mitsukiのお気楽大作戦

ブログトップ

タグ:フキノトウ ( 3 ) タグの人気記事

春告精

e0078674_21142935.jpg
今年もフキノトウの季節がやってきました。
まだ一月なのに少し早いかと思いましたけど、過去のブログ記事を読むと例年は一月中旬のダイヤモンド富士を見るよりも前にフキノトウ摘みをしているので、今年はむしろ遅いほうです。
「春の皿には苦味を盛れ」なんて言葉があるように、フキノトウの苦みは栄養と薬効の塊で、注目される成分として、ケルセチンには抗酸化作用や血糖値抑制作用があり、ケンフェロールには免疫機能を強化する働きがあるなど、様々な抗酸化成分を含んでいるのです。
さらに最近の研究では、フキに含まれるフキノンという成分は、アレルギー症状を引き起こすヒスタミンや、鼻詰まりの原因となるロイコトリエンを抑制する作用があるといわれ、花粉症対策への展開が、今後は期待されているようです。
しかも道端に生えてるからすべてタダ。肥料も農薬も使わないから省エネで地球にも優しい(ただし公園などでは除草剤が撒かれてたりすることがありますし、そもそも公園に生えてる植物を勝手に採るのは犯罪なのでやめましょう。)のです。
e0078674_21141185.jpg

今年は放射能の暖冬のせいかいつもより大振りです。


by sweetmitsuki | 2019-01-30 21:30 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)

雪が解けて川になって流れてゆきます



e0078674_11175424.jpg

今年もフキノトウが咲く季節になりました。
まだまだ寒い日が続き、冬はこれからが本番ですが、春はもう確実に足もとまで来ています。
10年前も100年前も変わらぬ、そして10年後も100年後も変わることのない春の兆しです。
悠久の昔から続いてきた時代。そして永遠に続く未来。
現代人とは、過去から未来へとバトンを繋ぐランナーなのですね。
e0078674_11324393.jpg

美智子さんが天皇と一緒に皇居内のフキノトウを摘んでる画像をよく見かけますけど、あれはご家族で食べるのでしょうか。
だとしたら、ソースをかけるのか醤油をかけるのか気になるところではあります。
でも、天ぷら粉はやっぱし実家のでしょうね。


by sweetmitsuki | 2018-02-11 11:38 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(2)

小正月も寝正月

e0078674_13093880.jpg

今年は決して暖冬というわけではないと思うのですが去年に引き続きフキが冬枯れせずに青々と茂り、まだ一月で本格的な冬の寒さはこれからだというのにフキノトウが顔を覗かせはじめました。
去年も暖冬だったわけではなく、積もるほどの雪が降った日もあったというのに、いったい気温とフキノトウの発芽にどんな因果関係があるのか、知る術もありませんが、とにかくフキノトウを摘んできました。
まずは定番の天ぷらにしてみました。

e0078674_13150905.jpg
とくに早生だからどうということもなく、普通にフキノトウの味がしました。
フキノトウといえばテレビなどで、美智子皇后が天皇陛下とお二人で御所の中を散策しながらフキノトウやツクシを摘んでいるのが放送されていますけど、あれはその後美智子皇后がご自身で調理するのでしょうか。
どんな味付けにするのか気になります。
美智子皇后はフキノトウの天ぷらに醤油をかけるのかソースをかけるのかそれともシンプルに塩なんでしょうか。レシピ集出ないでしょうか。
わが家では、今年はちょっと趣向を変えてチーズ焼きにしてみました。
e0078674_13314195.jpg
これが意外と美味しいです。
チーズがフキノトウの苦みを抑えて嫌いな人でも食べられそうな、マルゲリータ王妃も驚きの一品。
ピザにしても美味しそう。
去年の年末から今年にかけてとても忙しく、よく休めなかったので一月も半ばにさしかかった今頃なら少しは余裕ができるだろうと思っていたのですがあい変わらず忙しいままです。
けっきょく、正月らしいことは何もしないまま過ごしてしまいました。
ここで一句。
寝正月 悪くはないが 良くもない


by sweetmitsuki | 2017-01-15 13:06 | 原始人ごっこ | Trackback | Comments(4)