<   2018年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

見えてる世界がすべてじゃない

e0078674_17315446.jpg
太陽光パネルや風力発電が稼働するとき、人体や自然環境に甚大な影響を及ぼす有害な電磁波が出るという話は、今でこそデマゴギーだったことがわかっていますが、当時はまことしやかに噂されていたものでした。
有害な電磁波なり物質なりが発生するのであれば、それを数値化することで出ないことが証明できますけど「景観を損ねる」というのは、人それぞれの価値観の違いなので曖昧な基準だと思います。
確かにパネルやプロペラは目立つので、それまでの景色を変えてしまうことには違いありません。
ですがそれが森林破壊につながるというのは、日本では農地を勝手に商業施設に変えることは出来ないのでこれも単なる言いがかりだと思っていたんですが、どうやら法律に抜け道があって、発電事業者は発電容量50kW以下なら電気事業法の対象にはならず、パネルの架台は建築基準法の工作物でもないので、その法律によっても規制されないのだそうです。
太陽光ビジネス業者は、森林を切り開いた土地に設置したメガソーラーを50kW以下に小分けにしてばら売りし、投資家を募ります。そうすれば法に触れないからです。
実は再エネ振興策で利益を得るのは少数の人のみで、一部地域では景観と住環境を破壊し、多くの人を不幸にしているのが現実なのです。
しかし、これは太陽光発電そのものが悪いのではなく、それを統括する行政の責任でしょう。
日本はパリ協定に批准していて2030年度までに温室効果ガスの排出を26%削減しなきゃならないのだから内輪揉めしてる場合じゃないんです。再エネの法対策を整えなきゃいけないのです。だからといって収賄やセクハラを見逃していいわけじゃないんでしょうけど。
e0078674_18051340.jpg
原発などもってのほか。火力はCO2を出すからダメ、水力はムダなダムだからダメ、風力や太陽光にも問題が大あり。ではどうすればいいのでしょう。
もしも閑静な住宅街の真ん中に、誰にもわからないように発電所を造ったらどうでしょうか。
夢かうつつかまぼろしか、そんな夢のような施設が実は川崎で既に稼働しているというので、行ってきました。
現場に到着すると、そこにはただの公園があるだけで発電所のようなものは何も見えません。
その施設の名はカッパーク鷺沼。せせらぎゾーンでは子供たちが水遊びを楽しみ、草っぱらゾーンではメダカがほぼ自然のままに泳いでいました。
これはカッパの仕業なのでしょうか。カッパの科学力による光学迷彩で、発電所が見えないように何か仕掛けがしてあるんでしょうか。
e0078674_18280104.jpg
もちろん妖怪の仕業ではなく、マイクロ水力発電という技術です。上流の長沢浄水所から自然の高低差を利用して流れてくる水道水を使って、ここ鷺沼配水池にあるタービンで発電しているのです。
その発電量は年間およそ550MWhで、浦山ダムの4%に相当します。
既にある水道設備を間借りしているので、環境破壊を伴う大規模開発をしなくて済むうえ、水道局は売電による収益があって納得、電力会社は地産地消で送電ロスがなくて納得、そして地域の住民は入浴や夕飯時など水道水をたくさん使うときに発電率が上がるので納得。
しかもCO2削減量は年間225トン。
発電所は見えなくても実績はご覧の通りなのです。


[PR]
by sweetmitsuki | 2018-04-30 17:43 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)

雨霰雪や氷と隔つらん落つれば同じ谷川の水

e0078674_18362510.jpg
空前のダムブームに乗り遅れてはならじと、ダムカレーを提供しダムカードを配布している首都圏でいちばん近いダム、浦山ダムに行ってきました。
西武秩父駅から秩父鉄道に乗り換え、浦山口で下車し徒歩でおよそ30分。
天端(ダムのてっぺん)まで156メートル。エレベーターがあったから登れましたけど、そうじゃなきゃ帰ってました。
こういう、壮大というか豪快というか、そういうものに憧れる人の気持ちはわからなくはないですけど、私にはちょっと。
もっとコンパクトでシンプルじゃないと興味の対象にはなりません。
そりゃあ、こんな山奥にこんな巨大なものを建てたら、自然環境への影響は計り知れないでしょう。
人間とはつくづく業の深い生き物ですね。
しかも湖底にはダムのせいで立ち退かなければならなくなった人たちが暮らしていた町が丸ごと沈んでいるのです。
今でこそ水力発電は再生可能エネルギーとして見直されてきましたが、これまで「ダムはムダ」「税金の無駄使い」「自然破壊」と呼ばれダムは悪者でした。
確かに、公共事業というのはその裏でゼネコンと天下り官僚が国家予算を蚕食しているのは周知の通りです。
ドイツやアメリカではそんなことは考えられないことだそうですけど、海外がどうやってそのような腐敗を防いでいるのか勉強不足で私にはわかりません。
それに今回訪れてみてわかったのですが、このダム(1999年完成)の水力発電所の小さいこと(画像左手前の小さな建物がそれです)。
もっと巨大なタービンを回してるのかと思いきや、最大出力でたった5,000KW、およそ1,670世帯相当分しか発電していません。
扇島のメガソーラーですら13,000KW、フクイチに至っては4,600,000KWでしたから話になりません。
このダムを管轄している独立行政法人水質資源機構にとってダムはあくまで治水のためで発電はオマケみたいなもんなんでしょうけど、せめて堤体に見合った分くらいは電気を作って欲しいと思います。
だって、東京都交通局が所管している白丸ダムなんて、これよりずっと小さいのに、ここの3倍以上の電気を作っているんですよ。
e0078674_19455169.jpg
さて、これが浦山ダムのダムカレー。
堤体下流部に盛られたハムカツは旧秩父橋を、カレールーの中に浮かんだゆで卵は水質観測装置を、福神漬けはこのダムの特徴である清水パイパスをあらわしています。
e0078674_19460946.jpg
これがダムカード。
ダムカードとは現地に行って一人1枚しかもらえないカードで、ダムマニアだけではなくカードコレクターからも人気を集めていて、レアなカードはネットオークションや店舗で数万円の値がつけられて取引されているそうですが、浦山ダムは交通の便も良く土日も配布している(していないダムのほうが多い)のでそれほどの価値はないそうです。

[PR]
by sweetmitsuki | 2018-04-29 18:58 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)

水は善く万物を利して争わず

e0078674_21435678.jpg
東京電力がアクアエナジー100という、水力発電100%の電気を加入者に提供するサービスを展開しているのですが、正直言って今までバカにしていました。
加入者には水力発電所内部の見学会に参加できるほか、限定ダムカードが入手できる、尾瀬の木道整備体験ができるといった特典がついているのですが、ダムカードって何?木道整備体験って、ただの肉体労働じゃん。それもただ働きどころの騒ぎではなく、加入者には通常より二割も高い電気料金を支払わされるという、とんでもないサービスなのです。
ですが昨今のダムブームを見ると、欲しくなかったダムカードが欲しくなり、食べたくなかったダムカレーが食べたくなり、読みたくなかったダムマンガが読みたくなってしまうから不思議です。
そもそも、ふた昔前まで「ダムはムダ」「税金の無駄使い」「自然破壊」といって嫌われていたはずなんじゃないでしょうか?
真実を確かめるべく、水力発電所を見学に訪れようと思っていたのですが、どこも電車とバスを乗り継ぎそこから徒歩でさらに歩くという過酷なロケーションなので、都心から30分以内でアクセス可能な狭山公園内にある村山下ダムに行ってきました。
画像にもある通り、ここには日本一美しい給水塔があってその眺めは絶品。
ですが東京都水道局が管理する水道水専用のダムで、残念ながら発電はしてません。
上ダムから下ダムへの余水吐を利用すれば、発電ぐらい出来るとと思うんですけど。
湖の周りには水道水に使われる湖の水質をよくするため貯水池林が植えられていて、自然度は抜群。オオタカやサンショウウオなどの絶滅が危ぶまれている動植物も数多く生息しているとか。
火力や原子力と違い水力発電は燃料を使わず、水の持つエネルギーだけで発電できます。
ゆえに、地球にやさしいエネルギーといわれているのです。
さあ!キミも今日からダム女子だ。ダムカードを集めフルコンプ目指そう。そしてダムカレーも完全制覇しよう。
ボクらと一緒にダム道を極めよう。

[PR]
by sweetmitsuki | 2018-04-22 22:39 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(4)

何でも言うことを聞いてくれるシンチャン

e0078674_20095718.jpg
最近「小泉進次郎」という名をよく見聞きするようになりましたが、それは私が横須賀に頻繁に通ったから私個人がそう思えたのではなく、どうやらマスコミでもポスト安倍のキーパーソンだからなのだそうです。
しかも、知名度の高い小泉氏が誰を推すかで次の総裁選が左右されるとかそういう話ではなく、ずばり進次郎氏本人が次期総裁、つまり今度の内閣総理大臣になるという可能性もあるんだそうです。
えええええええ!!
・・・とはいえ、総理の子が総理になるのは珍しい話ではないですし、若いといっても金正恩よりは年上なので、あと十年後には起きても何の不思議もないことが、少し前倒しになっただけで、そんなに驚くことでもないのかもしれません。
話が前後しますが、私はトランプと金正恩の直接対話が実現するのを待たずして安倍政権は倒壊するだろうと予想しますので、それ前提で話を進めさせていただくのですけど、どうして安倍が降板しなきゃいけないのかというと、それはずばり、アベノミクスがポンコツで、このままでは景気回復も日本経済再建も絶望的だからです。
白い猫でも黒い猫でも鼠を捕る猫が良い猫なので、舌足らずが耳障りだとか二ヤケ顔がキモいとかそういうこととは関係なくて、安倍は取り巻きも含めて政治家としての能力に欠けるから誰かに席を譲らなければならないのでしょう。
小泉氏はその点、スキャンダルで失脚するようなヘマはやらなそうです。
ですが肝心のデフレ脱却とかはどうなんでしょう。何か妙案でもあるんでしょうか。
正直なことを申し上げますと、私はそんなものは最初からないと思ってますし、今の時代、政治家に期待するほうが間違ってると思います。
どうするんでしょうね。そして、どうなっちゃうんでしょうね今後の日本。
小泉氏のことだから「吾只足知」みたいなことを言い出しそうで嫌な予感しかしません。
最後にちゃんと念を押しときますけど「何でも言うことを聞いてくれる」と「何でも願い事を叶えてくれる」は似てるようでぜんぜん違いますからね。

[PR]
by sweetmitsuki | 2018-04-18 20:50 | Trackback | Comments(4)

メグミノアメ

e0078674_19155931.jpg
私は春の雨が嫌いではありません。
それが、せっかくのお花見を台無しにしてしまうような雨だったとしても、恨めしいとは思わないのです。
小さいながらも菜園をやっているので、雨が降ってくれないと困るというのもあるのですけど、この時期に雨が降ると、気持ちが塞ぐどころか、かえって浮かれてしまうのですから不思議です。
冬の雨と違って、春の雨は冷たくないので、春が来たことをより大きく実感できるせいなのかもしれません。
穀雨にはまだ五日ほどありますけど、もうすぐ春は終わりで夏の到来です。
夏になって暑い日が続くと、やれ地球温暖化だの異常気象だの地球はこのままでは駄目になるとかみんな揃って騒ぎ出しますけど、私は地球温暖化について、かなり疑わしいものだと思っています。
最近では冬の寒さも地球温暖化のせいだといわれていて、厳寒の冬と酷暑の夏を繰り返す異常気象が続いて春と秋が無くなってしまったと嘆く人がたくさんいますけど、本当にそうでしょうか?
彼岸を過ぎれば日は和らぎ、桜もちらほらと咲くようになってそれから八十八の夜が過ぎれば、世界は緑で覆い尽くされる。それは昔から今まで何も変わらずに続いてきたことなんじゃないのでしょうか。
なくなってしまったのは春と秋ではなく、それを眺める人間の心のゆとりなんじゃないのでしょうか。
e0078674_19371891.jpg
(アジュガではなくジゴクノカマノフタ。花の時季になると畑から掘り起こしてきて鉢植えにし、花が終わるとまた埋め戻します。観賞用ではなくて畑を整理するのに邪魔だからそうするのです。)
そうはいっても本屋では地球温暖化を懸念する本が何冊も売られているという人がいるかもしれませんが、クラスメートゲート事件をご存知でしょうか。
私も今知ったばっかしなので詳しいことは知りませんが、地球温暖化を決定づける証拠となる資料が、実は改ざんされたものだということが暴露されたという事件です。
文書の改ざんは、今国会で大騒ぎになっていますから、似たような話を聞かされたら疑いたくなって当然です。
この事件はのちに公的機関によって不正はなかったことが証明されているそうですが、そんなこと今さら信用できません。
人種や紛争を超え、国境を越えた人々が地球の未来を救うことにみんなで協力して取り組んでいる「パリ協定」は、それだけで素晴らしいことなんじゃないかと、誰もが騙されてるみたいですけど、冗談じゃないですよ。
あれは核兵器保有国によるエネルギー占領政策なのです。
原発が再生可能エネルギーに含まれているのがその何よりの証拠です。
核兵器を保有するイギリス、フランス、ロシア、チャイナ、アメリカの五ヵ国が原発によって世界のエネルギー生産を独占し、核を持たない国々を永続的に支配するための戦略なのです。
「そんな陰謀論信じるもんか。大手マスコミも政治家も科学者も偉い先生はみんな地球温暖化は本当だといってるぞ。」
おやおや、いつからマスコミや偉い先生のいうことをそんなに素直に信じるようになったんでしょうか。
この問題、信じるか信じないかはあなた次第。自分の目で見極めるしかないのです。
e0078674_20185914.jpg
(トマトとヒマワリの苗。ヒマワリには放射性物質であるセシウムを吸収し除染する力があります。ただし吸収されたセシウムはそのままヒマワリの中に蓄積されるので、その後どうするのかはまだ未解決です。ちなみに私は堆肥として再利用してます。)


[PR]
by sweetmitsuki | 2018-04-15 19:39 | 家の裏で原発が死んでる | Trackback | Comments(2)

オバケにゃ学校も試験も何にもない

e0078674_00111515.jpg
最近TVとか全然見てなかったので、ゲゲゲの鬼太郎(新作アニメ)が今季から日曜の朝に放映されてること、全然知りませんでした。
深大寺にも赤城神社にも今年になってちゃんと参拝してたのに、そんな話題は昇ってませんでしたよ。
1話2話は見逃してしまいましたが、無料視聴で見ることが出来ました。便利な時代になったものですね。
アニメももう10年近く見てないのですが、最近のアニメは舞台設定が詳細に描かれていて、鬼太郎は調布が舞台なのですけど、見慣れた調布の町がアニメで描かれていて、夜に運動会をする墓場が多磨霊園だったりと、なんとも感慨深いです。
最近のアニメの制作事情について何にも知らないので当てずっぽうでものを言ってしまいますが、今は録画した画像をアニメの背景として自動的に使える技術があるんじゃないのでしょうか。
妖怪ポストに入れられた手紙をカラスが鬼太郎のもとに届けるジーンでは、まるでドローンを飛ばしているかのような迫力でした。妖怪なのに、かなりハイテクなことやっています。
それと時代設定が現代だというのもあって、目玉親父もねこ娘もスマホ使いこなし過ぎなのには笑けました。
妖怪なのに、かなりハイテクなことやってます。
ところで、妖怪って本当にいると思いますか?
え、そんなものいるはずないtですって。
そうですか、それならばこんなのはどうでしょうか。
e0078674_00361128.jpg
遺言。 
養老孟司氏 著 
清朝新社 刊
この本は、著者の養老氏の人生哲学を語ったものではなく、あくまで解剖学による人間の脳について述べたものなんだそうです。まあそんなことはどうでもいいとして
この本によれば「お魚くわえたドラネコ~♪」という歌があるように猫は人間のものをしばしば失敬することがあるんだそうです。
ですが「猫に小判」という言葉があるように、猫にはお金の価値がわからないので、猫が人間の食べ物を盗むことはあっても、お金を盗むことは絶対に無いそうなのです。
もしもそんなことをする猫がいればそれは猫ではなくて化け猫。つまりは妖怪なんだそうです。
ですが落語に「雛鍔」という噺があるように、お金の値打ちぐらい、ホンの小さな子供にだってわかります。
猫はああ見えてとても賢い生き物で、子守りぐらいの家事は任せられるといいますから、小さな子供に分かることぐらい、猫にもわかるんじゃないのでしょうか。
そもそも、利に聡いことと人間として賢いことは別物なんじゃないかと思うのですが、動物がお金の価値に気付くのは、そう遠くない(実はもうすでに気付いてる)のかもしれません。
動物が獣欲の赴くまま、お金に翻弄されるのは、それはそれで怖い話でもあるのですが、もっと恐ろしい妖怪が現れ、世の中を見えないところで操り、なんとかミクスとか称して人間を金の亡者に変え、人間をお金で奔走させ、獣欲の赴くまま操られてているとしたら、とてもとても恐ろしい話なのですけど、そんな話は見たことも聞いたこともないので、やっぱし妖怪なんて、本当にはいないんでしょう。

[PR]
by sweetmitsuki | 2018-04-09 00:34 | おどろけー | Trackback | Comments(4)




手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
(7)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(3)
以前の記事
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧