2018年 05月 22日 ( 1 )

世界のミカタ

e0078674_05040600.jpg
後輩のK君(20代男性)は「走り屋」で、バイクで峠を走るのが趣味です。
バイクで旅行に出かけて、風光明媚な景勝を楽しむでなく、グルメに舌鼓を打つでなく、のんびりリゾートするでなく、ただただ走り続けるだけで何が楽しいのか、私には正直わからないのですが、本人が楽しくてやってるんだからきっとそれなりの意味があるんでしょう。
それでもさりげない話題作りのために、GWには正丸峠にいってきたという彼に「あそこってオバケが出るのよね。」と振ってみたら
「はい。自分の友達の友達が見たっていう話を聞きました。自分は見たことないですけど。」という返事が返ってきて、どうやら彼はオカルトにも興味がないみたいです。
「やっぱし女の子の幽霊?」
「???」
さらにダメ押しのつもりで、時事ネタを振ってみたのですが、20代の彼は四半世紀前、世間を震撼させた、連続女子児童誘拐殺人事件を知らないらしい(遺体の一人は正丸峠に遺棄され、それが都市伝説になっている)のです。
まあ、どんな凄惨な事件であろうと、自分が生まれる前のことですから、知らないのも無理はありません。
それより、四半世紀前のことを克明に覚えている自分に驚いてしまいました。
私も長生きしたものですね。
その頃の世界は、中国では民主化を訴える学生デモが戦車に轢かれ、北朝鮮は核&ミサイル実験を繰り返し、日本では政治家が賄賂貰って悪いことしていたという今とほとんど変わらない状況だったような気がします。
e0078674_05254076.jpg
e0078674_05262536.jpg
池上彰の世界の見方
池上彰 著
小学館 刊

朝鮮半島のほうを先に読んで、ドイツとEUはあとで読んだのですが、北朝鮮を痛烈に批判していて、そういうことを書くならば、朝鮮戦争が勃発するに至るまでの経緯を、「自衛隊のことを軍隊と呼ぶと憲法に違反するので、警察とヨビタイ。」とか寒いオヤジギャグ飛ばしてないで、もっとページを使って説明しなければ公正さに欠けるのではないかと私は思うのですが、それは私が北朝鮮を贔屓しているだけだからでしょうか。
そもそも、桜井よしこ氏のように北朝鮮が嫌いな人、あるいはテリー伊藤氏のように北朝鮮に好意的な人が書いた本なら、内容が公正で中立かなんて考えることはなかったでしょうし、池上彰だって人間で、個人的な感情を持っているんだから本の内容をそのまま鵜呑みにしていいなんてことは在り得ないのです。
「これ一冊で」「30分で」「誰にでも」○○と××がわかる。なんて本が本屋に平積みしてありますが、読んでもちろん損はないのでしょうけど、一冊読んだだけですべてがわかったような気になってはいけないのでしょうね。
本の内容は読みやすくわかりやすく面白かったのでEUのほうも読んでしまったのですが、こちらは今さら人に聞けない、私の知らなかった基礎知識が満載で、素直に読んで役に立ったと思えました。
やっぱし朝鮮半島とヨーロッパの距離の差なのでしょうか。


[PR]
by sweetmitsuki | 2018-05-22 05:54 | 朝鮮の○○と日本の×× | Trackback | Comments(4)




手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧