mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新のコメント
あんつぁん 養老孟司氏..
by sweetmitsuki at 18:56
遺伝子の発見は人類最大の..
by antsuan at 12:20
佐平次さま そのアベが..
by sweetmitsuki at 05:12
鍵コメさま おひさしぶ..
by sweetmitsuki at 05:10
まったくだ!
by saheizi-inokori at 21:24
あんつぁん 葉山にはな..
by sweetmitsuki at 01:33
umeさま 衣装は以前..
by sweetmitsuki at 01:29
葉山もたった二時間の行楽..
by antsuan at 06:52
畑の脇にあり、邪魔になっ..
by ume at 05:52
八曜社さま ヨーロッパ..
by sweetmitsuki at 05:06
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地震雷火事戦争

e0078674_21134308.jpg
朝鮮と日本に生きる
金時鐘 著
岩波新書 刊
私は時折、機械になりたいと思うことがあります。
自分の意志や感情を持たないで、ただ与えられた勤めを、寿命が尽きるまで働き続けられたらどんなにか楽だろうと思うのです。
ですがそんなモノになれるはずもなく、仮になれたとしても、苦しみ悲しみを失うことで、楽しみ歓びを失うのならそれは代償が大きすぎます。
「人生楽ありゃ苦もあるさ」とはいいますけど、苦のほうが楽よりもだいぶ多くても生きていくしかないのが人生です。
東アジアの近代史については、幾つか本を読んだことがあり、それ相応の知識もあれば、目を覆いたくなるような耳を塞ぎたくなるような鼻を抓みたくなるような惨劇にもそれなりの免疫があると思ってたのですが、甘かったです。
ページをめくるたびに指が重くなり、終いには動かなくなってしまいました。
著者の金時鐘氏が救世主のように崇めていた朝鮮共産党の書記長、朴憲永氏が金日成によって処刑された項でとうとう力尽き、ページを閉じてしまいました。
戦争で死ぬのも嫌ですが、それでも敵のすることなら、鬼畜の所業と諦められるのかもしれません。
ですが昨日まで仲間だと信じていた盟友に欺かれ裏切られ陥れられ濡れ衣を着せられて弁明の機会も与えられぬまま処刑されるというのはどんな気分なんでしょう。
さらに救いようがないのは、この出来事が遠い昔のことでもなければ遠い彼方のことでもなく、今は決着して平穏に無事に過ごしているわけでもないということ。
繰り返すようですが戦争は本当に嫌なのですが、では戦争をなくすために何が出来るのかというと何もできないわけで、せめて本ぐらいは読めるだろうと思い読み始めたのですが、それすら出来ませんでした。
最後に本を斜めにしてみたのですが、まだ半分も読んでませんでした。




[PR]

by sweetmitsuki | 2018-02-16 21:27 | 朝鮮の○○と日本の×× | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://swmitsuki.exblog.jp/tb/27075591
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2018-02-16 23:17
少し時間を置いたらまた読めるかもしれませんよ。
日本に来てからのことも興味深いです。
Commented by sweetmitsuki at 2018-02-17 05:06
佐平次さま
「過去は変えられないが未来は変えられる」とはいいますけど、過去に何が起きたのか知らなければ変えようがないです。

「虐殺語る遺骨・慰霊なき放置。遺骨が整然と並んだ状態で見つかった。整列させられたまま射殺されたとみられる。」韓国軍と右翼集団による赤狩りはその犠牲者が数十万人にも及び、ヒロシマ・ナガサキを凌駕する想像を絶する惨劇だった。

コレラが発生すると、その家を荒縄で遮断したうえ、発病者の戸口に水と漬物付きの一膳飯を差し入れるだけであとはひたすら罹病者の死を待つだけだという、おそろしく救済からかけ離れた防疫処置がとられた。

とどめが「サフェジュイジャ」同志による粛清です。
こんな救いようのない歴史は初めて知りました。
読み通さなければいけないのはわかっているのですけど、暫らく時間がかかりそうです。
Commented by antsuan at 2018-02-18 12:57
日清戦争の戦陣訓にある「敵国側の俘虜の扱いは極めて残忍の性を有す。決して敵の生擒する所となる可からず。寧ろ潔く一死を遂げ、以て日本男児の気象を示し、日本男児の名誉を全うせよ。」即ち「生きて虜囚の辱めを受けず」の真の意味を知って、支那大陸や朝鮮半島の人民の野蛮さを理解するには丁度良いのではないでしょうか。
Commented by sweetmitsuki at 2018-02-19 05:28
あんつぁん
ベルギーのテロで原発が標的の一つになっていたことからも、沿岸に建設された原発が狙われ、不審船に乗った工作員が火器を持って乗り込んで行って電源を全部切れば、フクシマと同じことが起こります。
「歴史は繰り返す」のか「未来は変えられる」のか。
いずれにせよ朝鮮人を理解しないことには始まらないです。
Commented by stanislowski at 2018-02-20 17:19
近すぎて似ているから?競ってしまうのでしょうか?
韓国・朝鮮のことを知らないまま来てしまいました。
幼心に覚えているのは「あの家は朝鮮人だ」という声が今でも記憶に残っています。

原発テロは「ブラックアウト」にも書かれていますね。
ベルギー在住者としての感覚では、住民はもうそんなこと忘れています。老朽化した原発の稼動は国家によって進められているのですから。多数の地域住民は稼動して欲しいと渇望している。どこまでロビィは地域性とか住民気質とか様々なことを調べ上げて暗躍しているのでしょう。
Commented by sweetmitsuki at 2018-02-21 05:04
八曜社さま
この本再び読みはじめまして、著者が密航船で済州島を脱出し、肌身離さず持っていた赤い薬包紙(いざというとき自決するための劇薬)を海に棄てたあたりから少しずつ指が軽くなっていきもう少しで読み終えそうです。

「在日を生きる」の中で金時鐘は「人間は大きく違うことには、どちらかというと寛容で、小さく違うことが気になって仕方ない。」と述べているように、大きくは違わないけど細かいところが違うというのが日本人と朝鮮人の相容れないところなのでしょう。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< デボルム前夜 雪が解けて川になって流れてゆきます >>