人気ブログランキング |

mitsukiのお気楽大作戦


手作り雑貨と原チャリ放浪と雑学で綴る、実践お気楽ライフ
by sweetmitsuki
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新のコメント
あんつぁん 最新技術を..
by sweetmitsuki at 07:15
今はもうネットメディアの..
by antsuan at 06:14
cyomelinko1さ..
by sweetmitsuki at 23:39
cyomelinko1さ..
by sweetmitsuki at 23:28
なんか、ありがとうござい..
by cyomelinko1 at 10:01
すごく同感です。命大事&..
by cyomelinko1 at 09:53
あんつぁん 平時には刀..
by sweetmitsuki at 05:19
国が今後どうなるのか解ら..
by antsuan at 14:49
どうして人権問題に敏感な..
by sweetmitsuki at 05:57
やっぱりそれはまずいと思..
by antsuan at 13:49
カテゴリ
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
なぜ世界は西欧ルールに支..
from 梟通信~ホンの戯言
[大正世代の矜持]  大..
from あんつぁんの風の吹くまま
凄い! ウイリアム・カム..
from 梟通信~ホンの戯言
開戦記念日を振り返って
from あんつぁんの風の吹くまま
孫が来た
from 梟通信~ホンの戯言
8月15日は大漁だった!..
from 好都合な虚構
ある年の8月     
from 好都合な虚構
にがい歴史も知らなくちゃ..
from 梟通信~ホンの戯言
今日から一年後の今を想像する
from 帆を広げ、風は舞い込む
NHKトップランナー  ..
from 鑑 賞 記 録
ライフログ
検索
タグ
以前の記事
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2019年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧


パラッパパッパ―

e0078674_20523942.jpg

アベノミクスのせいかは知りませんが、建築工事標準仕様書と鉄骨精度測定指針が改正になりまして、新しい基準にしたがった製品検査の出来ない工場は製品が作れないので、正しい検査ができるかどうか、私自身が検査されることになりました。
試験内容は法規と演算で、きちんと暗記できてれば特に難しいものではないのですが、だからといって講習をさらっと聞き流しただけで全部覚えられるほど頭良くないので、来月の試験まで毎日マクドで夕食がてら勉強です。
マクドって、行けば誰かしら勉強してるんで、勉強しやすいんですよね。

e0078674_21154534.jpg
今どきの若者を、覇気がないって嘆く人も多いかと思いますが、私は逆に、そのがっついてなさを肯定的に捉えています。
学生も、厳しい競争に勝ち抜いてみんなを出し抜こうとかそういうんじゃなくって、みんなで同じ学校へ行っていつまでもずっと仲良しでいようねって、そんな感じで和気あいあいでやっていて、見てるこっちまで微笑ましくなり、やる気が湧いてきます。
がんばれ学生。そして、がんばるぞ私。



by sweetmitsuki | 2019-06-18 21:18 | リアルなエブリデイ | Trackback | Comments(2)

アポロ11号は月に行ったていうのに

e0078674_06524601.jpg
日本を標的にしたテロ事件が起きると、鬼の首を取ったかのように「ホレやっぱし防衛力は必要だ。」という人がいます。
エネルギーも食料も日本は海外に依存していますので、たしかにその通りなのですが、だったら海賊やテロリストを撃退できるだけの警備艇や哨戒機があれば充分で、イージス艦だのステルス戦闘機だのは必要ないはずです。
日本はアメリカに安全保障を丸投げにしていないで、独自の防衛戦略を持つべきではないでしょうか。
そうすれば、今よりずっと防衛費を削減でき、医療や福祉など国民生活に本当に必要な事項を補填できるのです。
と、いうようなことを以前から常々申し上げているのですが「そのためには憲法改正しなければ。」といった途端にドン引きされるのが痛いです。
私のような天才の考えることは凡人には理解できないんでしょうか。
e0078674_07114920.jpg

ベランダのトマトももう蕾が膨らみ始めてきました。
ペットボトルを使った給水装置を作ろうと思っていまして、圧縮空気の力で散水もできるようにしたいし、気温の上昇による空気の膨張を利用して、昼に暑くなれば自動的に散水するシステムを作り上げるのが理想なのですが、文字通りの空中楼閣でまだ青写真すらできていません。
とりあえずは斬った貼ったの細工を施したペットボトルが500キロパスカル程度の圧縮空気を封入しても壊れないようにしなければいけません。
ペットボトルに空気を送り込むコネクタは自作も可能で、作りかたが丁寧に説明されているHPも多くあるのですが、今回は市販されている日本ペットボトルクラフト協会認定品の制作キットを購入し、どの程度のパワーがあるのか実験してみました。

e0078674_07254900.jpg
500キロパスカル以上までポンプで空気を送り込み
e0078674_07273204.jpg
発射!
飛距離は76メートル。800キロパスカルまで内部圧力を上げれば100メートルぐらいは余裕で飛ぶそうですが、それだと公園を飛び越えて民家に墜落してしまいそうなので実験は断念。同様に1.5リットルのボトルを二つ連結したロケットも空気の封入が確認できた時点で実験終了。今度多摩川の河川敷あたりで発射実験再開です。
この一歩は小さな一歩ですが、ベランダの野菜工場の発展にとっては大きな一歩となるでしょう。
ロケットといえば、アポロ計画はねつ造だったと信じている人は少ないながら今だにいて、その極めつけが米SFX界の大御所、スタンリー・キューブリック監督がビデオ遺言の中で「あれは私が作ったSFX作品だった。」と告白している映像が公開されたというもの。ですがそのキューブリック監督もSFXメイクによる俳優が演じているフェイクだという説もあり、こうなると何が何だかまったくわかりません。
アポロ計画の真偽は、まだ結論を急がなくてもいいんじゃないのでしょうか。
そんなに遠くない未来に、アメリカ以外の国の宇宙飛行士が月面に降り立つ日は必ず訪れるのですから、その時までのお楽しみにとっておきましょう。


by sweetmitsuki | 2019-06-16 07:08 | ハンドメイド大好き | Trackback | Comments(4)

赤茄子の季節

e0078674_20120941.jpg
六月に入り、梅雨入りの季節になりました。
鬱陶しい雨が続きますが、これもめぐみの雨。太陽の光も水も空気もすべては天からの授かりものです。
e0078674_20160615.jpg
矮性ミニトマト(レジナ サカタのタネ)を水耕栽培で育てているのですが、タッパーのザルを二段重ねすれば根に培養液を浸すための空間は確保できるので、専用の栽培棟を新設せずに今年はこれで様子を見ようと思います。
もともとドワーフミニトマトには支柱を立てる必要もなくわき芽かきをする手間もないのでズボラな人向けの野菜なのですが、私はさらにズボラをして水やりの手間まで省くために水耕栽培にしてみました。
とはいえ、これから訪れる本格的な夏に備えて、無電式給水システムは用意しておきたいのでその準備も今のうちに進めたいところです。
e0078674_20331243.jpg
ペットボトルの底に穴をあけ、口を接着してそれぞれの口に散水用のニップルを取り付けました。
これで何をするのかというと、自分でもよくわかっていないのですが、水道の蛇口をそのまま利用してどうにかできないかと考えてまして、とりあえずこれだけ、やれること、作れることからはじめてみました。
あとは適当に、出たとこ勝負です。



by sweetmitsuki | 2019-06-07 20:41 | 金魚鉢の中の宇宙 | Trackback | Comments(6)