人気ブログランキング |

mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新のコメント
あんつぁん 相手は鉄で..
by sweetmitsuki at 13:56
八曜社さま 選挙前にい..
by sweetmitsuki at 13:52
命綱が在っても怖いですね..
by antsuan at 11:05
MITSUKIさん、どう..
by stanislowski at 02:12
あんつぁん ようやっと..
by sweetmitsuki at 17:23
なんて人間様って身勝手な..
by antsuan at 13:11
あんつぁん トランプが..
by sweetmitsuki at 22:33
最近の池上彰はシナよりの..
by antsuan at 07:19
あんつぁん 検査指針の..
by sweetmitsuki at 22:26
昔は勉強と云えば図書館だ..
by antsuan at 14:10
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:リアルなエブリデイ( 26 )


新しい朝

数日前のこと。
知り合いの二十代の子に「そういえば今度選挙だよね。」と聞いてみたのですが「あー私選挙って行ったことないんすよね。小さい頃親に連れられて投票所に行ったことはあるんすけど。」と、いわれてしまい「えー選挙ってお酒やタバコと同じでできる年になったらとりあえず一回はやってみるもんじゃないの。」と返したところ「そんなもんですかあ?」と流されてしまいました。
まあ、選挙なんてハズレしかないクジを引かされるのも同じですから、行ってもしょうがないのかもしれません。
選挙でものをいうのは組織力で、そりゃ日本会議や創価学会は強いはずです。
ですがこのまま、合法かつ民主的な手段で、日本が暗黒宗教に占領されるのを見せつけられて面白いはずもなく、その場で地団太を踏むしかないんですが、だったらどうすればいいんだというとどうしようもないわけで、今の若い子に「選挙は権利だよ。行使しなくちゃ。」とお説教をたれる気にもなれず、指を咥えてみてることしかできません。
ただ、私は現代に生きる若者を、無知で蒙昧だとは思わず、むしろ賢いと思っています。
e0078674_01224897.jpg
たとえば日韓関係がこじれにこじれている昨今、韓国旅行を楽しみ「それとこれとは話が違うでしょ。」と、日本と韓国の政治問題と日本人と韓国人の交流は別次元のこととして捉えるべきだと主張する若者に、昔の日本人にはなかった聡明な分析力と頼もしさを感じてしまいます。
もしかしたら私が思ってる以上に、政治とかに関心がないだけなのかもしれませんけど。
ですから若い世代の人が選挙に行かないことは、そんなに嘆くようなことでもなく、私の知らない違ったやり方で、明るい未来は切り拓けるのかも知れません。
あくまで根拠のない私の身勝手な想像ですが。




by sweetmitsuki | 2019-07-23 01:17 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(0)

極楽大作戦

e0078674_21573600.jpg
相変わらず仕事は忙しいです。
今年も、お盆休みがとれるかどうか。
でもこうして工事現場に来て幅30センチのH鋼の上から地上を眺めるのも久しぶりのことで、もう少ししたら懐かしい思い出になってしまうでしょう。
高いところに登ったり歩いたりするのには、心臓がついていかないのです。
私の躯体は、もう限界のようです。
残念ですが、認めざるを得ません。
まあ、私の場合、現場での管理主任なんて、工事には工事の監督がいて、鳶には鳶の親方がいるから、ただそこにいればいいだけのことで、休んでるのも一緒なんですけどね。
仕事が奥が深いだとか、儲かるだとか幸せになれるだとか、そういうのはダサいです。
e0078674_22081632.jpg
仕事って、やらなくちゃいけないから、他にやる人が誰もいないから、やる。ただそれだけのことです。
はたらくとは、傍を楽にさせること。
休むなんて、死んだあといくらでもできるでしょう。



by sweetmitsuki | 2019-07-20 22:07 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(4)

パラッパパッパ―

e0078674_20523942.jpg

アベノミクスのせいかは知りませんが、建築工事標準仕様書と鉄骨精度測定指針が改正になりまして、新しい基準にしたがった製品検査の出来ない工場は製品が作れないので、正しい検査ができるかどうか、私自身が検査されることになりました。
試験内容は法規と演算で、きちんと暗記できてれば特に難しいものではないのですが、だからといって講習をさらっと聞き流しただけで全部覚えられるほど頭良くないので、来月の試験まで毎日マクドで夕食がてら勉強です。
マクドって、行けば誰かしら勉強してるんで、勉強しやすいんですよね。

e0078674_21154534.jpg
今どきの若者を、覇気がないって嘆く人も多いかと思いますが、私は逆に、そのがっついてなさを肯定的に捉えています。
学生も、厳しい競争に勝ち抜いてみんなを出し抜こうとかそういうんじゃなくって、みんなで同じ学校へ行っていつまでもずっと仲良しでいようねって、そんな感じで和気あいあいでやっていて、見てるこっちまで微笑ましくなり、やる気が湧いてきます。
がんばれ学生。そして、がんばるぞ私。



by sweetmitsuki | 2019-06-18 21:18 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(2)

桜の栞

e0078674_19170966.jpg
今年も桜の咲く季節になりました。
桜が咲くとみんな口を揃えたように「長生きはするもんだ。」といいますけど、桜が咲いてないときには「年は取りたくない。」といっていて、どっちが本当なんだかわかりません。
もしかすると桜には、人を狂わせる何かがあるのかもしれません。
桜を美しいと感じたり、見ると晴れ晴れしい気分になるのは愛国的な日本人と親日的な外国人で、戦争中日本に酷い目にあった国や地域の人や、左翼的思想の持ち主は、むしろ桜を見ると忌々しい気分になるので、本当に桜には人を狂わせる何かがあるのかもしれません。
桜、特にソメイヨシノは、浅く広く根を張るため地面の舗装に亀裂を生じさせバリアフリーに甚大な悪影響を与える上に、横に大きく枝葉を伸ばすため視界を防ぎ自動車の運転に危険を及ぼすので街路樹にはもともと不向きなのですよ。
そのうえ、ソメイヨシノは一本の木から作られたクローンなので大樹には珍しく「寿命」というものがあり同時期に植えられた木はほぼ60年で一斉に枯れてしまうのです。
ですから、去年まで桜の名所だったところが今年になってみたらハゲ山になっていたなんて話もあり得ない話ではなく、そうならないためにもマメに伐採と植林をして桜並木を更新させているんだそうです。
ソメイヨシノのように大木に育ち、60年ほどで寿命を迎え倒壊してしまう木が公園や街路樹など人通りの多い場所に植えられているというのは考えてみればとても危険な話で、どうしてこんなリスクだらけの木が「美しい」というそれだけの理由で全国に植えられてるんでしょうか。
桜並木を見られるんだったら、その木の下敷きになって死んでもいい、とでも思ってるんでしょうか。
やっぱし、桜には人を狂わせる何かがあるのでしょうね。
ちなみにお役所はその辺の責任問題には敏感で、寿命で伐採するソメイヨシノを植え替える際にはよく似たジンダイアケボノかコマツオトメにしてしまうんだそうで、最近の桜が妙に小振りになってきたのは、気のせいじゃなくてそういう事情があるからなのだそうです。
もちろん例外もあって樹齢100年を超えるソメイヨシノも珍しくはないそうですが、春に咲く花は桜だけではなくコブシだって充分に美しいのですから、そんなに桜にこだわらなくてもいいのではないのでしょうか。


by sweetmitsuki | 2019-04-01 20:20 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(4)

天赦日

e0078674_07165570.jpg
去年の暮れあたりから、少し運動しただけで動悸、息切れがするようになり、特に早朝の冷たい息を吸うと咳き込むので、おかしいと思って病院に行ったら狭心症と診断され、ニトログリセリンを処方してもらいました。
心臓の発作を抑えるのに、ニトログリセリンが効くというのは推理小説などで読んで知っていましたけど、まさか自分がお世話になるとは思ってませんでした。
e0078674_07254107.jpg
くよくよしてても仕方がないので、ダイヤモンド富士を見にタウンセブン荻窪へ。
山頂にちょうど夕日が沈む本当のダイヤモンド富士が見れるのは、1月の25日ごろなのですが、その日に見に行けるとも、ましてや晴れてて富士山が見れるとも限らないので、山麓に夕日が掛かっているのを見られてだけで良しとしましょう。
去年も一昨年も見られなかったのですが、今年は雲一つない晴天に恵まれました。
折しも1月27日は天赦日、なんだかよくわからないけど縁起のいい日なんだそうです。
e0078674_07431940.jpg


by sweetmitsuki | 2019-01-28 07:44 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(2)

妄想税

きのう、歯医者に行ってきました。
「何か激しいスポーツをやってますか。」と聞かれ、いいえと答えると
「歯を食いしばりすぎて歯がボロボロですね。出来るだけのことはやってみますが、場合によってはインプラントを入れなきゃならないかもしれません。そうなると一本40万円、3本で120万円かかってしまいます。」
120万円という金額は、私にとって手が届かない数字ではありませんし、これから先の人生、入れ歯で不自由な生活を送ることを考えれば、むしろ安い買い物なのかもしれません。
ですが、目が見えなくなって眼鏡をあつらえた時も思ったのですが、医療保険料を毎月支払っているのに、どうして毎日の生活に欠かせない医療保護具を自己負担で購入しなければならないのでしょうか。
少子高齢化で保険制度は今や破たん寸前で、そこまでやってられないのだそうですが、在日米軍基地とかに莫大な国家予算を注ぎ込んでいるのに、どうして市井の市民の暮らしに欠かせないものを国は負担しないのでしょうか。
e0078674_06113121.jpg
保険医療とは、恩恵ではなくて権利のはずです。
勤労は国民の義務ですが、それで目を煩い歯を痛めた私が、どうして医療費を自己負担しなければならないのでしょうか。
どうして国は国民が安心して働けるようセーフティーネットを用意しないのか。
それとも、私のいってることは単なるわがままに過ぎないのでしょうか。
お医者さんは最善を尽くすといってますし、もしかしたら今回はインプラントを入れなくて済むのかもしれません。
ですが10年後の私は確実にインプラントを入れてるでしょう。
その時、世の中はどうなってるのでしょうか。
もしかしたら医療保険が適用されているかもしれませんし、逆に、今よりも高額な医療費を自己負担させられてるかもしれません。


by sweetmitsuki | 2018-02-09 06:30 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(2)

雪の進軍氷を踏んで

e0078674_21142639.jpg
夏に暑い日が続くと、やれ地球温暖化だの異常気象だのこの世はもうじきお終いだみたいなことをいう人がいますけど、冬になって寒くなってこうして東京でも積もるほどの雪が降るようになると、そんなことをいう人は一人もいなくなるので、TVや新聞で当たり前のように偉い先生が地球温暖化を懸念しているのが果たして本当のことなのかどうか、疑わしいものだと私は思います。
積もるほどの雪は、桜の開花と同じか、それ以上のイベントでもあるので、こうしてブログにでも記録しておけば、この先本当に地球気温が上昇するのかどうか、自分の目で確かめることが出来るのではないのでしょうか。
さて、雪が積もって道路が凍結してバイクが動きそうにないので休む旨を会社に伝えたのですが、納期が差し迫ってどうしても働かなきゃいけないといわれ、仕方なしに出勤です。
e0078674_21261095.jpg
雪が積もるとバイクが駐輪場から出せないのですが、昨日の夕方の時点ですでに「入れられ」なくなっていたので、仕方なしに路駐して今朝を待ちました。
豪雪一過の抜けるような青空に、朝日に輝く雪景色が映えて絶景だったのですが、チェーン巻いてないバイクは制御不能で、普通なら30分もかからない通勤路が1時間以上かかりました。
まあ、途中停車してこんな画像撮っていたというのも遅れた理由のひとつなんですけど。
e0078674_21420404.jpg
通りやすい轍の上は歩いてる人も通るので、避けながら注意して走ったのですけど、遅刻してもいいという条件付きなら、やってみて出来ないことはないのです。
e0078674_21464795.jpg
仕事のほうはご覧のとおり無事完成。それにしても鉄骨階段がたったの2日(3人工)で仕上がってしまうとは、科学の発達は日進月歩。いい時代になったものです。
それにしても問題は、この鉄骨階段を明後日建築現場に取り付けに行かなくちゃいけないのですが、果たしてそれまでに雪が解けていてくれるのか。
暖かい日が続いてくれるのを期待するしかありません。


by sweetmitsuki | 2018-01-23 21:55 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(6)

オフホワイト

e0078674_18233148.jpg
降ると予報では報らされてたものの、まさか本当に積もるほど降るとは思っていなかったので何の対策もしてませんでした。
この程度の積雪なら、バイクで走れなくもないのですけど、無理をして万が一、事故ったり怪我したり風邪をひいたりしてはつまらないので、その旨を会社に電話で伝えると、公共の交通機関で来るように指示されまして「バイクが出せないのに電車やバスが走ってるわけないじゃん。」と、思ったのですけど、業務命令ですから仕方なしに出勤することにしました。
駅に行くと、案の定電車は止まってまして「この雪じゃあ無理ですよね。」と、駅員さんに尋ねると「いえ、今復旧しましたからすぐに電車は来ます。」
待つこと30分、電車は来たもののバッテラ寿司のように満員なので急行はあきらめ各駅停車を選びました。
すごい満員なうえに、「停止信号です。」と何回も止まること数え切れず、普通なら10分の距離を2時間かけてターミナル駅へ。
e0078674_1918389.jpg
そこから電車を乗り換えて会社のある駅まで行くのですが、都心から遠のく路線なので空いてはいるものの、一向に発車する気配がありません。
そのうちケータイで会社から連絡があり「取引先から材料が入ってこなくて仕事にならないから今日は休み。」
積載量ギリギリまで重い鉄を積んだ車がこんな日に走るわけないでしょう。ましてや軽井沢であんな事故があった直後に。
雪国の人には笑われちゃうかもしれませんが、都市機能はわずか数センチの積雪でホワイトアウトしてしまうのです。
昼前に帰ってきて「去年も一昨年もこんな雪が降ったっけ。」と、昔の画像を探り出してみたのですが、デジカメっていうのは便利なようで思わぬ陥穽があり、フィルム代がかからないのをいいことに無駄な画像を撮りすぎてます。
おかげで、見たかった画像、結局見つけられませんでした。
e0078674_1942811.jpg
昼過ぎには青空も広がり、朝の出来事が夢のようです。
あわただしい一日ではありましたが、都心の雪景色も見られましたし、正月にできなかったデジカメ画像の整理もできましたので、年に一度あるかないかの雪の日の過ごし方としては、まあまあだったんじゃないのでしょうか。

by sweetmitsuki | 2016-01-18 19:13 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(2)

遥か遠い空

e0078674_18595826.jpg
ここ数年の間、新年第一弾の出だしを「アキバに初買いに行ってきました。」という言葉にしています。
その理由は「あけましておめでとう。」という言葉を、もう二度と使わないと決めてあるから。
去年のうちに身内に不幸があった人には、この言葉を使ってはいけないという決まりがありまして、私はそのことを聞かされてなくて、うっかり呑気にこの言葉を使ってしまいまして、それ以来、もう二度とこの言葉は使わないことにしたんです。
ったく、大嫌いだよ正月なんて。
いつも歳末はギリギリまで働かされててさ。
それで、周りに不幸があっても私は何にも知らされてなくてさ。
そんなのはもううんざりなんです。
去年の暮れ、ブログ仲間のマーヒーさんがあの世に逝かれたそうです。
私はまた、今回もそのことを正月まで知りませんでした。
訃報は届いていたのですが、忙しくて読んでる暇がありませんでした。
あんなに元気で食欲もいつも通りだった人が膵臓がんで亡くなるなんて、何かの間違いに間違いないと先刻まで思っていたのですが、あんつぁんと久次郎さんの他にもう一人、じぇにーさんのブログを読ませていただきまして、それがまぎれもない真実であると確信しました。
更新が途切れたと思ったら、コメント欄がエロスパムで埋め尽くされてしまう、というのが一昔前のブログの末期だったのですが、時代は変わったのですねい。
時代は変わるからこそ私たち人も、変わらなければいけないんですねい。
今、マーヒーさんのブログを読み返してみるとご自身の命運を理解している節もあったのですが、それでもなお、生気を失わない人でした。
いえ、死してなお、生気を失わない人でした。
合掌。

by sweetmitsuki | 2016-01-04 19:48 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(0)

平和通りにビルが建つ

e0078674_20422784.jpg紅葉のシーズンで行楽地が賑わっていようですけど、何も景勝地まで行かなくても紅葉は楽しめるものです。
たとえば街路樹の桜、
真紅に染まるのもあれば黄色く生えるのもあり、緑ものまま落葉するのもあれば、枯渇してなお枝葉に留まるのもあり、見ていて飽きません、
欅は美しいとはいえませんが、巨木なので見ていて壮観なものがあります。
逆に満天星躑躅などは、小さくても緋色に染めあがり、消して楓や椛に引けを取りません。
郊外まで出掛けに行かなくても、市街の街路樹で、充分紅葉は満喫できるというものです。
とはいえ、それはやっぱし負け惜しみに過ぎず、本当は秋山に紅葉を堪能しに行きたいのですが、仕事が忙しくて無理です。
e0078674_2056297.jpg
ここは私鉄M線MO駅から徒歩8分ほどにある、平和通りに建設中の集合住宅。
e0078674_205914100.jpg
そしてこれが足元から覗いた風景。
いや~絶景かな。絶景かな。
ま、今週いっぱいはここに通わなくてはいけません。
e0078674_21105613.jpg
ところでやっぱし、サンマは目黒に限りますねい

by sweetmitsuki | 2015-11-25 21:11 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(5)