mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のコメント
あんつぁん 皇位継承は..
by sweetmitsuki at 05:30
WGIPの毒が効いていま..
by antsuan at 04:33
多くの犠牲者を出した事故..
by sweetmitsuki at 19:15
日航123便墜落の真相は..
by antsuan at 12:16
佐平次さま 気取った料..
by sweetmitsuki at 05:27
あんつぁん 空母といっ..
by sweetmitsuki at 05:22
ガレージなんてよんで食い..
by saheizi-inokori at 09:35
アジといい、サンマといい..
by antsuan at 06:31
あんつぁん 養老孟司氏..
by sweetmitsuki at 18:56
遺伝子の発見は人類最大の..
by antsuan at 12:20
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2018年 04月 30日 ( 1 )


見えてる世界がすべてじゃない

e0078674_17315446.jpg
太陽光パネルや風力発電が稼働するとき、人体や自然環境に甚大な影響を及ぼす有害な電磁波が出るという話は、今でこそデマゴギーだったことがわかっていますが、当時はまことしやかに噂されていたものでした。
有害な電磁波なり物質なりが発生するのであれば、それを数値化することで出ないことが証明できますけど「景観を損ねる」というのは、人それぞれの価値観の違いなので曖昧な基準だと思います。
確かにパネルやプロペラは目立つので、それまでの景色を変えてしまうことには違いありません。
ですがそれが森林破壊につながるというのは、日本では農地を勝手に商業施設に変えることは出来ないのでこれも単なる言いがかりだと思っていたんですが、どうやら法律に抜け道があって、発電事業者は発電容量50kW以下なら電気事業法の対象にはならず、パネルの架台は建築基準法の工作物でもないので、その法律によっても規制されないのだそうです。
太陽光ビジネス業者は、森林を切り開いた土地に設置したメガソーラーを50kW以下に小分けにしてばら売りし、投資家を募ります。そうすれば法に触れないからです。
実は再エネ振興策で利益を得るのは少数の人のみで、一部地域では景観と住環境を破壊し、多くの人を不幸にしているのが現実なのです。
しかし、これは太陽光発電そのものが悪いのではなく、それを統括する行政の責任でしょう。
日本はパリ協定に批准していて2030年度までに温室効果ガスの排出を26%削減しなきゃならないのだから内輪揉めしてる場合じゃないんです。再エネの法対策を整えなきゃいけないのです。だからといって収賄やセクハラを見逃していいわけじゃないんでしょうけど。
e0078674_18051340.jpg
原発などもってのほか。火力はCO2を出すからダメ、水力はムダなダムだからダメ、風力や太陽光にも問題が大あり。ではどうすればいいのでしょう。
もしも閑静な住宅街の真ん中に、誰にもわからないように発電所を造ったらどうでしょうか。
夢かうつつかまぼろしか、そんな夢のような施設が実は川崎で既に稼働しているというので、行ってきました。
現場に到着すると、そこにはただの公園があるだけで発電所のようなものは何も見えません。
その施設の名はカッパーク鷺沼。せせらぎゾーンでは子供たちが水遊びを楽しみ、草っぱらゾーンではメダカがほぼ自然のままに泳いでいました。
これはカッパの仕業なのでしょうか。カッパの科学力による光学迷彩で、発電所が見えないように何か仕掛けがしてあるんでしょうか。
e0078674_18280104.jpg
もちろん妖怪の仕業ではなく、マイクロ水力発電という技術です。上流の長沢浄水所から自然の高低差を利用して流れてくる水道水を使って、ここ鷺沼配水池にあるタービンで発電しているのです。
その発電量は年間およそ550MWhで、浦山ダムの4%に相当します。
既にある水道設備を間借りしているので、環境破壊を伴う大規模開発をしなくて済むうえ、水道局は売電による収益があって納得、電力会社は地産地消で送電ロスがなくて納得、そして地域の住民は入浴や夕飯時など水道水をたくさん使うときに発電率が上がるので納得。
しかもCO2削減量は年間225トン。
発電所は見えなくても実績はご覧の通りなのです。


[PR]

by sweetmitsuki | 2018-04-30 17:43 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)