mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
あんつぁん 皇位継承は..
by sweetmitsuki at 05:30
WGIPの毒が効いていま..
by antsuan at 04:33
多くの犠牲者を出した事故..
by sweetmitsuki at 19:15
日航123便墜落の真相は..
by antsuan at 12:16
佐平次さま 気取った料..
by sweetmitsuki at 05:27
あんつぁん 空母といっ..
by sweetmitsuki at 05:22
ガレージなんてよんで食い..
by saheizi-inokori at 09:35
アジといい、サンマといい..
by antsuan at 06:31
あんつぁん 養老孟司氏..
by sweetmitsuki at 18:56
遺伝子の発見は人類最大の..
by antsuan at 12:20
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

いざ言問わん

e0078674_14443917.jpgまだまだ残暑の厳しい季節の筈ですが、すっかり秋のような陽気になってしまいました。
所用があって昨日、向島方面に言問橋を渡って出かけたのですが半袖では寒いくらいでした。
言問橋とは面白い名前ですがこれは平安時代の歌人、在原業平が
名にし負はばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと
と詠んだのに因んでいるそうです。
しかし本当に業平がここでこの歌を詠んだのかというとそれは怪しいものです。
「伊勢物語」に書かれている「昔、男ありけり」の「男」とは在原業平のことだと古くから信じられていてこの話をすべて真実だとするのなら確かにその通りなのですが、「伊勢物語」とは人に読ませることを前提とした日記で要するに今で云うブログです。
ブログに書かれていることがすべて真実だとは限らないのと同様、「伊勢物語」もその辺の事は差し引いて読んだほうがいいみたいです。
「伊勢物語」によれば「男」は清和天皇の妃になることが決まっていた藤原高子と恋仲になり駆け落ちをしようとして失敗し、それで東下りをしてこの歌を詠むのですが、史実では業平がそのようなことで咎められたという記録はなく、藤原高子もちゃんと清和天皇と結婚し陽成天皇を産んでいます。
在原業平と言えばもう一つ、百人一首にも選ばれている
ちはやぶる神世もきかず龍田河唐紅に水くくるとは
という歌が有名ですが、これも百人一首というより落語のほうが有名なので、もしかしたらこの歌を「相撲取りと花魁の歌」だと間違えて信じている人がいるのかも知れません。
歴史というのは、単なる雑学で知っていても知らなくても差障りがないような事ばかりなのですが、知っていると色々な事が分かるので便利です。
例えば、明治になって日本は朝鮮半島を侵略しますが、どうしてそんな事をしたのでしょうか?
e0078674_15354091.jpg歴史を知っていれば答えは一目瞭然、明治維新で中心的な役割を担った長州藩士たちの先祖が豊臣秀吉の忠実な家来だったからです。
・・・すいません、今のは当てずっぽうです。こんなお人形が出てくるイイカゲンなブログに書いてある事を信じないでください。
私が何が言いたいのかというと、世の中にはウソツキがいる、という事です。かつて日本が戦争で世界中からフルボッコにされたのも「日本は戦争をしても神風が吹いて敵をやっつけくれる」というウソを信じさせられたからです。
振り込め詐欺に騙されるとお金を損しますが、歴史のウソに騙されると国を滅ぼしかねません。
ちゃんと歴史を勉強して真贋を見極められる目を養いましょう。
さて、言問橋と言えば言問団子ですね。(詳しくはコチラ
小豆餡・白餡・味噌餡の三つがセットになっていてどれも美味しいのですが、私は小豆餡が一番好きです。
[PR]

by sweetmitsuki | 2008-08-24 15:45 | 史蹟で歴史のお勉強 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://swmitsuki.exblog.jp/tb/8512005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saheizi-inokori at 2008-08-24 16:33
歴史を勉強するときにこちらの主体、どういう立場で何を読み取るかが決め手、それは歴史を記述する側の問題でもある、ということを今更勉強しました。
いざ事問わん、は能の「隅田川」の重要なモチーフにもなっていますね。
Commented by sweetmitsuki at 2008-08-25 06:51
佐平治さま
隅田川のほとりに木母寺という寺があり、その一角に梅若塚と銘するものが設置されているそうです。
能の「墨田川」はフィクションですが、これを見た人は、梅若があたかも実在したような感に打たれるといいます。
この日は時間がなくて用事を済ませたらすぐ帰ってきてしまったのですが、今度また、ゆっくり散策してみたいと思いました。

Commented by saheizi-inokori at 2008-08-25 12:04
先日読んだ「戦争文学を読む」では伝説・怪談のような形で伝わっていくことが歴史の記憶ではなかろうかと言う言葉がありました。
”実在”とは後世の者が”そういうことがあった”と認めることなんでしょうね。
誰も認めない事実はなかったことになってしまう。
Commented by sweetmitsuki at 2008-08-25 21:48
「墨田川」や「山椒大夫」のように、奴隷を必要とする裏社会は存在し、その需要と供給を満たす闇市場も実在したのでしょう。
中世の、いえ、マッカーサーが来る前の日本では奴隷にするために子供が誘拐されるのはよくある事だったようです。
誰も認めない事実はなかったことになってしまうのでしょうね。


Commented by kodama53 at 2008-08-30 14:27
はじめまして、いつも拝見しております。
真贋を見極めるって難しいことですよね・・・汗

人形のお写真可愛いです。
Commented by sweetmitsuki at 2008-08-31 09:40
kodama53さま
ようこそいらっしゃいませ。
東京近郊の旧所名跡をぽこぽこ走り回っています。
よろしくお願い致します。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 雪おんな 夏の蜃気楼 >>