mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新のコメント
佐平次さま 呑川ぐらい..
by sweetmitsuki at 06:12
あんつぁん 海外で有効..
by sweetmitsuki at 06:03
ダムブームだなんて知らな..
by saheizi-inokori at 10:11
水力発電所も周りの環境を..
by antsuan at 06:42
あんつぁん ポルトガル..
by sweetmitsuki at 05:53
量的緩和といいながら、刷..
by antsuan at 19:22
佐平次さま  止めとく..
by sweetmitsuki at 06:12
アベノミクスがインチキな..
by saheizi-inokori at 21:55
あんつぁん たとえCO..
by sweetmitsuki at 05:48
今までと季節感が違ってし..
by antsuan at 16:18
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


地震雷火事戦争

e0078674_21134308.jpg
朝鮮と日本に生きる
金時鐘 著
岩波新書 刊
私は時折、機械になりたいと思うことがあります。
自分の意志や感情を持たないで、ただ与えられた勤めを、寿命が尽きるまで働き続けられたらどんなにか楽だろうと思うのです。
ですがそんなモノになれるはずもなく、仮になれたとしても、苦しみ悲しみを失うことで、楽しみ歓びを失うのならそれは代償が大きすぎます。
「人生楽ありゃ苦もあるさ」とはいいますけど、苦のほうが楽よりもだいぶ多くても生きていくしかないのが人生です。
東アジアの近代史については、幾つか本を読んだことがあり、それ相応の知識もあれば、目を覆いたくなるような耳を塞ぎたくなるような鼻を抓みたくなるような惨劇にもそれなりの免疫があると思ってたのですが、甘かったです。
ページをめくるたびに指が重くなり、終いには動かなくなってしまいました。
著者の金時鐘氏が救世主のように崇めていた朝鮮共産党の書記長、朴憲永氏が金日成によって処刑された項でとうとう力尽き、ページを閉じてしまいました。
戦争で死ぬのも嫌ですが、それでも敵のすることなら、鬼畜の所業と諦められるのかもしれません。
ですが昨日まで仲間だと信じていた盟友に欺かれ裏切られ陥れられ濡れ衣を着せられて弁明の機会も与えられぬまま処刑されるというのはどんな気分なんでしょう。
さらに救いようがないのは、この出来事が遠い昔のことでもなければ遠い彼方のことでもなく、今は決着して平穏に無事に過ごしているわけでもないということ。
繰り返すようですが戦争は本当に嫌なのですが、では戦争をなくすために何が出来るのかというと何もできないわけで、せめて本ぐらいは読めるだろうと思い読み始めたのですが、それすら出来ませんでした。
最後に本を斜めにしてみたのですが、まだ半分も読んでませんでした。




[PR]

by sweetmitsuki | 2018-02-16 21:27 | 朝鮮の○○と日本の×× | Trackback | Comments(6)

雪が解けて川になって流れてゆきます



e0078674_11175424.jpg

今年もフキノトウが咲く季節になりました。
まだまだ寒い日が続き、冬はこれからが本番ですが、春はもう確実に足もとまで来ています。
10年前も100年前も変わらぬ、そして10年後も100年後も変わることのない春の兆しです。
悠久の昔から続いてきた時代。そして永遠に続く未来。
現代人とは、過去から未来へとバトンを繋ぐランナーなのですね。
e0078674_11324393.jpg

美智子さんが天皇と一緒に皇居内のフキノトウを摘んでる画像をよく見かけますけど、あれはご家族で食べるのでしょうか。
だとしたら、ソースをかけるのか醤油をかけるのか気になるところではあります。
でも、天ぷら粉はやっぱし実家のでしょうね。


[PR]

by sweetmitsuki | 2018-02-11 11:38 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)

妄想税

きのう、歯医者に行ってきました。
「何か激しいスポーツをやってますか。」と聞かれ、いいえと答えると
「歯を食いしばりすぎて歯がボロボロですね。出来るだけのことはやってみますが、場合によってはインプラントを入れなきゃならないかもしれません。そうなると一本40万円、3本で120万円かかってしまいます。」
120万円という金額は、私にとって手が届かない数字ではありませんし、これから先の人生、入れ歯で不自由な生活を送ることを考えれば、むしろ安い買い物なのかもしれません。
ですが、目が見えなくなって眼鏡をあつらえた時も思ったのですが、医療保険料を毎月支払っているのに、どうして毎日の生活に欠かせない医療保護具を自己負担で購入しなければならないのでしょうか。
少子高齢化で保険制度は今や破たん寸前で、そこまでやってられないのだそうですが、在日米軍基地とかに莫大な国家予算を注ぎ込んでいるのに、どうして市井の市民の暮らしに欠かせないものを国は負担しないのでしょうか。
e0078674_06113121.jpg
保険医療とは、恩恵ではなくて権利のはずです。
勤労は国民の義務ですが、それで目を煩い歯を痛めた私が、どうして医療費を自己負担しなければならないのでしょうか。
どうして国は国民が安心して働けるようセーフティーネットを用意しないのか。
それとも、私のいってることは単なるわがままに過ぎないのでしょうか。
お医者さんは最善を尽くすといってますし、もしかしたら今回はインプラントを入れなくて済むのかもしれません。
ですが10年後の私は確実にインプラントを入れてるでしょう。
その時、世の中はどうなってるのでしょうか。
もしかしたら医療保険が適用されているかもしれませんし、逆に、今よりも高額な医療費を自己負担させられてるかもしれません。

[PR]

by sweetmitsuki | 2018-02-09 06:30 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(2)

Tell Your World

e0078674_05355302.jpg
「在日」を生きる ある詩人の闘争史
集英社新書 刊
金時鐘、佐高信 著
京浜急行はトンネルが多く景色を眺める楽しみがないぶん読書に向いてます。
おかげで文庫本が読めてしまいました。
在日朝鮮人の爺さんがえらい過激な人で
「リベラリストが演歌なんか歌うたらアカン。」と、最初からまくし立ててます。
私も演歌は、曲はともかく歌詞は苦手で、リベラルを自負してるような人が「あなたにあげるわたしをあげる♪」なんて、「君」に「私」を捧げることを美徳とする歌を歌うのはおかしい。それは戦前の皇国史観そのものじゃないか。と、以前から感じていました。
「日本はアカン。演歌もアカンし時代劇もアカン。何もかもがアカンのや。」
対する日本人、佐高信氏が
「申し訳ない。私も演歌や時代劇が大好きなんですよ。誠に恥ずかしい。」と、平謝りに謝り続けているうちに変化が見えてきます。
「佐高さんのような人が謝らんでもよろしい。それに、一億総懺悔を取り付けたところで、朝鮮人の問題は朝鮮人の問題として残る。」と彼が日本人の耳目にさらしてはならないと自分の奥に仕舞い込んでいたことをだんだんと吐露してくるのです。
それはまるで、テコンドーVS柔道の異種格闘技を見ているようでページをめくる手にも汗を握るものがありました。
e0078674_06041410.jpg
(謎のビットコ・インを横須賀で発見!と思ったら地頭鶏養鶏農家の事務所でした。)

「朝鮮人を悪し様に言う蔑みの最たる言葉に『にんにく臭い』というのがありましたが現在のように韓流グルメブームが日本中に広がりますと『にんにく臭い』はもう死語になった。僕の知るところでは僕よりもお構いなしににんにくを食べる日本人がたくさんいます。もし在日定住者の先代たちが『にんにく臭い』と言われるのをはばかって漬物にたくわんやおしんこを食べ、にんにくの匂いを遠ざけていたとしたら、今の状況はなかったでしょうね。」
「文化というと人は華やいだ知的なものを思い浮かべるかと思いますけど、僕は文化とは衣食住そのものだと思います。
より良く着る、より美味しく食べる、より良く住む。
本当に文化とは特別なものなのです。ですので、受け入れた人々の間で豊かになっていく。」
e0078674_06303445.jpg
さて、今日は初午なのでお稲荷さまに油揚げを奉納する日ですね。
せっかくなのでいつものチーズ稲荷にキムチを混ぜてみました。
こうすることで今流行のチーズタッカルビのような味になるのです。
コチュジャンの代わりにキムチ、鶏肉の代わりに油揚げといった簡単でヘルシーな組み合わせ。ピリ辛のキムチをチーズがまろやかに包み込み、お酒の共にもごはんのおかずによく合います。

[PR]

by sweetmitsuki | 2018-02-07 06:26 | 朝鮮の○○と日本の×× | Trackback | Comments(4)

ハロハロヨコスカ

e0078674_19001247.jpg
せんじつ、女子会で「ふるさと自慢」みたいな話題で盛り上がってるうちに、だんだん自分の生まれた地方にしかない恥ずかしい習慣や文化を暴露し合う「ふるさと自虐」になっていき、私が
「私の生まれた神奈川にある横須賀には、ネイビーバーガーという噛めないほど大きなハンバーガーがある。」という話をしたら
「どうやって食べるの?」と尋ねられ、実は私もネイビーバーガーを食べたことがなかったので、ネイビーバーガーをどうやって食べるのか、そもそもネイビーバーガーは本当に噛めないほど大きいのかどうか確かめるべく、横須賀に行ってきました。
品川から京浜急行に乗り、揺られることしばし、汐入に到着。
開店時刻の11時にはちょっと早いので、駅前にある軍港を散策し(画像ではよく見えませんが背景に米海軍ミサイル駆逐艦、カーティス・ウィルバーが写ってます)そういえばドブ板通りに来るのも初めてだなとか思いながら横須賀で一番人気のTUNAMIで、ダブルチーズバーガーをオーダー。


e0078674_19302268.jpg

待つことおよそ15分。出されたハンバーガーは幅10センチ、高さ15センチと、本当に大きかったです。
噛めるかどうか試行錯誤してみましたが、噛めません。どうやって食べるのか店内をキョロキョロすると、みんなナイフとフォークを使っていたので、私も真似して切り分けて食べました。
料理は美味しかったのですが、食べてるうちに、米軍兵士はいつもこんなもの食べてて、その費用は日本政府の思いやり予算から出ているのだろうか。と考えると腹立たしくなってきましたし、米国市民の若者の多数が就職先もままならないような厳しい状況下で、軍に入隊する以外の選択肢がない、いわゆる経済的徴兵という仕組みの中に取り込まれていて、軍隊に入れば美味しい御馳走が山のように食べられるという米市民の願望が具現化したものがこれなのかと思うと、悲しくなってきました。(でも完食しましたけど。)
噛めないほど巨大化したハンバーガーは、今の日米関係を象徴するかのようで、まったく、笑い話にもなりません。
どこに出しても恥ずかしい、ふるさと自虐のネタが一つ増えました。
お店を出ると、とれたての地魚が美味しいと自慢のお寿司屋さんの暖簾が目に入り「こっちのほうがよかったなあ。」と思いつつも、もうこれ以上は何も入らないので諦めて帰路についたのでした。



[PR]

by sweetmitsuki | 2018-02-05 19:19 | お出かけドリフト | Trackback | Comments(2)