mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

<   2008年 10月 ( 1 )   > この月の画像一覧

吊るし上げ

e0078674_218049.jpg

せっかく作った卓上サイズの庭ですが、早くも物でいっぱいになってしまい置き場所がなくなってしまったので家具を天井からぶら下げることにしました。
照明器具はいずれも市販のもの(ウヰスキーのおまけも含む)でして、さすが量産品はバッテリーのユニットがコンパクトに巧く仕上がっていてちょっと真似できません。
不細工でもいいから自作のものを作ってみようと以前から考えてはいるのですが、今回もパスしてハンガータイプのプラントバスケットを作ってみました。
e0078674_21165188.jpgちなみにサボテンは本物です。
サボテンは水やりもほとんど必要ないので私のようなずぼらな人間には合ってるのかも知れません。
バスケットは高さ13センチ幅8センチでして、作ってみて思いついたのですが、これはアルミワイヤーで作った方が簡単だし綺麗なんじゃないのでしょうか。
ワイヤークラフトは最近、手芸用品を扱っているお店なら大きなコーナーを設けてあるメジャーなホビーで(詳しくはコチラ)専門のアーチストも活躍している程だそうです。
溶接との違いは、溶接は金属同士を溶かして繋ぎ合わせるので継ぎ目が出ないのですが、ワイヤークラフトの場合、ワイヤーを「編む」ので接合部に模様が出来ます。その継ぎ合わせ方法に意匠があって、これはこれでハマるとディープな世界のようです。
特にアルミは錆びないので、水を浴びる場所で使用する物を作るにはもってこいなのかも知れません。
他にも、金属を加工する方法としては銅(あるいは真鍮)をハンダ付けするやり方があって(詳しくはコチラ)、あまり溶接にこだわらなくてもいいのかも知れないです。

おまけ

e0078674_225488.jpgレッドラムズホーンを飼う事にしました。
本来、鑑賞魚の水槽の苔を掃除するために入れておくものなのですが、最近は単体で飼う人も増えているそうです。
小さな水槽でも飼えるころが現代の住宅事情に合ってるのかも知れません。
e0078674_229597.jpg←大きさはこれ位で、クリオネみたいで可愛いです。
餌をあげなくても水草を入れておけば大丈夫なので手間がかからないのもいいです。
水草も、毎日水をやる必要はなく、水が減ってきたら足してやればよいので手入れは簡単です。
[PR]
by sweetmitsuki | 2008-10-07 21:59 | ハンドメイド大好き | Trackback | Comments(8)