じ花であることだけです。
去年咲いた花が散り、そして今年また花が咲いて散り、そしてさらに来年また花は咲いて散る。それを未来永劫にわたって繰り返す。それが花という生き物の運命なのでしょう。
だとすると人間という生き物も、束の間の平和を享受したと思いきや、つまらぬことで諍いをはじめ、分けあえば余るものを奪い合い、そしてお互いが疲れ果てて動けなくなるまで争い続ける、そんな運命の生き物なのかもしれません。
人の歴史と植物の生育を比べて、花という時季が平和に例えるのが正しいのか戦争に例えるのが正しいのか、そんなことはわかりませんが、とにかく私は戦争なんかで死にたくないのでそうならないためにはどうすればいいのか、生き残るための道を選ばなくてはいけません。
e0078674_21215009.jpg

ルポ 思想としての朝鮮籍
中村一成 著
岩波書店 刊
この本を読んで、私も少しは冷静になることは出来ました。
この本を推薦して下さった方に感謝感激です。
ですが、北朝鮮のミサイル&核実験許すまじ。アベVSコイケ勝つのはどっちだ。と、みんなが狂乱してる最中、ひとりだけ冷静でいるというのも辛いものがあります。

[PR]

by sweetmitsuki | 2017-09-28 21:36 | ぬくぬく引きこもり記 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://swmitsuki.exblog.jp/tb/26076995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2017-09-29 21:30
この人たちの人生を思うと能天気も極まれりな自分を恥じます。
Commented by sweetmitsuki at 2017-09-30 04:32
佐平次さま
私なんて、佐平次さん以上に能天気に暮らしてきましたけど、これからはそうはいかなくなるんじゃないかと不安です。
このまままっすぐ進めば破滅へまっしぐらなのは分かっているのですけど、どうやれば迂回できるのか全く分かりません。
彼岸花も大輪の花を咲かせながら実が生りません。角が暗いので提灯かしてください。
<< なんて時代に産まれたもんだドラ... こんなに平和なのにどうして戦争... >>