カテゴリ:原始人ごっこ( 30 )

吾亦紅の森の満開の下で

e0078674_15455147.jpg
連日の猛暑もどこへやら、吾亦紅が咲きカーデガンを羽織らなければ肌寒い季節がやってきました。
もう秋ですね。
吾亦紅というと多くの歌人に詠まれ、美しくない花の代名詞のように扱われていますけど、秋の七草のひとつにも数えられお月見には欠かせない尾花(ススキ)にしても、それほど美しいとはいえません。
というか両方とも云われなければ花だとは分からない人も多いんじゃないのでしょうか。
まあ、秋桜とか彼岸花とか桔梗とか、ああいうわかりやすい花のほうがわかりやすいぶん、多くの人には好まれるのでしょう。
吾亦紅を見て他の花と間違える人もいないと思いますけど、尾花は荻とか葦とかと見間違うことが多くまぎらわしいです。
ですがたとえ見間違えても、草原に一面の秋の花が咲き乱れて「ああ、秋なのね。」と、そう思えれば大した違いにはこだわらなくてもいいのかもしれません。
秋の草原の風物詩として欠かせないのがイナゴですが、イナゴは普通のバッタと違い、葦の葉っぱしか食べません。
イナゴというくらいですから本当は稲を食べるのでしょうけど、稲田も都内ではめっきり少なくなりましたし、だいいちあれは人の資産ですから勝手に踏み入ってはいけないですし、そもそも農薬を使っているので、食べちゃいけないのです。
e0078674_16125628.jpg
さて、秋の吾亦紅の花見を楽しんだ後、葦原に入ってイナゴを摘んできました。
生きたまま沸騰した油鍋の中に放り込んで素揚げにするのがmitsuki流。
これがいちばん猟奇的な残酷さ生き物の命の大切さが味わえる料理法だと思うのです。
秋の野の花でいちばん美しいのは誰かと問われれば、返答に困ってしまいますけど、秋の野の昆虫でいちばん美味しいのは即答でイナゴでしょう。

[PR]
by sweetmitsuki | 2018-09-24 16:26 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)

e0078674_04172847.jpg
森に行ってきました。
森はいいです。
疲れたら、辛いことがあったり苦しい時には森に行くに限ります。
森には甘い木の実が生っていて、湧水には美味しい肴が獲れ、野にはサラダにして食べられる草が茂っています。
森は、そこら中どこにでもあるのですが、その気にならなければどうしても見つかりません。
そもそも森に生えてる木の実は汚いのでしょうか。
確かに森といっても都心からそんなに離れてるわけではないので空気だってそれほど清浄ではありませんし、水も、湧水には違いありませんが、科学的な基準を満たしてるかかどうかは別の話です。
山をコンクリートで固めたダムからパイプラインで引いてきて消毒液の混入した水道水のほうがきれいなのでしょうし、フルーツも、農林水産省が認めた化学肥料や農薬を使って作った果物をスーパーで買ったほうが安全安心なのでしょう。
ですがそれらのものを手に入れるのにはお金がかかりますし、お金を手に入れるのには働かなければなりません。
そして働けば疲れますし、辛く苦しいです。
それに森で獲れるものには限りがあるので、ずっと森に依存するわけにもいきませんから、森の木の実をちょっとだけ食べて、湧水の肴を獲り、葉っぱを摘んだらもう帰らなければなりません。
e0078674_04472811.jpg
採れた川蝦は唐揚げにしてみました。
身はジューシーで、ハサミはサクサクとスナック菓子のようでとても美味しいです。
e0078674_04515860.jpg
そして葉っぱのサラダ。
今が花盛りのドクダミにハッカ、ミツバなど香りの強いものを合わせてみました。
ドレッシングは醤油と油と柑橘類を適当に。ニョクマムとかの発酵調味料があればベスト。

[PR]
by sweetmitsuki | 2018-06-02 04:58 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)

雪が解けて川になって流れてゆきます



e0078674_11175424.jpg

今年もフキノトウが咲く季節になりました。
まだまだ寒い日が続き、冬はこれからが本番ですが、春はもう確実に足もとまで来ています。
10年前も100年前も変わらぬ、そして10年後も100年後も変わることのない春の兆しです。
悠久の昔から続いてきた時代。そして永遠に続く未来。
現代人とは、過去から未来へとバトンを繋ぐランナーなのですね。
e0078674_11324393.jpg

美智子さんが天皇と一緒に皇居内のフキノトウを摘んでる画像をよく見かけますけど、あれはご家族で食べるのでしょうか。
だとしたら、ソースをかけるのか醤油をかけるのか気になるところではあります。
でも、天ぷら粉はやっぱし実家のでしょうね。


[PR]
by sweetmitsuki | 2018-02-11 11:38 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)

カゴいっぱいの春

e0078674_18093273.jpg
野原一面にツクシが咲いてるのを最近見かけなくなりました。
ツクシは春の野原にどこででも咲いてるありふれた草なのにどうしてなんでしょう。
ツクシは袴を取るのが面倒で10本もあれば十分なので真面目に捜す気がないのかもしれません。
それでも、別用で郊外に出掛けたとき野原いっぱいのツクシを見かけることがあるのですが、そういう時に限って車で移動中だったり、その別用が押してて時間がなかったりで、その日の晩の食卓にツクシごはん、ツクシの天ぷら、ツクシの卵とじといったツクシ尽くしのメニューが並ぶことはありません。
ツクシが咲く季節はまだかなり肌寒く、野原の花もまだまばらで土全体が黒っぽく、お世辞にも美しいとはいえないのも、春の野原に行こうという気になれない理由なのかもしれません。
ですが今年もカゴ(物凄く小さいカゴですけど)いっぱいのツクシを摘んで、鍋(物凄く小さい鍋ですけど)いっぱいに煮込んで定番の卵とじにして頂きました。
e0078674_18100020.jpg

[PR]
by sweetmitsuki | 2017-03-18 18:50 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)

小正月も寝正月

e0078674_13093880.jpg

今年は決して暖冬というわけではないと思うのですが去年に引き続きフキが冬枯れせずに青々と茂り、まだ一月で本格的な冬の寒さはこれからだというのにフキノトウが顔を覗かせはじめました。
去年も暖冬だったわけではなく、積もるほどの雪が降った日もあったというのに、いったい気温とフキノトウの発芽にどんな因果関係があるのか、知る術もありませんが、とにかくフキノトウを摘んできました。
まずは定番の天ぷらにしてみました。

e0078674_13150905.jpg
とくに早生だからどうということもなく、普通にフキノトウの味がしました。
フキノトウといえばテレビなどで、美智子皇后が天皇陛下とお二人で御所の中を散策しながらフキノトウやツクシを摘んでいるのが放送されていますけど、あれはその後美智子皇后がご自身で調理するのでしょうか。
どんな味付けにするのか気になります。
美智子皇后はフキノトウの天ぷらに醤油をかけるのかソースをかけるのかそれともシンプルに塩なんでしょうか。レシピ集出ないでしょうか。
わが家では、今年はちょっと趣向を変えてチーズ焼きにしてみました。
e0078674_13314195.jpg
これが意外と美味しいです。
チーズがフキノトウの苦みを抑えて嫌いな人でも食べられそうな、マルゲリータ王妃も驚きの一品。
ピザにしても美味しそう。
去年の年末から今年にかけてとても忙しく、よく休めなかったので一月も半ばにさしかかった今頃なら少しは余裕ができるだろうと思っていたのですがあい変わらず忙しいままです。
けっきょく、正月らしいことは何もしないまま過ごしてしまいました。
ここで一句。
寝正月 悪くはないが 良くもない


[PR]
by sweetmitsuki | 2017-01-15 13:06 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)

七草

e0078674_2031237.jpg
短い冬休みもいよいよ今日で終わり、明日からまた働かなければいけません。
どこにも初詣にいってないですしお節料理もいただいてはいませんし飾りつけもしてませんし書初めの類もしてませんので、ぜんぜんお正月を迎えたという気分ではないのですが、でももうちょっとだけ休んでいたいです。
e0078674_20441134.jpg
ぼやいていてもしょうがありません。
庭の空き地にホトケノザが咲いていたのでこれと家庭菜園のダイコンを使って七草粥を作ってみました。
ホトケノザとスズシロ(ダイコン)だけで七ではないのですが、タダなんだからいいのです。
e0078674_20561855.jpg
七草粥を食べるとその年は風邪をひかないといわれてますけど、あながち迷信というわけでもなくこれらの野草には漢方薬としての効果が本当に期待できるんだそうです。
でもそんな凄い草がどうして空き地に生えてるのか不思議です。
[PR]
by sweetmitsuki | 2017-01-03 20:56 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(6)

小鮒釣りしかの川

e0078674_2345135.jpg

里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く
藻谷 浩介  NHK広島取材班 著 (角川新書)
里海資本論 日本社会は「共生の原理」で動く
井上 恭介  NHK「里海」取材班 著(角川新書)
里海~のほうから読んだのですけど、私がこのブログで「原始人ごっこ」と称してやってきたこととかなり内容が被ってます。
そんなことをしてきた私がいうのもなんですけど、と、いうより、そんなことをしてきた私だから敢えていわせてもらいますが、この本、かなり大風呂敷を広げてるんじゃないでしょうか。
プロのTVスタッフだけあって、私が指摘したい弱点や問題点はすべてフォローしてあるのですが「里山資本主義は世界経済の最先端」ですとか「グローバル経済からの奴隷解放」といった文言は美辞麗句に過ぎる気がします。
e0078674_2561358.jpgそりゃ、私だって、デモに参加するより家庭菜園でトマト作ってたほうがマシ、とは思ってましたけど、本当にこんなことで、やれ革命だの、世界を食い潰すモンスターと戦うだのいい出す人がいるとは思ってもみませんでした。
まったく、プロのドキュメンタリー制作者は、何の変哲もない凡庸な日常を、ドラマチックに仕立ててしまうのが上手ですね。
それはそれとして、本書の中に、田んぼでも育つホンモロコという魚が出てきて、京都の料亭などでは高級食材として珍重されているそうで、ホンモロコではありませんけどふつうのモロコなら近くの小川にいくらでもいるので、さっそく捕りにいってきました。
モロコは関東ではクチボソといって、本当に川や池があればどこにでもいる魚です。
まだ水が冷たかったのか、罠を仕掛けた時間が短かったのか、釣果はいまひとつですけど、それでも3匹のクチボソと、ブルーギルを捕えることが出来ました。
クチボソは甘露煮に、ブルーギルは塩焼きにしてみました。
原材料費ゼロの、お財布にやさしいおかずの完成です。
e0078674_322290.jpg
でもこんなことで本当に革命なんてできるんでしょうか。
[PR]
by sweetmitsuki | 2016-02-22 02:41 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)

MY DIAMOND

e0078674_20502157.jpg
2016年1月24日16時48分、荻窪タウンセブン屋上あおぞらぱーくにて、富士山の頂上に夕日が沈む、いわゆるダイヤモンド富士が見られました。
実際にはちょっと南寄りで、本当のダイヤモンド富士は明日ぐらいになりそうですけど、明日も晴れて富士山が見られるという保証はどこにもありませんし、だいいち明日からは仕事でのんびり富士山を見てる暇なんてありませんから、今日のこの日の富士山をしっかとPCに焼き付けておくしかありません。
e0078674_2133069.jpgこれからだんだんと日は長くなり、富士山との距離は離れていくのです。
とはいっても、今頃の季節以外でここから夕日が沈むのを見たことはありませんから、春分の日や夏至の頃に富士山と日没がどういう風に見えるのかは知りません。
いい加減なことをいうとまた怒られるから自粛しておきます。
「それにしても、こんなにきれいな富士山が一望できるところに町があるなんてツいてますよね。」なんていうのは逆で、古来より人は高い山が見晴らせるところに集落を作り定住し、それが今の町になったのです。つまりは町のほうが後からできたんですね。
まだまだ寒い日が続き、むしろ本格的な冷え込みは2月に入ってからといいますけど、それでも日没は富士山から遠退いていき、春が近付いてきて種を蒔く準備を始めなければなりません。
カレンダーなどなかった時代、人は山に沈む夕日を見て暦を測っていたのでしょう。
ですから、ランドマークになる山がある、というのは、人がそこに住むうえでで欠かすことのできない条件であったに違いありません。
昔も今も、そして洋の東西にも関係なく、人の営みに大した差はなかったのではないのでしょうか。
e0078674_21223560.jpg
そして今宵は旧暦十二月十五日、お日様が西の空に沈むと、まん丸のお月様が東の空から昇るのでした。
[PR]
by sweetmitsuki | 2016-01-24 20:00 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)

春の足音

e0078674_2001041.jpg去年は残暑も少なく急に涼しくなったと思ったら、冬の冷え込みはそれほどでもなく、かといって暖冬というには朝晩の冷え込みは厳しく、それなりに寒いのですが、やっぱしいつもの冬よりは寒くないらしく、フキが枯れずに残っています。
フキノトウがもう咲いてるかな。と、思って茂みの中を探ってみたら、ありました。
冬が来るのが遅かったのやら、春が来るのが早いのやら、なんだかよくわかんない季節です。
それでフキノトウも、新芽のようななんだかよくわかんない変なかたちをしています。
地球温暖化の影響なのかは、わかりません。
ただ一ついえることは、今年はいつもの年より早く、フキノトウが味わえる、ということだけです。
そして、まさかこのフキノトウが来月には開花、なんてことはないでしょうから、しばらくの間はフキノトウが楽しめそうです。
こうやって、道端に生えてる雑草を食べて生きていけたらあくせく働かなくても済むのに、と、思うのですが、そうもいかないらしく、風流を楽しむ程度にとどめておかなければならないようです。
e0078674_20231780.jpg
とりあえずは天ぷらにしてみました。
さっきまで道端に生えてた、ただの雑草が、白飯にもお酒にも合うオカズに早変わり。
もともとここは、ツツジの花壇だったらしいのですが、行政の経費削減とかで、管理が行き届かなくなり、フキの自生地へ変貌を遂げ、よく見れば今でも枯死したツツジの残骸が無残な姿をさらしています。
晩春に咲くツツジもいいですけど、早春に咲くフキノトウはもっとよく、行政も粋なことをしてくれるもんです。
あ、いや、行政が何もしなかった結果がこれなんですけど。
e0078674_20391367.jpg
紅梅も花を咲かせましたけど、やっぱし私は、色気より食い気なのでした。
[PR]
by sweetmitsuki | 2016-01-17 20:32 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)

世界は美味しいもので満ちている

e0078674_14413455.jpg今さらですが、今回道端に生えてるキノコを初めて食べました。
キノコには毒があるものが多く、素人には見分けがつかないから、というのが理由なんですが、それは野草も同じなんですけど、野草は何となく見分けがつくのに、キノコはどこがどう違うのか分かんないんですよ。
それに、キクラゲ以外で普段、食べられそうなキノコを見たことがないですし、野草は毎年生える場所が決まっていて、そこに行けば必ず手に入るのに比べ、キクラゲは倒木に生えるので、倒木はすぐに処理されてしまい偶然でしか手に入らないので、それならいっそのことキノコには手を出さないのが賢明だと思っていたのですが、毒キノコには幻覚作用をもたらすものも多く、ネットで黒社会に売れば大儲け知識を深めれば危機を事前に察知できるので、知っておいて損はないということで、調べてみました。
調べてみると食用に適するキクラゲはアラゲキクラゲといってその名の通り粗い毛が生えているのですが、今回見つけたキクラゲは全体的にぬめっとしていて粗毛のようなものは見当たりません。
ですが、キクラゲの仲間だけは無毒なので安心なのだそうですし、毒キノコを見分ける方法として一番重要なのは、生でよく噛んでみて苦みを感じないことなのだそうです。
少しでも苦みを感じたら、その時点で吐き出せば、食中毒にはならないそうです。
e0078674_1585928.jpg
(前回発見したキクラゲは一般に開放されてるからといって基本的に個人の敷地内なのでパス。今回は公道の街路樹に生えてたので堂々と採ってきました。)
これを油で炒めて卵を割り入れていただきます。
e0078674_15142256.jpg
生で食べるキクラゲは、干して戻したキクラゲとは全く違い、コリコリでもなければクニュクニュでもなく、フワフワの食感。
たとえていうなら、、、いやいや、たとえるものなんて他にありません。
街路樹の古木が、老朽化して危ないという理由で伐り倒されてしまうのはかわいそうだと思っていましたが、こんな美味しいものが生えてくるとは思いませんでした。
[PR]
by sweetmitsuki | 2015-04-12 15:23 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)




手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧